【平均年収791.6万円】関西電力の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収791.6万円】関西電力の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】関西電力社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


関西電力の平均年収は791.6万円

関西電力の平均年収は、2019年3月期の有価証券報告書によると、791.6万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出した関西電力の年代別年収レンジは、20歳代で520〜620万円、30歳代で650〜750万円、40歳代で760〜860万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.58倍の額です。

関西電力の平均年収推移

過去5年間で200万円アップ

関西電力・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢従業員数
2019年3月期791.6万円43.2歳18884人
2018年3月期757.7万円43歳19243人
2017年3月期681.6万円42.7歳19533人
2016年3月期604.6万円42.3歳19914人
2015年3月期588.2万円42歳20628人

出典:関西電力・有価証券報告書

関西電力の平均年収は、過去5年間で約200万円のアップ(2015年588.2万円→2019年791.6万円)という、大きな変化が見られます。

これには、2011年から2014年まで4年連続の赤字決算(原子力プラントの稼働停止によるもの)の後、2015年以降業績が改善されてきた、という背景があります。こうした状況の従業員への影響は大きく、2018年まで月例賃金が減額され、さらに2016年まで夏賞与の停止という対応が取られていました。月例賃金の減額が段階的に改善されたこと、そして2017年以降夏賞与も再開したことが、平均年収の大幅な増加=復活につながっています。

関西電力の年代別平均年収と中央値

関西電力の年収中央値は30代で623.3万円

ここまで平均年収を見てきましたが、関西電力のより実態に近い年収は中央値を見ればわかります。関西電力の世代別平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

関西電力の年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代570万円35.6万円91.2万円513万円
30代692.6万円43.2万円138.5万円623.3万円
40代808.4万円50.5万円161.6万円727.56万円
50代863.3万円53.9万円172.6万円776.97万円
60代593.4万円37万円94.9万円534.06万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

関西電力は電気・ガス事業を主力事業としていますが、業種の分類としては「サービス業(他に分類されないもの)」に該当します。
この業種は、平均年収という観点では、全業種平均に比較して全年代において20~100万円程度下回っています。例えば30代を見てみると、「サービス業(他に分類されないもの)」平均は260.6万円ですが、全業種平均は320.6万円と、約60万円の開きが見られます。また、全業種平均が年代が上がるにつれて平均年収が大きくアップ(20代から50代で約200万円増)している構造であるのに比較して、「サービス業(他に分類されないもの)」の平均年収は、その増加幅が非常に小さい(同条件で約100万円増)ことも特徴です。

関西電力の年収中央値は、業種別平均はもちろん、全業種平均に比べても大きく上回っています。同じく30代で比較してみると、業種別平均が260.6万円に対し、関西電力は623.3万円と、約360万円もの差をつけています。この傾向は全年代において当てはまり、いかに関西電力の年収が高いかが分かります。

関西電力の年収が高い理由

賞与の存在感が大きい

関西電力の年収は、前項の通り、賞与の有無によって大きく増減します。

2016年まで夏賞与が凍結されていましたが、この凍結前までは、基本給4ヶ月分に加え、住宅助成金(10万円強)も支給されていたという高水準でした。2017年以降も3.5~4ヶ月分相当と、凍結前の水準に戻りつつあります。この賞与の動きが、平均年収の200万円増加につながることから、いかに賞与のボリュームが大きいかが伺えるでしょう。

さらに2020年以降は、業績連動型の賞与が導入されることが決定されています。当制度の導入は大手電力会社の中では初めて。単独経常利益1250億円を基準値(100%)として、この金額を上回れば賞与額が上がる仕組みです。例えば、達成率が160%になれば5カ月分が支給されます(一定水準の業績を確保できていれば4ヶ月分は保証)。業績次第とはいえ、平均年収の更なる伸びが期待できます。

関西電力の給与体系・内訳

福利厚生の水準は国内トップクラス

関西電力の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・12月)の賞与で構成されています。

諸手当としては、通勤手当・住居手当・家族手当があり、それ以外に福利厚生として社宅、寮、持株会、持家財形貯蓄制度、カフェテリアプランなどの制度が整備されています。カフェテリアプランは年間7万円分のポイントが付与され、家族手当は35000円、さらに社宅の賃料は約2万円、と高いレベルで充実。社員からも「関西圏ではトップクラスの待遇」と評されています。

関西電力社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で、基本給は約2倍!

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

入社10年で年収200万円アップ

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

関西電力の職種別年収

職種による違いはなし

関西電力の職種は、「事務系」「技術コンサルティング」「技術系」の大きく3つに分類されています。
「事務系」は営業、企画、燃料、購買、新規事業、管理など、「技術コンサルティング」は技術的知識・スキルをベースにしたソリューション提供、「技術系」は発電、送変電、系統運用などの職場で活躍します。

関西電力の賃金制度では、職種による差異はなく、同一の制度が適用されています。全職種共通で、社員はS1~S7という7段階でランク分けされており、このランクによって処遇が決められています。
初任給についても同様で、全職種共通で、以下の通り学歴別に設定されています。

●初任給(2019年度実績)
<大学卒>学部卒 = 216,000円 修士了 = 243,800円
<高専卒>本科卒 = 190,000円

ランク別の想定年収としては、S1(入社1~3年目)で300~400万円、S2で500~600万円、S3が800万円前後、S4(係長級)は1000万円、S5(課長級)で1200万円といったあたりです。

関西電力社員の給与明細(キャリコネ)

入社まもなくは、異職種でも年収は同水準

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代後半以降は徐々に年収に差が

30代営業(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

関西電力で年収を上げる方法

大半の社員が年収1000万円に手が届く

上述の通り、関西電力の給与は社内のランク(S1~S7)で決められているため、年収を上げるためには、ランクを上げる=昇格することが必要です。

評価の仕組みとして、成果評価主義が導入されており、上司と面談のうえ目標を設定し、達成具合を上司と評価を合意する、というプロセスが取られています。評価は、SA・A・B・C・Dの5段階で決められますが、「連続してC以下の評価だった場合はステージが降格することもある」との口コミも見られ、シビアな制度運用であることが伺えます。

こうした毎年の評価以外に、昇格するためには昇格試験に合格する必要があるのも、関西電力の特徴です。大体の目安としては、3年目にS1からS2に昇格する試験、7年目にS3昇格試験を受けます。S3に昇格すると、年収が800~1000万円と大きく跳ね上がりますが、ここからは実力により昇格タイミングに差が生じてきます。「タイミングが遅れても誰でも1000万円には手が届く」とはいうものの、この先の昇格は「部長昇格できるのは5~10%程度」と狭き門。「定年まで1000万円で横ばいという人も多い」とのことです。

関西電力社員の口コミ(キャリコネ)

制度上は実力主義だが、実際は年功序列?

「社員のポテンシャルとモチベーションを引き出す実力主義制度が導入 まだまだ年功序列が根本から抜けきれないところも多く……

評価次第で降格もあり得る

「成果評価主義・ESA制度により、成果ランクやステージが昇格する C以下の評価を連続して受けた場合はステージが降格することもある……

関西電力のライバル企業と比較

電力サービスにおいてはトップクラスの水準

関西電力は電力サービスにおいて国内2位のポジション。国内1位は東京電力ですが、2016年にホールディングス制に移行しているため、比較対象としては3~5位である、中部電力・東北電力・九州電力を取り上げます。

関西電力の平均年収が791.6万円に対し、3位の中部電力は770.4万円、4位の東北電力は756.9万円、5位の九州電力は777.1万円です。ほぼ売上高・シェアに準ずる位置づけではありますが、例外は九州電力。平均年収では、関西電力に次ぐ水準です。これは、社員の平均勤続年数によるものだと考えられます。九州電力は23.3年と、他の3社よりも1~3年も長く、その従業員構成の違いが平均年収を押し上げられていることが考えられます。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
関西電力791.6万円43.2歳22.4年18884人27971.9億円
中部電力770.4万円42.8歳22.3年16086人27430.2億円
東北電力756.9万円43歳20.1年12678人28682.9億円
九州電力777.1万円43.2歳23.3年10999人18671.5億円

出典・参考
厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」「平成30年国民生活基礎調査」
経済産業省「平成30年企業活動基本調査速報-平成29年度実績-」
国税庁「平成30年度民間給与実態統計調査」
マイナビ「業種別 モデル年収平均ランキング」

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】関西電力の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】関西電力の中途採用面接では何を聞かれるのか

日本の大手電力会社の1つである関西電力。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


東京電力 vs 関西電力 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

東京電力 vs 関西電力 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

東京電力と関西電力の社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との比較でどの項目で違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。