フィンテックに乗り遅れる銀行・大企業 「勢いのあるベンチャー企業とは何もかも違う」

フィンテックに乗り遅れる銀行・大企業 「勢いのあるベンチャー企業とは何もかも違う」

新聞や雑誌で見かけることが増えた「フィンテック(FinTech)」という言葉。金融とITを融合させた領域のビジネスを指す。メガバンクの人員削減計画にも影響を与えていると言われるが、各社で対応策が講じられているのだろうか。企業口コミサイト「キャリコネ」から現役社員・OBOGの声を拾った。


仮想通貨交換業者のコイン流出騒動などで、金融とITを組み合わせたフィンテックの分野に冷水が浴びせかけられている。これまで緩かった規制の強化も進みそうだ。

ベンチャー企業のずさんな管理体制が露わになった形だが、その一方で、ブロックチェーン技術をはじめとする新しいテクノロジーには依然として期待が大きい。既存のビジネスを根本から変えてしまう分野も出てくることも予想される。

SIer「新しいこと生み出すワクワク感ゼロ」

若手の金融マンおよびIT技術者にとって、フィンテックは将来の成長が期待される分野だ。しかし、まだ怪しげな分野に大手企業がそう簡単に手を出すわけにはいかない。

SIer最大手のNTTデータに勤める20代後半男性は「仕事の面白みはほとんどない」と漏らす。一次請けとして高収益を上げる同社の仕事は、あまりに保守的というのだ。

「クライアントから、古くなったハードの更改やセキュリティレベルの向上のための対応の見積もり依頼が来て、それに対して提案するという流れとなり、新しいことを生み出したり、世の中の仕組みを変えて行くようなワクワク感はゼロです」

クライアントからの引き合いに備え、「フィンテックなどの流行り」に乗ろうともしているが、「結局やっていることはマネジメントだけ」なので限界があると嘆く。

「基本的に受託型ビジネス。勢いのあるベンチャー企業とは何もかも違います」

同社はNTTグループとして、盤石の安定性を誇る。社会インフラを担う会社として、ときには地味な仕事にも取り組まざるをえないだろう。

しかし、それでは物足りない人もいる。同社の40代男性正社員は、出世における年功序列要素は「他のグループ会社と比較して少ない」が、それでも「ミドル層も優秀な人材は転職が目立って」いるというから意外だ。

銀行の「義理・人情・プレゼント」いつまで

保守的な仕事に飽き足らず、新しい分野を求めて若くして転職する人は金融側にもいる。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の営業職として働いていた20代前半の男性は、「会社の風潮として、できる人から辞めていく傾向がある」と明かしている。

フィンテックや資産運用のロボットアドバイザー、ネット証券などが出てきているこの時代にもかかわらず、新規開拓の方法が昔と変わらず飛び込みやリストを上から下までかけていくやり方が主流のこの会社が、20、30年後に発展しているとは思われない」

従来からの営業手法に対する疑問は、地方銀行や信用金庫で働く若手社員も抱いている。

城南信用金庫で働く30代社員は、これまでは「昭和さながらのGNP(義理・人情・プレゼント)」で優良顧客基盤を維持してきたものの、将来性に期待はできないという。

「フィンテックへの対応や様々なサービスに取り組んでいる、他の金融機関に遅れをとっていくものと思われる。経営陣は具体的な経営戦略を持っていないため、今後は収益力の改善が見られるとは思えない」

地銀行員「ビジネスモデル再構築が必要」

札幌市に本店を置く第二銀行の北洋銀行で、法人営業として働く40代男性は、自行について「地域の企業や個人の金融機関として存在意義はある」と言い切りつつ、従来の地銀のビジネスモデルでは「将来行き詰まる可能性が高くなる」と予想している。

「(投信・保険販売や法人向け手数料などの)役務収益で利益を確保することも難しくなり、フィンテック等の時代の流れを柔軟に取り入れ、地方の金融機関のビジネスモデルを再構築することが急がれる」

しかし、ここまで徹底的な横並びのビジネスをしてきた銀行が、果たして他社を出し抜くような新しいモデルを打ち出し、競争に打ち勝っていくことができるのだろうか。

三井住友銀行に勤める20代後半の男性は「フィンテックやIT化については出遅れている印象あり」としながら、

「よき伝統もあれば悪しき慣習もたくさんあるので、不要なものは一つずつ減らしていくべき」

とする。イノベーションを起こしたければ、まずは学歴主義や年次主義、新卒生え抜き主義のような官僚的な風土を変えていくことが大事になりそうだ。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。