明日のテンバガーを探せ!ハウテレビジョン【7064】ハイクラス向け就活支援で競合と差別化

明日のテンバガーを探せ!ハウテレビジョン【7064】ハイクラス向け就活支援で競合と差別化

ハウテレビジョン株式会社は、就活サービスを提供する企業です。主軸事業は、難関大学生向け就活サービス「外資就活ドットコム」の運営です。株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


明日のテンバガーを探せ!ハウテレビジョン【7064】

東証グロース市場上場のハウテレビジョン株式会社(7064)(以下、ハウテレビジョン)は、難関大学生向け就活サービス「外資就活ドットコム」やハイクラス若手人材向けの就活サービス「Liiga」を運営するITサービス企業です。時価総額は58億7,800万円、予想PER(株価収益率)25.68倍、PBR(株価純資産倍率)は9.58倍(2022年10月13日取材時点)でした。


ハウテレビジョンってどんな会社?

ハウテレビジョンは、2010年、キャリアプラットフォーム運営事業を目的に東京都練馬区で創業しました。その後、リクルートティング・プラットフォーム「外資就活ドットコム」で業績を伸ばし、2019年に東証マザーズに上場して現在に至ります。

現在の主力事業は、難関大学生向けの就活支援サービス「外資就活ドットコム」の運営です。

「外資就活ドットコム」は、国内外の難関大学に所属する学生の利用を想定したキャリアプラットフォームです。

一般的な新卒向け求人情報サービスとは異なり、外資系コンサルティング会社、外資系金融機関など、同社が選定した入社難易度の高い企業の募集情報のみを掲載しています。

その他にも、20~30代のハイクラスな若手人材を対象にした就活サービス「Liiga」の運営も行っています。「外資就活ドットコム」の姉妹サイトとして、新卒時に同社のサービスを利用したキャリア志向の若手人材を取り込むことで、業績を伸ばしています。

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

【20年1月期】「外資就活ドットコム」のハウテレビジョン 難関大生・社会人向けサービスを拡張できるか

難関大生向け就活サービス「外資就活ドットコム」と若手社会人向けキャリアアップ支援サービス「Liiga」を運営するハウテレビジョン。売上は好調、上場による純資産の増加で財務安定性も十分ですが、21年1月期は新規事業投資のため大幅赤字の予想です。ターゲット拡大で財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


【財務分析】新規上場のハウテレビジョン 「超ハイクラス人材」を囲い込める強み

学生向け「外資就職ドットコム」と若手社会人向け「Liiga」という2つのリクルーティング・プラットフォームを運営しているハウテレビジョン。4月24日に東京証券取引所マザーズに新規上場を果たしましたが、彼らの現状はどうなっていて、どこに将来性があるのか。財務諸表を分析します。


wiget_w300
wiget_w300