最悪の職場から抜け出せる「転職」の誘いが! でも年収は100万円ダウン

最悪の職場から抜け出せる「転職」の誘いが! でも年収は100万円ダウン

ブラックな労働環境で悩む人の前に、差し出されたホワイトな会社の転職求人。しかし年収がいまより100万円も低かったら、あなたはどうしますか? 専門家は、年収が下がっても転職したほうがいい「4つのケース」をあげています。


ネットのQ&Aサイトに、こんな質問が載っていました。質問者さんは、29歳の独身女性。現在の年収は、年2回のボーナスを加えると520万円ほど。この他に月1万円の住宅手当を会社から支給されています。

経済的にはよい条件ですが、問題は働く環境。セクハラやモラハラはもちろん、コンプライアンス意識の低さやサービス内容、人間関係などあらゆる面で辛く、お客様にも後ろめたい気持ちで働く毎日に嫌気が差しているのだそうです。

いまの職場は「気持ち悪く辛いので離れたい」

そんなとき、同業種で働く知人から転職の誘いを受けました。その会社はハラスメントの問題もなく、コンプライアンスもしっかりしていて、経営基盤も安定しているとか。まるで一すじ細く光りながら天から垂れてきた「蜘蛛の糸」ではありませんか。

しかし迷うのが、年収にするとおよそ100万円も下がってしまうこと。そろそろ実家暮らしをやめて、いずれは結婚したいと考えている中で、この年収ダウンには不安を感じます。

とはいえ、いまの職場環境は「気持ち悪く辛いので、離れたくて仕方ない」。そこで「みなさんのお考えやご経験を教えていただけますでしょうか」と問いかけています。

気になるのは同じ業種なのに、労働環境が劣悪な会社の方が、良好な環境の会社よりもなぜ高給なのかということ。もしも不正な方法で儲けを上げ、社員に給料を払っているのであれば、問題はいずれ明らかになることでしょう。

目の前の年収だけでなく、結婚後も働き続けられるかどうかも気になるところです。回答者さんも、その点を考慮に入れるべきと助言します。

「今の山賊の群れみたいな職場だと、女の子のそーゆー(ライフ)イベント嫌がりそうです。知人の会社が、そーゆー福利厚生ありまっせなら迷う事はない」

100万ダウンでも「平均かそれ以上」か

別の回答者さんは、転職サイトの調査で29歳女性の平均年収が女性370万円だったことを示し、いまは平均より100万円以上多くもらっているのだから、引き抜きでもないかぎり下がるのは仕方ないと指摘します。

転職先も平均かそれ以上の年収ということになりますから、やっていけないわけがありません。浪費家でない限りは」

年収ダウンは嫌なものですが、そもそも前の会社はもらいすぎであって、こんどの会社は相場として決して低い給料じゃないんだと考えると、将来への不安が減るかもしれません。

転職で高く買われるのは「実績」ですが、若いうちは分かりやすい実績を上げにくく、年収ダウンを提示されて不満に感じることもあるでしょう。

キャリコネ「転職ガイド」のコラムニスト・三河賢文氏は、「年収が下がっても転職したほうがいい4つのケース」について、次のような項目を挙げています。

1.会社の業績がよくない場合

2.仕事以外の時間を確保したい場合

3.どうしてもチャレンジしたい仕事がある場合

4.心身への大きな負担を感じている場合

年収が下がっても転職したほうがいい4つのケース | 転職ガイド | 転職・就職に役立つ情報サイト キャリコネIcon outbound

https://careerconnection.jp/job/guide/7007.html

転職する際、やはり気になるのが年収。「今より高い年収を得たい」と考える方は多いでしょう。しかし、年収だけが転職の目的ではありません。中には、たとえ年収が下がっても転職したいと考える方もいます。 | 転職ガイド | キャリコネ

転職は焦らず慎重な判断が必要だけど

今回のケースは4番に当てはまりそうです。精神的なストレスが積み重なって健康を害し、今後のライフプランに影響が出れば元も子もありません。

三河氏は「現在の職場環境が嫌だという場合、『とにかく年収なんて気にせず転職を』と急いでしまいがち」として慎重な判断を勧めています。この点について、質問者さんはきちんと立ち止まることができています。

その上で、今の会社から「離れたくて仕方ない」気持ちが強くあるのですから、安心して良好な環境の会社に転職してよいのではないでしょうか。

企業口コミサイト「キャリコネ」には、とある不動産会社で働く30代女性がこんな書き込みを残しています。

女性社員が8割、典型的なワンマン社長のセクハラとパワハラが横行しているのを社員はどれだけ耐えられるか我慢比べなところがある。また基本的に有給を取ることはできないと考えた方が良い。社員の仲は比較的良いが、9割方辞めたいと思いながら働いているのが実情。良くも悪くもこの会社は全て経営陣の一存次第なので、大量離職の実情を汲み取り、利益追求に傾倒するのではなく長期的に見た人材育成に比重を置いて労働環境が変わることを切に願う。

この記事の執筆者

ネットのお悩み相談をウォッチするコラムニスト。


関連記事

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

中途採用に「SPI試験」は必要?「仕事に無関係な知識」で採否を決めるのか

経験と実績を活かして新しい職場で働いてみたいと臨んだ人が、職務とは関係のない学力試験を受けさせられたら……。バカにされたと感じてもおかしくないのではないでしょうか。「SPIはとんでもないのを排除するだけで、半数以上の人は通過する」と言う人がいる一方で、9割はできないと合格しないという口コミもあります。


経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

経営者のみなさん、気象警報が出たら「早期帰宅」を即決しませんか?

大型台風に翻弄されたここ数ヶ月。公共交通機関は事前に「計画運休」を発表し、自宅勤務を認める会社は一気に増えました。それでもいまだに、未消化の有給休暇を山ほど残している社員に対し、定時出社を呼びかける会社もあります。その謎は、日本のサラリーマンにしか分からないことなのかもしれません。


転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

転職活動に適した時期はいつ? 年末年始が「大きな狙い目」になる理由

「いつか転職できれば」と漠然と考えていても、物事は進みません。転職のタイミングを具体的に考えてみてはいかがでしょうか。ビッグウェーブに乗るには、2020年の初旬が大きな好機になりそう。不況になってからではなく、好況・人手不足の「売り手市場」に転職するメリットも多いものです。


ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

ゾンビ企業から転職したいけど「辞めたい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員」なら絶対に辞めない方がいいの? 求人内容と違って耐えられないのに

「正社員=安定」というイメージにつけこんで、悪条件の「名ばかり正社員」として雇うブラック企業があります。そういう会社に当たったら、ただちに退職を考えるべきですが、「フリーターの方がマシ」と衝動的な行動を取らない方がよさそうです。