明日のテンバガーを探せ!ダブル・スコープ【6619】EV市場とともに拡大するリチウムイオン関連事業

明日のテンバガーを探せ!ダブル・スコープ【6619】EV市場とともに拡大するリチウムイオン関連事業

株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


明日のテンバガーを探せ!ダブル・スコープ【6619】

東証プライムのダブル・スコープ株式会社(6619)(以下、ダブル・スコープ)は、リチウムイオン電池に使用するセパレータ(絶縁体)を製造・販売している会社です。時価総額は870億6700万円、また、予想PER(株価収益率)は36.02倍、PBR(株価純資産倍率)は2.94倍(2022年9月21日時点)でした。


ダブル・スコープってどんな会社?

ダブル・スコープでは、EV(電気自動車)などに使用されるリチウムイオン電池のセパレータ(絶縁体)として使われるメンブレンフィルムの製造を手掛けています。本社は東京に所在しており、現在の製造拠点は韓国にあります。主な販売先も海外企業がメインで、日本国内での売上はごくわずか。世界を舞台に積極的な事業展開を行っており、国際的な企業です。

連結子会社は、アジア、欧州圏を販売先とするW-SCOPE KOREA CO.,LTD.、中国電池メーカーを販売先とするW-SCOPE HONGKONG CO., LIMITED、W-SCOPE New Energy (Shenzhen) Co., Limited、製造と研究開発を担っているW-SCOPE CHUNGJU PLANT CO., LTDの4社です。


お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

明日のテンバガーを探せ!田中化学研究所【4080】二次電池に欠かせない正極材料で成長

明日のテンバガーを探せ!田中化学研究所【4080】二次電池に欠かせない正極材料で成長

株式会社田中化学研究所は、EVなどに使われる二次電池用の正極材料の製造販売を手掛けています。株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。


明日のテンバガーを探せ!日本電解【5759】EV用車載電池用銅箔の国内シェア約6割獲得

明日のテンバガーを探せ!日本電解【5759】EV用車載電池用銅箔の国内シェア約6割獲得

日本電解株式会社(5759)は、プリント配線板、半導体パッケージ、リチウムイオン電池用の電解銅箔を製造販売しています。EV需要増に伴ってリチウムイオン電池の需要増が期待される中、国内シェア6割、米国でのシェア4割を獲得しています。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向


明日のテンバガーを探せ!JMC【5704】EV需要を視野に工場を拡充へ

明日のテンバガーを探せ!JMC【5704】EV需要を視野に工場を拡充へ

株式会社JMCは、3Dプリンター出力や砂型鋳造により工業部品、試作品、医療機器などを製造する企業。世界的なEV需要の高まりを受け、設備強化に努めています。株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。


今だからディフェンシブ!日本コークス工業【3315】裾野の広い用途が魅力の石炭関連企業

今だからディフェンシブ!日本コークス工業【3315】裾野の広い用途が魅力の石炭関連企業

株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


明日のテンバガーを探せ!松尾電機【6969】タンタルコンデンサやEV用リチウムイオン電池向け回路保護素子が需要拡大

明日のテンバガーを探せ!松尾電機【6969】タンタルコンデンサやEV用リチウムイオン電池向け回路保護素子が需要拡大

株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


wiget_w300
wiget_w300