未経験職種への転職で「160万円の年収ダウン」を受け入れられる? 家族も反対するが…

未経験職種への転職で「160万円の年収ダウン」を受け入れられる? 家族も反対するが…

キャリアアップのための転職と聞くと、年収アップがイメージされますが、あえて自ら「年収ダウン」を選択する人もいるようです。長期的な視点で将来に備え、新たな経験を積もうとする考え方ですが、当然リスクがあります。親しい人から反対される場合も少なくないようです。


ネットのQ&Aサイトに、こんな相談が載っていました。質問者さんは、現在転職活動中の男性。とある会社から内定が出たものの、提示された条件に戸惑っています。

転職先候補は現職と同業界ですが、職種は未経験。それを理由に、会社からは現在の給与水準から160万円ほど下げると言われたのだそうです。

本人は「入社後の頑張りで上げていけばいい」と思っていますが、家族からはやはり反対の声が出ました。

「こんな売り手市場のタイミングで、年収がそんなに下がって大丈夫か? もっと時間をかけて探したほうがいいのではないか?」

反対続出「私だったら絶対に行かない」

転職先候補は業界でもトップクラスの会社で、個人の頑張りがかなり反映される職場とは聞いているのですが、本人にも迷いがあるよう。家族が言うように「この下がり幅は大きすぎるのでしょうか?」と尋ねています。

元の給与水準が分かりませんが、160万円といえば単純計算で月に13万円もの減額。給与がそれだけ下がれば生活水準も下げなければならなくなるでしょう。この相談には、回答者から反対する意見が続出しました。

「私ならば絶対に行きません」
「自分だったらパスします」
「年収160万減は大きいです。他は当たりましたか?」
「もし迷っているのであれば、再考されたほうがいいのではないでしょうか」

ある回答者さんは、未経験職種に挑戦する相談者さんを「30歳前後、年収500万円程度」と独自に予想。そこから160万円の減額は30%以上のダウンと計算して、「これはかなり大きい」と驚いています。

多くの回答者が疑問視しているのが、相談者さんが「転職先で頑張ったら給料が上がる」と言っていること。しかし一般的な日本企業では長年昇給ナシが続くところも多く、160万円の昇給を果たすにはかなりの業績アップが必要と思われます。

別の回答者さんは「頑張れば給料が上がると楽観視されていますが、口約束ほどあてにならないものはありません」と釘を刺し、「はたして今後のがんばりが評価されるのか? 疑わしいところです」と首を傾げる人もいます。

「長い目で見て損はしない」と励ます人も

別の回答者さんも、給料が見込み通りに上がらなければ、それを理由に転職を考えることの繰り返しになるので、「家族の方が言われるよう、時間を掛け(他の転職先候補を)慎重に捜されたほうが良い」と意見を述べています。

そんな中、未経験職種に転職するのであれば「年収ダウンは仕方がない」という意見の人がいました。転職先候補がどうしてもチャレンジしたい職種で、今後実績を出していくやる気と自信があれば「長い目で見たときに決して損はしないと思います」と励ましています。

いくら売り手市場でも、スキルもポテンシャルもない人は転職できないのが現状です。評価制度がしっかりしている会社であれば、徐々にスキルに応じた年収にあがっていくのではないでしょうか?」

大きな仕事をした人からたびたび聞かれるのは、「リターンを得るためには、リスクを取る必要がある」ということ。リスクなくして棚ぼたのリターンを得られるほど、世の中は甘くありません。多くの反対意見にもかかわらず、質問者さんは転職に踏み切ることにしたようです。

年収ダウンを覚悟の上でチャレンジすることにしました。タイミングや年齢を考えて最後の機会ではないかという想いや、辞退することによる後悔はしたくないので、自分の中で決着をつけました」

調査では「転職で年収アップ」が過去最高に

人材獲得競争が激化する中、転職志望者に提示される条件は押し上げ傾向にあります。

転職支援のリクルートエージェントの調査によると、同社経由の転職決定者のうち「前職と比べ賃金が1割以上増加した」人の割合は、30.3%にのぼっています。これは2002年の調査以来、最高の水準です。

出典:2019年1-3月期 転職時の賃金変動状況(株式会社リクルートキャリア)

ひたすらリスクを避けるとともに、大きなリターンを諦める生き方もありますが、リスクを取って好機にしようとする生き方もあるでしょう。質問者さんが転職後に景気は回復したはずですが、いまごろ思うような活躍ができているでしょうか。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。