明日のテンバガーを探せ!八千代工業【7298】将来を見据えて樹脂製品事業と燃料電池車用水素タンク開発に注力

明日のテンバガーを探せ!八千代工業【7298】将来を見据えて樹脂製品事業と燃料電池車用水素タンク開発に注力

八千代工業株式会社は、サンルーフや燃料タンク等の開発・製造を行う自動車部品メーカーです。近年は樹脂製品事業や燃料電池車(FCV)用水素タンクの開発にも注力しています。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。


明日のテンバガーを探せ!八千代工業【7298】

東証スタンダード市場上場の八千代工業株式会社(7298)(以下、八千代工業)は、ホンダ(本田技研工業)系の自動車部品メーカーです。燃料タンクやサンルーフのほか、バンパー等の樹脂製品にも力を入れています。時価総額は153億3,900万円、予想PER(株価収益率)は6.64倍、PBR(株価純資産倍率)は6.64倍(2022年10月4日取材時点)でした。

八千代工業ってどんな会社?

八千代工業は、燃料タンクやサンルーフを得意とするホンダ系の自動車部品メーカーです。

主力は燃料タンクで、サンルーフ事業にも力を入れていますが、近年では第3の柱に成長させるため、バンパーやインストルメントパネル等の樹脂製品事業も強化しています。


同社は1953年、八千代塗装株式会社として設立。ホンダの指定工場となり、1972年にはホンダから出資を受けて関連会社となりました。

2006年にはホンダがTOB(株式公開買い付け)を実施して同社の親会社になるなど、ホンダとの関係が強く、売上高の9割ほどがホンダとその関連会社に集中しているのが特徴です。

最近では、ホンダ以外の自動車メーカーとの取引にも積極的です。その一環として、2021年、ダイハツ工業からの受注に対応するため、鈴鹿工場で大型のバンパーが生産できる3,500トンの射出成型機を稼働しました。また、マルチ・スズキ向けの自動車用燃料タンクの生産能力増強のために、インド工場も拡張しています。

同社は2030年をめどに、生産台数ベースで樹脂製品で5割、主力の燃料タンクとサンルーフで約2割を、ホンダやその関連会社以外の自動車メーカーに拡販する計画です。また、開発中の「樹脂製バックドアモジュール」や「超軽量薄型ルーフモジュール」など、電動車向けの新製品を主軸とする方針です。

さらに八千代工業では、燃料電池車向けの水素タンクの開発も行っています。

日本では国策として燃料電池車の推進を進めているほか、欧州では欧州委員会が2035年までの全新車ゼロエミッション化案を提案し、欧州議会もこれを支持しています。そのため各自動車メーカーは、内燃機関の搭載されない電気自動車や燃料電池車の販売増加が急務となっているのです。

この流れを受け、八千代工業では、燃料電池車向け水素タンクの実用化を目指して開発を進めています。

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

明日のテンバガーを探せ!ダイハツディーゼル【6023】 海の脱炭素化に向けて取り組みを加速させるエンジンメーカー

ダイハツディーゼル株式会社は、内燃機関・産業機器の製造販売を手掛ける、ダイハツ工業発祥の会社。発電用ディーゼルエンジン補機関では世界の大手の一社です。株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下から


明日のテンバガーを探せ!ライフドリンクカンパニー【2585】少品種大量生産と徹底した内製化で低価格を実現する飲料メーカー

株式会社ライフドリンパニーは、ミネラルウォーターや緑茶・ウーロン茶、炭酸水といった飲料の製造・販売を行う企業です。 キャリコネ企業研究「リサコ」は、株式会社グローバルウェイが運営する理解が深まる企業研究メディアです。株式投資家向け記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


伝説のテンバガー企業! 信越化学工業【4063】2期連続の過去最高益を上乗せ!汎用素材から先端素材まで扱う大手化学メーカー

信越化学工業株式会社は、塩化ビニルなどの汎用素材からレア・アースマグネットなどの先端素材まで取り扱う、日本を代表する大手化学メーカーです。株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


明日のテンバガーを探せ!日本金銭機械【6418】世界のゲーミング市場でトップシェアを誇る貨幣処理機大手

日本金銭機械株式会社は、紙幣鑑別機や紙幣還流ユニット、紙幣搬送システム等、金銭関連機器の製造・販売を行う企業です。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


明日のテンバガーを探せ!KOA【6999】抵抗器分野で世界トップクラスのシェアを誇る企業

KOA株式会社は抵抗器をメインに温度センサ、電流ヒューズ、インダクタ、LTCC基板など、電子部品の開発・製造・販売を手掛ける企業です。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


wiget_w300
wiget_w300