「辞めるなら損害賠償」と会社に脅された! 確かに仕事のミスはしたけれど

「辞めるなら損害賠償」と会社に脅された! 確かに仕事のミスはしたけれど

「会社を辞めるならカネ払え!」と会社から脅される人が、少なからずいるようです。怖くなって辞められないと泣き寝入りするのではなく、各都道府県の労働局や最寄りの労働基準監督署などの行政機関、法テラスなどの無料法律相談に話をしてみてはいかがでしょうか。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは、ある運送会社で働く男性。入社して2年と少し経ったところですが、精神的・身体的ストレスが限界に達しており、一刻も早く辞めたいと考えています。

しかし会社からは、「3年未満で辞めれば、今まで被った損害を請求するぞ!」と脅されています。この2年間で質問者さんが、居眠り事故や貨物の遅延、貨物ダメージの確認ミス、エンジンの焼付きなどを起こしているから、というのです。

居眠り事故の原因は「違法労働」

しかし、質問者さんにも言い分があります。居眠りによる事故は、深夜2時から休憩もほとんどなく走りっぱなしの状態で起きたもの。そもそもこの会社では、1日16時間を超える就労が多数あり、運転日報の改ざんも当たり前になっているそうです。

4トン車の運転手からは、長距離を走るときには途中でエンジンを止めて、タコグラフのチャート紙を30分ずらして走っていると耳にしています。

エンジンの焼付きについては、オイルの確認を怠ったまま、日常点検の記録欄にハンコを押してしまったことは認めています。しかし整備管理者も一切確認せず、同じようにハンコを押しており、質問者さんだけの責任ともいえません。

貨物ダメージの確認ミスは、通常の業務の中で誰もが起こりうるもので、重過失とまではいえないでしょう。過積載もたまに行っていると明かす質問者さんは、こう疑問を投げかけています。

「損害賠償の話が出たときに、今までの勤務時間、改ざん記録など(証拠は取ってあります)を持ちかけようと思うのですが、それで請求を取り下げてくれる等してくれると思いますか?

やや表現がわかりにくいですが、おそらく「記録を持っている」と明かすことで、請求をやめさせたいという意味でしょう。もしかすると、行政機関などに告発しない代わりに、円満に辞めさせて欲しいと取引を「持ちかける」ということかもしれません。

脅迫で「転職の自由」を妨げられている状態

この質問には、「会社批判」が一斉に飛び出しました。ある回答者さんは「そんなの無知な社員への脅しです」と断言しています。

「あなたに大きな過失があった事故だとしても、会社には使用者責任がありますから、全額払う必要はありません」

むしろ会社の管理に問題がありありなので、裁判になっても負ける要素はありませんし、証拠を集めれば未払い残業代なども逆に請求できる状況です」

損害賠償の請求に応じる必要はないし、もしも最後の給与の支払いを拒まれるようであれば「労働基準監督署に行きましょう」と勧めています。

質問者さんの「転職の自由」を「脅迫」によって妨げているわけですから、会社に問題があるのは確実。「逆にこちらが損害賠償請求をした方が良いレベル」「訴えるならどうぞ訴えてくださいという姿勢」で臨めばいいというコメントもありました。

ただし気になるのは、会社が「3年」という期間を提示していること。もしも最初から3年という期間を区切った契約社員が契約満了前に退職するとき、実損害が出れば賠償請求されるおそれがあるのではないでしょうか。

行政に垂れ込むべきか、弁護士に相談か

別の回答者さんは「弁護士さんに相談でしょうね」と助言します。働かせ方が完全にブラック企業で、脅しも常套手段なので、労働基準監督署の「うまい誤魔化しや言い訳」も知っているのではないかというのです。

「貴方の保持している不正の証拠が法的に有効か、また、有効だったとして出すタイミングはどうするかなど、専門的なアドバイスを受けることをお勧めします」

なるほど、各都道府県の労働局では無料の電話相談窓口を設けていますが、それでは不安というわけですね。とはいえ、会社に損害賠償を請求するのでなければ、まずは「法テラス」などの無料法律相談から始めてみるのもありかもしれません。

ネット通販の増加により、物流サービスは私たちの生活に欠かせないものになっていますが、労働環境が劣悪なところも残っているようです。企業口コミサイト「キャリコネ」には、ある運送会社で働く人からこんな書き込みが寄せられています。

事故をしたり商品を破損させたりすると、自腹で支払わされる。給料が少ないうえに、このようなことがあると、金額にもよるが長期にわたって苦しい懐事情が続き、生活するのが困難になる。

この記事の執筆者


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。