「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは今年の春に学校を卒業し、正社員の事務職に就職しました。しかし実際に働いてみると、こんなはずではなかったと思うことが多すぎると嘆いています。

基本給は求人内容よりも低く、昇給は半年で1万2000円だったはずが、入ってみたら6000円でした。週休2日と書かれていたのに、実際には月に8日。その休日も3日前にならないと分からず、会社に勝手に決められてしまうので不自由です。

フリーターの方が稼げるし休みも自由で気楽

勤務時間は8時から18時。休憩は30分から40分で、忙しいときには休みなしで働くこともあるとか。そんな風に毎日9.5時間労働をしていますが、時間外手当は1円も出ません。ここまで働いているのに、給与は手取りで15万円です。

質問者さんは「正直、正社員でいるメリットが全く感じられません」と嘆いています。同じ時間働くならフリーターの方がよほど稼げるし、休みも自由で気楽だからです。

しかし「辞めようかな」というと、親や周囲に反対されてしまいます。質問者さんは「どうしてそこまで正社員にこだわる必要があるのですか? こんな労働環境でも? 私が自分に甘すぎるのでしょうか?」と疑問を投げかけています。

好条件に見せかけた「ブラック求人」や「おとり求人」については、厚生労働省が法律の改正で対応する方針を示しています。実際に働いてみたら基本給が求人より安かったら、腹が立つでしょう。

しかし回答者さんは、相談内容だけでは違法かどうかは分からないと言います。

「求人内容は入社を誘っている書類であって、契約書ではありません。雇用契約書がはっきりしないと、給与に違法性があるかどうかわかりません

転職コンサルタント「現職のまま正社員に」

会社は採用決定後、その人に労働条件を明示した書面を明示しなければなりません。

これを怠った場合や、雇用契約書と異なる条件で働かせた場合には違法ですが、求人広告だけでは判断できないというのです。相談者さんは、まずは雇用契約書が手許にあるかどうか、確認してみた方がいいでしょう。

ただし、雇用契約書の内容に関係なく、休憩時間をきちんと確保しなかったり、残業代を支払わずに1日8時間を超えて働かせたりすることは、労働基準法に違反します。

相談内容から見て、勤務先の会社は違法行為を当然のように行う「ブラック企業」のようです。しかし別の回答者さんは、退職には慎重になるべきと助言します。

「求人内容と実際が異なる場合は世の中結構多く、辞めて転職したからといって今よりも良いところに再就職できるとは限りません。よくよく考えてから辞めないと、かえって後悔することもあるので、反対されるのだと思いますよ」

地方の中小零細企業では、法律を守らないところも多いとはよく聞きますが、まったくウンザリしてしまいます。回答者の転職コンサルタントさんは、職場がブラック企業なので転職を勧めつつ、「フリーターには反対」と言っています。

一度フリーターになると、次の正社員への転職が著しく不利になります。ですので現職のまま正社員への転職活動を行い、フリーターは挟まない方がいいです」

「名ばかり正社員」に引っかからないように

親や周囲が退職を反対したように、世の中には正社員を過剰にありがたがる雰囲気にあります。しかしブラック企業の中には、この風潮を逆手に取って「名ばかり正社員」として、悪条件で人を雇うところもあるのです。

そういう会社に引っかかってしまったのに、「せっかく正社員になったんだから」と言って辞めないのは、ブラック企業の思う壺です。退職を考えるのが当然でしょう。

しかし世の中には、正社員でも、きちんと契約や法律を守る会社もあるのです。やけになって自分の選択肢を狭めるような行動は避けるべきでしょう。いまの会社を辞める前に、まずはもっとよい条件での求人を探してみた方がよさそうです。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


新卒だけど「サビ残漬け」の会社を辞めたい! でも「すぐ辞めるやつ」と思われたくない

新卒だけど「サビ残漬け」の会社を辞めたい! でも「すぐ辞めるやつ」と思われたくない

「雇用の流動化」は、ブラック企業の最大の敵。「転職は逃げ」「石の上にも三年」という暗示を解かれた若い人たちは、「嫌なら辞める」という権利を行使しています。サービス残業などの証拠があれば「会社都合退職」で退職することも可能です。正当な理由で退職した「第二新卒」に対しては、企業側も偏見を改めてもらいたいものです。