「秋採用」って、まだ間に合う?「選考終了は10月以降が約半数」との調査結果も

「秋採用」って、まだ間に合う?「選考終了は10月以降が約半数」との調査結果も

就職氷河期には、景気回復を期待して「就活留年」をする人が続出しました。しかし景気がよくなっても「納得できる就活ができなかった」として、留年を考える人がいます。果たして得策といえるのでしょうか。売り手市場の就活において、質・量ともに充足していない会社は、まだまだ残っています。


ネットのQ&Aサイトに、こんな相談が載っていました。質問者さんは大学4年生。「とある事情」で就職活動が始められず、秋から開始しようと考えています。

しかし大手企業は一括採用をほぼ終え、7月から内々定を出しています。そんな中、「今年の秋採用で就活をする」べきか、それとも「留年して一年遅れでしっかり準備し直して就活する」べきか、迷っています。

回答者「一年遅れで何を準備するつもりか知らないですけど」

大学院や公務員を目指して受験したものの、夏から秋口に不合格が判明し、一般企業への就活に切り替える人は少なくありません。留学帰りの場合もあるでしょう。早くから内定をもらっていたけれど、時間を置いて「もっと納得できる会社を探したい」と就活を再開する人もいます。

そんな人たちをねらって、企業は「秋採用」を行い、年度の採用計画を満たそうと必死になります。特に今年は「売り手市場」の中で、人材確保に苦慮する会社が少なくありません。

回答者の中には「秋採用なんて珍しいんじゃない?」と、就職留年を勧める人もいますが、安易に留年しない方がいいと助言する人もいます。

「留年はお金かかるしやめたほうがいいのでは…年明けの3月に決まった人もいますし、就活してればできると思いますよ!」

「一年遅れで何を準備するつもりか知らないですけど、早いに越したことないと思います」

好景気の今は求人市場が活性化していますが、来年も同じとは限りません。ある回答者さんは、

「(内定辞退などで急に)空きが出て(問い合わせしたら)偶然募集している場合もある」
「秋でも一年後でも、(募集が)ある時はあるし、ない時はない」

として、自分に合った会社を探すのに、秋採用だからといって悲観することはないとも言っています。

「超人気の上場大企業」を狙わないなら道はありそう

一方、別の回答者さんは「どこでもいいなら今年就職する。それなりの企業に就職したいなら留年すべき」とアドバイスしています。

確かに超人気の上場大企業であれば、そうなるでしょう。しかし質問者さんが、はじめからそういう会社を目指していないのであれば、留年の意味はだいぶ薄れてしまいます。

ディスコの調査によると、2019年7月時点で「採用選考を終了した」企業は31.1%で、前年調査の26.4%を上回っています。しかし、採用予定数に対する内定者の割合である「充足率」は平均63.9%にとどまっています。

今後も採用活動を継続すると答えた企業の充足率は51.0%と、まだ半数を超えたばかり。選考終了が10月以降となると答えた企業の割合は47.6%。特に非上場企業の充足率が低いようです。

非上場のBtoB企業の中にも、優良ホワイト企業は存在します。「知名度のない会社に入るのは恥ずかしい」と思ってしまうのは、ミーハーな学生時代だけ。社会に出れば「いい会社」の定義も変わってくるものです。

ツイッターで「秋採用」を検索

例えばツイッターには、こんな会社の秋採用が載っています。情報収集のアンテナを高くして、引き続き頑張っていきたいものです。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。