試用期間中に退職したら、転職しにくくなる? 次の会社で理由をどう説明しようか

試用期間中に退職したら、転職しにくくなる? 次の会社で理由をどう説明しようか

働きにくい会社に長居は無用――。そんな価値観が当たり前になるのは、悪いことではありません。しかし次の転職の際には、採用担当者に警戒されても仕方がないということを覚悟すべきです。専門家は「入社後すぐの転職を避けるべき」5点について注意を促しています。


ネットのQ&Aサイトに、こんな相談が載っていました。質問者さんは、試用期間中の会社を退職することを検討しています。理由は、体育会系の職場の雰囲気が合わないことと、残業時間が多いと感じたから。

土日は休みですが、祝日は出勤。毎日2時間半から3時間の残業が発生していますが、入社前に詳しい話がなかったこともあって、ギャップが大きく戸惑っています。これでは自分の時間も十分に持てません。

「このまま続けてもあまり長くは続かないと感じているため、早期の転職を考えています。この場合、やはり次の転職に不利になりますでしょうか??」

「理由は口から出任せで何とでも」と回答者

質問者さんは転職者とのことですが、週休や残業の条件は入社前に確認しなかったのでしょうか。職場の雰囲気は働いてみなければ分からないところもありますが、退職の理由としては弱いという感じもします。

しかし回答者からは、楽観的にこうアドバイスしています。

「私も前職は二ヶ月で退社しましたが、理由は口から出任せで何とでもなります」

次の会社の面接では「慢性的な残業が毎日数時間におよび、生活残業に疑問があり退社しました」と答えれば大丈夫、と励ましています。

ただ、この理由だと、本人のリサーチ不足や我慢不足を、全てを会社の責任にしているようにも見えます。会社が明確な問題を抱えているわけでもなさそうです。こんな退職理由で、次の転職先の採用担当者は納得するでしょうか。

キャリコネ「転職ガイド」のコラムニスト・三河賢文氏は「入社後すぐの転職を避けるべき」と注意を促し、次のような理由を掲げています。

・短い期間では仕事のやりがい、楽しさが分からない
せっかく覚えた事(仕事のノウハウ等)が無駄になってしまう
・すぐに辞めてしまうことで“辞めぐせ”がついてしまう
・転職先からマイナスなイメージで見られる場合が多い
改善できる退職理由であることも多い(もったいない) など

入社後すぐに転職するときの注意点 | 転職ガイド | 転職・就職に役立つ情報サイト キャリコネIcon outbound

https://careerconnection.jp/job/guide/6498.html

どれだけ入念に就職・転職活動を進めても、入社してみなければ分からないことは山ほどあります。そのため、いざ希望の会社に入社したものの、イメージギャップ等を理由にすぐ転職を考える人が少なくありません。 | 転職ガイド | キャリコネ

「短期離職」の経歴は会社にとってリスク

質問者さんは試用期間なので「せっかく覚えたことが無駄」というところまでは行っていないようです。それだけに「仕事のやりがい、楽しさ」を感じるところまで続けていれば、雰囲気に対する印象も変わってきた可能性があります。

回答者さんは楽観視していますが、前の会社をすぐに辞めてしまう人に対して、採用担当者が「またすぐに辞めてしまうかもしれない」「打たれ弱いのではないか」などとネガティブなイメージを持つのは仕方のないことです。

採用には時間やコストがかかり、採用後も人材育成のコストがかかります。経営資源である「人材」を慎重に採用するため、会社は短期離職の経歴があるとリスクを避けようとする傾向があるのです。

次の転職活動では採用側に厳しい目で見られるため、選考に苦戦するおそれが高くなるでしょう。離職期間も長くなり、希望していた条件を譲歩しながら応募せざるをえなくなるかもしれません。

ネガティブな理由ばかりでは採用に至らない

そんな厳しい選考の場で「口から出任せ」は通用しません。三河氏は、退職理由は、いかに採用担当者の懸念を払拭できるかがポイントと述べています。

『改善にすら取り組まず安易に転職を希望している』『不満ばかりで責任を全て周囲・環境のせいにしている』など、ネガティブな事柄ばかりでは採用に至りません。転職することで実現させたいこと、変えたいことなど、前向きな考えを掘り下げて考えてみてください」

憲法では「職業選択の自由」が保障されており、自分が納得できない職場であっても長く働き続けるべきだ、などとは言えません。特にブラック企業は「履歴書に傷がつく」などと気にせず、いち早く辞めた方がいいでしょう。

しかし、会社に明確な問題がないのに短期で辞めるときには、次の会社で疑いの目で見られても仕方ないと覚悟しておくべきです。

そして退職の理由を尋ねられたときには、会社批判ではなく、退職を自分なりにどう捉え、今後どうしていきたいのかの意欲を採用担当者が納得するよう真摯に伝えることが、より大切になることを肝に銘ずるべきです。

企業口コミサイト「キャリコネ」には、人気企業グーグルへの転職を実現させた22歳男性の面接成功例が載っています。面接官にされた印象的な質問は「人生の挫折経験は?」というものでした。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。