「銀行のコンシェルジュ」と「特養の介護職」どちらを選ぶ? 定年まで働きたいけど

「銀行のコンシェルジュ」と「特養の介護職」どちらを選ぶ? 定年まで働きたいけど

これまで「銀行はラクで高給」「介護はキツくて薄給」というイメージがありました。銀行で働きたい人の方が圧倒的に多かったことでしょう。しかし将来性を考えると、必ずしもそういう判断にならない時代になったのかもしれません。特に「AIが人間の仕事を奪う時代」には、思わぬ逆転が起こるおそれもあります。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは、未経験の2つの仕事の間でどちらに就くべきか悩んでいます。

ひとつめの仕事は、とある地方銀行のコンシェルジュ。1日実働6時間で、土日祝休みの完全週休2日制。もうひとつは、とある特別養護老人ホームの介護職員。1日実働8時間で、週休2日のシフト制だそうです。

回答者は時給の高い「銀行推し」ばかり

質問者さんは接客業務の経験があり、ヘルパー2級の資格も持っています。時給は、銀行が950円で、特養が907円。いずれもパートタイマーからですが、最終目標は「定年まで働きたい」と考えています。

両社から採用の内定をもらっているのかどうかは、質問文からは分かりませんが、そういう前提で考えるしかないでしょう。回答者からは、銀行を支持する意見が多く見られます。

銀行がいいと思います」

特養はきつそうだね?時給も安いし、実際、土日祝日休める保証は無いんじゃないですかね??」

「銀行を選択するべきである。特養は後悔する日が来るよ

ある回答者さんは、自らの経験を踏まえて「特養は本当にきつい」と明かしたうえで、仕事の内容は知らないけれど、「特養やるなら銀行のコンシェルジュやったほうがいい」と強く勧めています。

しかし、銀行もひと昔前ならすべて正社員でしたが、現在はロビー係はもちろん、テラー(窓口)にも多くのパートタイマーが働いています。中にはパートにもノルマを課す銀行もあるようですので、片方だけの経験では判断しきれないところもあるでしょう。

コンシェルジュは「ただの受付」なのか

ここであらためて「銀行のコンシェルジュ」について確認してみましょう。あまり聞き慣れない仕事ですが、地方銀行のひとつである三重銀行のウェブサイトを見ると「総合世話係」という意味があるとされています。

「資産運用から個人ローンのご相談まで、個人のお客さまの取引全般に携わるスペシャリストです」

質問者さんのケースは1日実働6時間なので、店舗内での問い合わせ対応が中心と思われます。ただし三重銀行の場合は店頭での対応のほか、訪問もあるといいます。

「営業時間終了後にご自宅でご相談を承る」とも書かれており、オフィス外での残業があるのかもしれません。質問者さんの場合も、残業やノルマがないか確認した方がよさそうです。

一方で、コンシェルジュは「ただの受付だからラク」という人もいます。もしそうだとすれば、「色んなお客さんが来客するから人脈が広がる」「日商簿記やファイナンシャルプランナー等の資格が習得しやすい」といった深い経験までは期待できないでしょう。

「ロボットがやり出す」時代は遠くない?

こう見てみると、銀行のコンシェルジュは、特養の介護職とは全く異なる仕事内容で、比べるのも難しいくらいです。単純に時給で決めるべきではないでしょう。

「働く会社にどのような仕事かを説明などを受けて、質問者さんがしたい仕事に就くのが一番」というコメントもありました。質問者さんが「最終目標は定年まで」と望んでいることを踏まえ、介護の仕事も十分に選択肢に入ると助言する人もいます。

「どう考えても、この先の高齢者社会の規模は広がっていくでしょうから、介護の仕事はなくなることはないでしょう。でも、銀行だって潰れる世の中ですし、コンシェルジュはそのうちロボットがやり出すのでは?なんてのも冗談のようで、あり得るかもしれません」

すでにメガバンクでは計3万人の人員削減も決めており、地方からの撤退が進むことは確実です。地方銀行の再編や職場の消滅も起こるでしょう。さて、長い目で見て、どちらの業界に将来性があるといえるでしょうか。

企業口コミサイト「キャリコネ」には、ある地銀でカウンターセールスを担当している20代後半女性が、次のような書き込みを残していました。

マイナス金利の影響により収益が圧迫され、各支店資産運用販売のノルマが重くのしかかっている。顧客視点無視のセールスも実際にある。最近ではノルマは据え置きだが残業はほぼできないようになり、長く働くのは厳しい環境である。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。