いい転職先ないですか? 大企業の元社員43歳、ただし条件は「前職と同程度の給与」

いい転職先ないですか? 大企業の元社員43歳、ただし条件は「前職と同程度の給与」

大企業の社員は、定年まで勤め上げれば天国。しかし逃げ切れなければ、他の会社で使い物にならない人材として路頭に迷うリスクがあります。この「大企業のパラドックス」をどう考えるべきでしょうか。ある人は「給料が高かったのは会社の力であって、あなたの能力のおかげではありません」と厳しく断じます。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは43歳の男性。某大企業に勤めていましたが、業績不振で退職しました。

預貯金や退職金などで生活しながら、転職活動をしていましたが、書類選考は通ることがあるものの、なかなか採用されないと悩んでいます。

40代の転職って大変ですねっ、、!! 何か良いアドバイスありましたら頂けませんでしょうかっ、、!?」

回答者は冷ややか「給料が高かったのは会社の力」

ユニークな文体の質問者さんですが、管理職経験はなし。いちど内定をもらって働き始めた会社では、試用期間中に問題あり、ということで本採用には至らなかったといいます。

転職先選びの優先順位は「会社までの距離・時間」「給与が前職と同程度であること」とのことですが、これには回答者から厳しい声が飛んでいます。

「あなたの期待する良いアドバイスなんてないと思います。私は採用する立場ですが、あなたのような人はまず雇いません

その優先順位にあてはまる会社の数自体が少なくありませんか?一度考え方を見直してみるといいかもしれませんね」

誰が大手でパソコン打ってただけのオジサンを欲しがりますか? 自分を客観的に見たほうがいい。嫌味でも何でもない、本当のことだ」

近年、人手不足で悩む企業が多い中、リストラによる希望退職を募集する大企業が続出しています。景気がよいうちにリストラをすることは、退職者にとってもよいとされています。再就職が比較的容易になり、退職金の上乗せなども期待されるからです。

しかし、実際に辞めるとなると、「元大企業」のブランドがあっても期待通りの転職先ができるとは限らないのかもしれません。ダメ出しが多いのは、「給与が前職と同程度」を優先度の上位に挙げていること。ある回答者さんは、その理由をこう説明します。

「給料が高かったのは会社の力であって、あなたの能力のおかげではありません。仮にあきらめて安い給料で入社したとしても、『こんな給料でやってられるか』という態度で仕事する人がほとんど。だから始めから雇わない」

折り返しは40代半ば「汗を流して働く職場を選べ」

考えてみれば、転職について相談するなら「いままで自分はこういう経験や実績があって、いまはこういうことができます。どこかいい転職先はないですか?」というのが筋です。

しかし質問者さんは、「元大企業社員」という経歴と、「通勤時間」および「前職並みの給与」しか条件に挙げていないのですから、気楽なサラリーマンと呆れられてもおかしくありません。大企業にぶら下がって、何も身につけていないと判断されることでしょう。

「大企業の万年係長は天国」と言われますが、それは定年まで逃げ切れた場合の話。出世もしたくない、能力も磨きたくないでは、いざ会社が傾いたときに路頭に迷ってしまいます。これこそ「大企業のパラドックス」というやつです。

「事務職や総合職のようなものを希望でしょうか? 43でね…無理とは言いませんが、(採用は)いつになるかわからんぐらい可能性低いよ。本気で今後正社員として勤めたいなら、まず、プライドを捨てて、もっと違う、要は汗を流して働く職場を選ぶことをアドバイスします」

22歳から70歳まで働く前提で計算すると、折り返し地点は46歳。誇れる経歴がないのであれば、いまから第二の人生を歩み出すつもりで、新しいスキルを身に着けて働く覚悟が必要かもしれません。人生まだまだ、先は長いのですから……。

ある外資系IT企業の30代社員は、自らの給与について「もらいすぎの部分がある」と告白。「ある意味、入った者勝ち」と喜ぶ一方で「同じ能力、同じ業務内容で、他企業に出た場合、同程度の給料は絶対にもらえない」リスクも感じているようです。

新人には非常に旨味のある企業ではあるが、将来的に世間で通じる人間には育たない環境。切られない限りは生涯年収は高いかもしれないが、切られた場合は生涯年収が一気に一般人より下がると思われる。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。