退職告げたら「後継者作れ」と上司激怒! 後輩探して一人前に育つまで辞められないの?

退職告げたら「後継者作れ」と上司激怒! 後輩探して一人前に育つまで辞められないの?

社員は家族、上司といえば親も同然…。そんな「アットホームな職場」は、退職を申し出た瞬間に、手のひらを返したように人権を蹂躙してきます。理不尽な要求を受けたら安易に屈することなく、各都道府県の労働局に必要な対応を相談しましょう。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは、2年間勤めた会社を辞めたいと考え、思い切って上司に「退職したい」と伝えました。

すると上司は「お前の顔を見たくない。今日は帰れ」と質問者さんに命じたうえ、翌日の面談でこう告げたのだそうです。

後継者を作れ。社会通念上の常識だろ?」

「恩を踏みにじる奴が一番許せない」と上司

退職の動機は、ノルマの重圧に耐えられないのと、地元で仕事がしたいから。上司は最初「俺は辞めるか辞めないかの相談は聞くが、結論は聞きたくない」と言ったとか。

退職の申し出は、絶対に受け付けないという意味でしょうか。そして「社会は甘くない」と、転職してもうまくいかないようなことを言ったうえ、さらにこう批判したそうです。

今までお前にかけた時間も金もある。恩は感じてないのか? 恩を踏みにじる奴が一番許せない」

質問者さんは「確かに、人として恩を仇で返す行為は、決して善ではありません」と綴っていますが、雇用しているのは会社であって上司ではないし、日常業務を通じた育成コストなど返済のしようがありません。

転職が「恩を仇で返す」行為になるとは、いつの時代の話でしょうか。「強制はしない」という言葉で上司との面談は終わったようですが、自分の意思が踏みにじられると分かっている面談は無意味。質問者さんはこう困惑しています。

「退職の相談をしても『他でも通用しない』『お前の目指す業界は人のためになるのか?』などと、自分の進みたい先に対するネガティヴなことを言われる展開になるだけだと感じてます」

退職届が受理されなければ「内容証明」を郵送

質問者さんは、「今後後輩が入り、一人前に育成させなければ、私はこの会社を辞められないのでしょうか?」と不安気に疑問を投げかけていますが、これには回答者から、上司の発言はおかしいと批判するコメントが相次いでいます。

「その上司は勘違いしています。言っていることは全部ダメです。一般社会で通用する内容ではありません

「引継ぎは貴方。後継者を作るのは企業(の仕事)です」

「上司に退職届と有給休暇を提出し、相手が何をいっても『私はやめます』『貴方にどうのこうの言われる筋合いはありません』『貴方のやっていることは法律違反になります』と毅然として対応をしましょう」

中には「口頭ではなく退職届を提出すべき」という人もいましたが、退職の意思表示は口頭でも有効です。とはいえ「言った」「言わない」というトラブルが容易に想定されますので、回答者さんが示した次のような方法もありうるでしょう。

「上司が退職届けを受け取らない場合は、その上の上司、もしくは総務部門に提出。それでも受け取らない場合は、内容証明郵便で郵送です。退職届けには、退職理由:一身上の都合。退職日を記入すれば良いだけです」

引き継ぎ相手がいなければ「業務メモ」を残す

しかし気になるのは、引き継ぎをする相手がいないのに会社を辞めてしまうこと。この点について、こうコメントする人がいました。

「引き継ぎはする必要はあるでしょう。しかし貴方が退職の意向を示した際に、なんらその対応をしなかったのですから、貴方にその責はありません。後継者云々にいたっては会社が考えることであって、あなたには関係のない話です」

とはいえ、引き継ぎ相手がいなくても、自分がやっていた仕事をリストアップし、そのポイントをメモ書きして残すことくらいはすべきでしょう。

業務マニュアルまでいかなくても、他の人が見て概要が分かるものを出しておけば「投げ出した」と言われずに済みます。

この上司と同じようなケースでありがちなのが、「ここで辞めたら損害賠償を請求してやる」「この業界(や地域)で仕事できなくしてやる」といった脅しです。

後に警察に相談したり、労働局に労基法違反を告発したりするためには証拠が必要です。スマホなどで面談を録音しておきましょう。どのような証拠を集めればよいかについても、都道府県の労働局で相談に乗ってもらえます。

都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧Icon outbound

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html

都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)の所在地について紹介しています。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。