転職サイトの「未経験歓迎」って、ホントに信じていいんですか? 実はブラック企業だったりして…

転職サイトの「未経験歓迎」って、ホントに信じていいんですか? 実はブラック企業だったりして…

転職サイトでよく目にする「未経験者歓迎」の求人広告。心機一転、新しい仕事にチャレンジしたい人の興味を引きますが、その一方で、実務経験がなくても本当に採用されるのか、実は怪しいブラック企業ではないかなど不安は尽きません。実際のところ、どんなものなのでしょうか?


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは、「転職サイトの未経験歓迎ってどのくらい信用できますか?」と疑問を投げかけています。

現在の仕事は単純作業ばかりで将来の展望が見えてこないので、思い切って未経験の仕事をしてみたいとのこと。転職サイトには「未経験歓迎」という見出しをよく見かけるけれど、それは本当なのかと気になっています。

回答者断言「未経験者を歓迎する会社はない」

質問者さんが気になっているのは、本当の意味で「0から人材を育てる」会社があるのかということ。しかし回答者からは否定的な意見が相次いでいます。ある回答者さんは、

未経験歓迎は建前。そういう企業はないですよ。あなたが経営者だったら未経験を手取り足取りします?」

とキッパリ。どんな会社でも即戦力を希望しているものであり、未経験者を本気で歓迎する会社などないとのことです。

それでは、どんな会社が「建前」で未経験者を募集するのでしょうか。別の回答者さんは、こんな話を聞いたことがあるのだそうです。

離職者が多い、従業員の定着率が低い会社は『未経験歓迎』の広告をよく出すそうです」

質問者さんも「調べてみれば、使い捨ての人材を欲しがっているブラック企業だったという話をよく聞きます」と言っています。要するに、大した教育もせずに現場に立たせ、残った人だけを酷使する会社だということですね。

「意欲や人物面」を重視する場合も

ただ、そういう酷い会社だけではないという声もあり、「極めて単純な仕事ですよ、という意味で『未経験者(でもできる)』」と募集する場合もあると指摘する回答者さんもいました。とはいえ、人材使い捨て企業との見分け方は簡単ではありません。

「求人情報にある職種(仕事内容)からある程度は推定できるでしょう。ネットなどで、会社の評判などが分かればいいのですが

転職アドバイザーの安達瑠依子さんは、「未経験者歓迎」の理由について別の可能性を指摘します。

「下記のような考えで募集をしている場合もあります。

1.同業他社出身などの染まっている人よりも、異業種、未経験から素直に自社のやり方を学ぶ人のほうが良いとか、未経験だからこそ顧客に近い視点を期待する場合。

2.未経験でも半年、1年などで戦力になれる業務内容であるため、経験スキルよりも意欲や人物面を重視して採用したい場合。

3.新卒採用をしておらず、既存の社員の底上げのために若くて未経験の社員を採用したい場合」

考えてみれば、誰もが最初は未経験者。専門職でもないかぎり、経験者以外は何もできない仕事など、そう多いものではありません。

ソニー生命「原則、同業者の転職はNG」

ネットの求人情報を見てみると、未経験者歓迎どころか「原則、同業者の転職は承っておりません」とまで言い切る会社もありました。

ソニー生命のライフプランナー(営業職)の採用サイトには、「ほぼ全員が異業種からの転職者」で「生命保険の営業経験は必要ありません」と明記されています。顧客志向を徹底するためには、余計な経験が邪魔になることもあるのでしょう。

本来の意味での「未経験者歓迎」の仕事はあるはず。諦める必要はありません。必要に応じて人材紹介サービスなども利用しながら、将来性のある仕事を探せるといいですね。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。