有名大学卒でなくてもOK! ITエンジニアの外資転職で「年収アップ」続々

有名大学卒でなくてもOK! ITエンジニアの外資転職で「年収アップ」続々

年功序列の日本企業では、若手ITエンジニアの給与は不当に抑制されているのではないでしょうか。専門性を活かせれば、外資系企業で収入アップをねらえるかもしれません。「クビを切られたら、また転職すればいいだけだろ」と楽観的に思える人なら、向いていそうな世界です。


転職を考えるとき「収入アップにこだわりすぎると、いい会社や仕事にめぐり合えない」という話をよく聞きます。特に日本の大企業の中高年社員は「転職で年収を維持できる人」がごく少数と言われるほどです。

この要因は「年功序列」で、貰いすぎていた部分もあります。その一方で、同じ「年功序列」で報酬を不当に抑えられてきた若手社員の中には、年収アップが期待できる人もいるようです。

転職コンサルタントのAさんによると、日本の大手ITベンダーでエンジニアとして働く30歳前後の社員が、外資系IT企業に転職して成功する例が増えているといいます。

31歳で年収1000万円。「自社株取得権」も付与

今年Aさんが転職先を紹介し、収入アップを果たした人のケースを聞いてみました。新卒で大手システムインテグレーターに入社したSさんは、31歳。米系ITサービス企業に、インフラエンジニアして転職を果たしました。

「この人の場合、年収は600万円から1000万円に上がりました。会社はこの人をかなり気に入ったようで、RSUという株式まで付与するという条件まで付きました」

RSUとはRestricted Stock Unitsの略で、「譲渡制限付き自社株取得権」のこと。ストックオプションのように株式を将来購入する権利ではなく、株式そのものが付与され、売却時期などに制限が付いているものです。

株式をもらった段階で財産となるので一種のボーナスといえますが、それをいつ売るかによって財産がより膨らむことも期待できます。さらに自社株式なので、自分が頑張れば頑張るほど価値を高めることができるわけです。この点はストックオプションに似ています。

RSUの付与は、外資系企業への転職では珍しくないようです。大手電機メーカーでシステムエンジニアをしていた31歳のTさんも、米系のネットワーク関連メーカーに転職したところ、年収が560万円から800万円に上がったうえに、やはりRSUを付与されました。

SさんとTさんの共通点は、ともに31歳という年齢。日本企業は年功序列なので、いくら頑張って働いても、大きく報われるのは中年以降になります。しかし働き盛りが欲しい外資系企業にとっては、この世代は「お金を積んでも採用したい大きな戦力」なのです。

「外資を切られたら転職すればいいだけ」と割り切り

NTT系の企業に新卒で入社してSEとして働いていた30歳のUさんも、米系コンサルタント会社のシステム部門に転職し、年収が500万円から650万円に上がりました。

なお、これら年収アップを実現した人たちは、有名大学を出たエリート層とは限りません。以前、匿名掲示板に「年収1000万の外資系SEだけど質問あるか?」というスレッドを立てた30代前半の男性も、MARCHレベルの私大文系学部の卒業生でした。

新卒で「中小国内企業」に入って4年、その後「外資ベンチャー」で3年の勤務を経て、「普通の外資」に転職し2年目のネットワークエンジニアとなりました。

それがいまでは、年俸と賞与合わせて年収1000万円。土日祝は完全に休め、有給休暇も完全取得。家族のための休暇も別にあります。

労働時間は1日8時間ですが、本国との会議が夜中に開かれることも。TOEICは860点。外資はクビになりやすいといいますが、楽観的です。

「切られたら転職すればいいだけだろ、って思ってますよ」

業界に精通するAさんによれば、この書き込みは「信憑性の高い情報」だそうです。

キャリコネの口コミにも、外資系IT企業への転職者の書き込みが見られます。S社に勤務する30代後半のプロジェクトマネジャーは、年収が1400万円。「普通の日本企業よりはるかに手厚い福利厚生」にも満足げです。

「健康保険、401kは会社負担。外資系企業には珍しく、退職金の制度もあります」

実際に会社を辞めなくても、若いうちから他社の求人情報を眺めながら、自分の市場価値を確認しておくことは有用でしょう。

「クビになったらあの会社に行ってみよう」と考えながら仕事をすると、精神衛生上よかったりするのではないでしょうか。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。