新卒だけど「サビ残漬け」の会社を辞めたい! でも「すぐ辞めるやつ」と思われたくない

新卒だけど「サビ残漬け」の会社を辞めたい! でも「すぐ辞めるやつ」と思われたくない

「雇用の流動化」は、ブラック企業の最大の敵。「転職は逃げ」「石の上にも三年」という暗示を解かれた若い人たちは、「嫌なら辞める」という権利を行使しています。サービス残業などの証拠があれば「会社都合退職」で退職することも可能です。正当な理由で退職した「第二新卒」に対しては、企業側も偏見を改めてもらいたいものです。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは新卒入社1年目ですが、早くも転職を考えています。

理由は、勤務先では毎月100時間以上の残業があるから。そのうえ、残業代は30時間分まで、休日出勤も月に1日分までしか給与が支払われない「サービス残業」が強要されているのだそうです。

気になるのは「転職先への説明」

採用担当者は、入社時に甘いことばかり言って実態を明かさなかったのでしょうね。「ブラック企業を見抜けなかったのが悪い」と若者を責めるのは酷な話です。

質問者さんの疑問は、こういう場合にはエントリーシートの「志望動機」にどう書けばいいのかということ。どうやら、1年未満で辞めることを転職先に否定的に思われるのではないかと気にしているようです。

「企業にすぐ辞める奴だとなるべく思われたくないので、そういったうまい書き方を教えていただけないでしょうか?」

言うまでもなく、残業代の未払いなどの「悪質な違法行為」を平気でするブラック企業は、直ちに退職することが賢明です。回答者からも、早期転職を気にする必要はまったくないというアドバイスが寄せられています。

今の仕事がまったく自分に合っていなかったと言えばいいだけです」

志望する会社でやりたいことがあることを、できるだけ前向きに書くことです」

以前、東洋経済オンラインが、若手流出に悩む大企業の意を汲んだような「入社3年未満の『早期転職』はやっぱり危険だ」という記事を出していました。しかし、ネットには反発の声が上がっており、何が何でも「石の上にも3年」といった考え方は、もうあまり支持されていないようです。

「志望動機」には自分の選社基準を述べてよい

回答者のコメントだけでは、質問者さんが求める「志望動機のうまい書き方」は分からないので、具体的な書き方について考えてみましょう。

昨今の人手不足も相まって、志望動機は「会社にゴマをすり、自分を過大に見せる欄」ではなく、「自分の“選社基準”を率直に明かす欄」にシフトしつつあります。

採用担当者も、面接の段階で「学生は自社にどうしても入りたがっている」と勘違いするな、ということですね。本音を聞けば、お互いにミスマッチが減らせます。

その考え方に沿えば、質問者さんは、その会社の事業のどこに魅力があり、どういう仕事に関わりたいかを述べたうえで、次のように付け加えてもいいのではないでしょうか。

仕事は意欲をもって一生懸命やるつもりです。しかし、働いた分の給与を支払わずにサービス残業をさせる会社や、従業員の健康に配慮せずに長時間労働をさせるような会社では、働きたくありません」

「そのため、新卒で入社した会社を辞めることになりました。企業サイトによると、御社は働いた分の給与をしっかり支払い、社員のワークライフバランスにも配慮されているようですので、ぜひこちらで働かせていただきたいです」

昭和の時代であれば「甘い」「生意気」と言われたかもしれませんが、平成の世では当たり前のこと。仮に自分から率先してハードワークをすることがあったとしても、「生活の安定」と引き換えに会社が従業員を平気で搾取するのとは話が違います。

サビ残の証拠があれば「会社都合退職」になる

最も避けるべきなのは、転職を焦り、誤って同じようなブラック企業に入ってしまうこと。もしも入ってしまったら、「この人は嫌なことから逃げる人だ」と変なレッテルを貼られることを恐れて、会社を辞めることができなくなってしまいます。

したがって転職先の面接では、サービス残業の有無の確認は欠かせません。「そんなことを尋ねるヤツは採りたくない!」とのたまうような会社は、こちらから願い下げです。

また、転職先が決まってから現職を辞めるのが鉄則ですが、「このままでは体を壊す」と思った場合には、先に退職することもあるでしょう。その際にはハローワークに離職票を提出し、「残業時間が月45時間以上あり、サービス残業もありました」と申告しましょう。

都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧Icon outbound

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html

都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)の所在地について紹介しています。

回答次第では、自己都合退職が「会社都合」扱いとなり、失業手当がすぐに支給されることもあります。なお、サービス残業などの証拠がない場合には、会社に事実確認の連絡が行くことになりますので、労働時間が分かるメモを取ったり、メールの履歴を残したりして、ハローワークに持参することをおすすめします。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。