「ホワイト企業を辞めていいのか?」 大企業からの転職者を襲う不安

「ホワイト企業を辞めていいのか?」 大企業からの転職者を襲う不安

自分の仕事に将来性がない――。そんな理由でホワイト企業を辞めてしまう人がいます。それは損なことなのか、それとも先見の明がある行為なのか。企業口コミサイト「キャリコネ」には、せっかく入社した大企業を、仕事のダイナミックさが感じられないという理由で、退職した人たちの書き込みが残されています。


このところ、バブル入社をターゲットとした中高年のリストラが頻繁に行われています。大企業に入社できたら一生安泰と言える時代は終わってしまいました。

まだ若いうちであれば「元・大企業社員」の肩書は活かせますが、歳を取るほどつぶしが利かなくなります。どのタイミングで「ぬるま湯」から出るべきか、悩ましいところです。

「成熟技術」では自分のスキルが活かせない

企業口コミサイトの「キャリコネ」には、大手のホワイト企業に勤務していながら、後ろ髪を引かれるように退職した人たちの書き込みが見られます。リコーの研究開発部門で働いていた20代後半の男性は、会社を辞めて転職した後で、こう振り返っています。

職場環境はとても良好で、上司にも気軽に相談しやすい環境。残業もほとんどなかった。給与や待遇、福利厚生には全く不満はなく、いわばホワイト企業なのに、本当に辞めてしまっていいのかという葛藤が大いにあった・・・

それなのに、なぜ退職に踏み切ったのか。男性は次の2点を動機にあげています。

社員の平均年齢が高く、自分が中堅やベテランになったときに、人員が著しく縮小してしまうことに不安があったから。

従事した仕事内容が成熟技術で、新しい技術開発をすることが将来的に難しく、既存技術のマイナーチェンジでしかエンジニアとしてのスキルやアイデアを活かせないと感じたから。

過去のリストラや採用抑制で、人員構成がいびつになっていたのでしょう。コピー機という技術の将来性にも、不安を感じたと見られます。最終的には「自分で仕事を創り出したい」という意欲が高まって、転職を決めたようです。

「何年も変化のない仕事」には耐えられない

問題が顕在化する前に退職するのは、なかなか勇気のいることです。将来は予測した通りになるかどうか、確実でないからです。周囲の反対もあったことでしょう。

しかし事態は、この男性が予想した通りに進みました。ペーパーレス化の進行と事務機器需要の減少を踏まえ、競合の富士ゼロックスが再編されるニュースが流れています。

リコー自身も2018年2月22日、米販社の減損処理によって赤字に転落するおそれがあると報じられています。見切りをつけた男性の判断は正しかったようです。

ハウス食品を退職した20代男性も、「会社自体はホワイト企業」「社内の雰囲気、環境は私にはもったいないくらい良かった」としつつ、退職を決めました。

業務用営業としての仕事内容は、これから先、何年歳をとっても何も変化のないものだと感じました。将来の自分がどうなりたいか、それを考えてから大手に入ることを事前に熟慮しておくべきだった・・・

「世間体で決めた就職先」を、いつ見直すか

ある外資系航空会社を退職した20代男性も「勤務環境は決して悪くなかった。むしろ、世間によるホワイト企業に近い企業だった」と明かしています。

個人的に新たな挑戦がしたいという考えで仕事をやめました。私が物足りないんじゃないかと思う部分は、仕事のダイナミックさです。毎日同じことを繰り返すのに飽きてしまいました・・・

社会人経験のない学生が、待遇や世間体で就職先を決めること自体は、それなりに合理性のあることです。しかし「ちょっと違うな」と思ったら、周囲を見回してみる勇気も必要でしょう。人生は一度限り。自分の人生は、自分で生きていくしかありません。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。