ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは、妻と子どもの5人家族で暮らす男性。取引先の運送会社から、転職の誘いを受けています。

普段の仕事ぶりを見た社長から、「君を引き抜きたい」と申し出を受けたのだとか。家族の面倒を見てくれるとか、今より給与を上乗せするとも言われています。

「身内優先、理不尽に怒る」社長にストレス

一方、いまの会社の社長は人間的に尊敬できず、ストレスが溜まりまくり。質問者さんは、こんな不満を並べています。

・身内優先、理不尽な事で怒ってくる
・何事も自分で命令しないと気が済まない
・よかれと思ってした行動も批判される
・自分もミスをするのに、他人がミスをしたらボロクソに怒る
・社員に対して思いやりがない
・給料もなかなか上がらない

典型的なワンマン社長の中小ブラック企業ですね。うまく儲けることができていないので、給与も上がらないのでしょう。

最近では金融機関などの支援によりかろうじて倒産を免れているけれど、「借金の利払いを利益で賄えていない」会社を「ゾンビ企業」と呼んだりしています。

しかし現場は人手不足で、定年退職者が2人も控えています。責任感の強い質問者さんは、そのような状況の中では「退職を切り出しにくい」として、「どう言えばよいでしょうか?」と尋ねています。

これに回答者さんは、会社への気遣いをせず辞めればいいだけと助言します。

「今の会社に、社内環境の改善(提案)や、給料アップの交渉をするわけではなく、どうせ辞めるつもりなら、変に気を使う必要もないんじゃないですか?」

いまの会社の社長に対し、労働環境や待遇の改善を申し出たときに、それが実現する可能性があるのであれば、残る選択肢もあるでしょう。しかし改善の可能性が見込めないのであれば、退職する権利は誰にでもあるはずです。自分の身は、自分で守らなければなりません。

「退職引き止めのパターン」をイメージしよう

退職をなかなか切り出しにくいと漠然と悩んでいても、対策は出てきません。相手がどう引き止めにかかってくるのか、具体的に考えてみましょう。ブラック企業でよくある「退職引き止めのパターン」を挙げてみます。

1.後任者の不在を持ち出す。
2.法的措置をちらつかせて脅す。
3.退職者の情に訴える。
4.給与改善・待遇改善の意思を示してくる。
5.退職者の人格を否定する。

1.の引き止めは、要するに「後任者が見つかるまで待ってくれ」というものです。責任感のある人は、つい耳を貸してしまいますが、就業規則の記載にかかわらず、法的には退職日の2週間前までに退職したい旨を会社に伝えるだけでよいとされています。

後任者への引き継ぎは退職者の仕事ですが、かりに後任者が不在であっても、業務内容と手順、取引先リスト、関係資料などを「引き継ぎマニュアル」としてまとめて残しておけば、責任は十分果たせたといえます。

この引き止めが効かないと、ブラック企業は「お前が辞めれば会社に大きな損害が生じる。賠償金を請求するぞ」と脅してくることが想定できます。しかし、言うまでもなく後任が準備できなかったのは会社側の仕事であり、辞める人に責任はありません。

「人格否定」が始まったら居残る理由はない

脅しの次は、泣き落としです。「一緒に働いてきた仲間たちを見捨てるのか!」「今まで育ててやったのに?」という言葉にほだされて退職を思いとどまっても、ストレスのかかる状況は変わりません。

それでも退職を撤回しないと、会社は急に「給料を上乗せするから辞めないでくれ」「もっと良いポジションに昇格させるよ」と甘い言葉で説得してきます。これをどう解するかはケース・バイ・ケースですが、会社に改善する気が本当にあるのであれば、もっと早く実現しているはず。口先だけの可能性が高いでしょう。

その会社がホンモノのブラック企業であれば、そのうち「逃げ出るのか?最低だぞ!」「お前のような奴は転職先でも成功するわけがない!」「業界にいられなくしてやる!」などと脅し、罵倒してきます。もうこうなったら、居残る理由はなくなりますね。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。


新卒だけど「サビ残漬け」の会社を辞めたい! でも「すぐ辞めるやつ」と思われたくない

新卒だけど「サビ残漬け」の会社を辞めたい! でも「すぐ辞めるやつ」と思われたくない

「雇用の流動化」は、ブラック企業の最大の敵。「転職は逃げ」「石の上にも三年」という暗示を解かれた若い人たちは、「嫌なら辞める」という権利を行使しています。サービス残業などの証拠があれば「会社都合退職」で退職することも可能です。正当な理由で退職した「第二新卒」に対しては、企業側も偏見を改めてもらいたいものです。