【面接対策】メガネスーパーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】メガネスーパーの中途採用面接では何を聞かれるのか

メガネ、コンタクトレンズ、補聴器などの販売を行うメガネスーパー。中途採用は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成長を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


メガネスーパーの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

業界の老舗企業として、メガネ、コンタクトレンズなどを販売するメガネスーパー。価格にこだわらず、いかに顧客の「眼の健康寿命」を延ばしていくかというところに重点を置き、商品の販売だけでなくアイケアサービスを提供する「アイケアカンパニー」を目指しています。


そんなメガネスーパーは、同業他社に比べて営業時間が短いため、「他の小売業と違い夜遅くなることがない」「子育て中の女性なども働きやすい環境」といった声が見受けられます。一方で、給与に不満を感じている社員の声も複数あり、働きやすさと報酬どちらに重点をおくか、理想のライフワークバランスを考える必要があるでしょう。


業務においては接客業ということもあり、「なじみの顧客ができ、楽しい」「丁寧に説明し、顔を覚えてもらえたことが嬉しい」など、顧客から信頼を得られたこと、喜んでもらえたことにやりがいを感じる社員が多いようです。


また、「自分次第で目指すべきことが明確な企業」「店長、マネージャーを目指す、また社内人材育成で活躍したいなど、望めば様々な経験を積みチャレンジできる環境がある」といった口コミから、自主性が尊重されていることがわかります。社員一人ひとりの成長に期待している同社の面接では、積極性や将来性のアピールが大切です。何ごとにも前向きで、顧客が安心してアイケアをまかせられるような人材が求められています。

選考は何次まで?

メガネスーパーの選考プロセスは、Webからのエントリー後、説明会、面接・適性検査が実施されます(面接は1〜2回)。面接官は人事部、店舗の店長が担当するようです。内定までの所要期間は1〜2週間程度です。


メガネスーパーの中途採用では、接客、視力測定をメインとしたメガネ、コンタクトレンズ、補聴器などの販売を担当する販売職を募集しています。


コーポレートサイトの採用ページに、募集要項をはじめ採用コンセプトや社長メッセージが記載されていますので、事前によく確認しておきましょう。

面接内容の傾向は?

面接では一般的な質問がほとんどのようです。接客業ということで、「接客に対する心構えは?」といった質問が多く、「毎日立ちっぱなしだが、大丈夫か」「体力はあるか」といった体力に関する質問もされるようです。面接では元気のよさ、ハキハキとした受け答えを意識するとともに、前職で接客経験がある場合は、日々心がけていたことや顧客に喜ばれたことなどを積極的に伝えるようにしましょう。


また「入社して何がしたいか」といった質問もあるようです。社員の成長を支援するといった社風もあるので、入社後の具体的なビジョン、目標としていることをしっかり伝えられるよう準備することが大切です。


メガネはファッションと捉えかたもあるため、面接の場でそういった要素を見られることもあります。服装・身だしなみには十分気を配り、面接に臨むと良いでしょう。

メガネスーパーの面接攻略法(面接対策)

メガネスーパーの企業理念(アクション)を理解した上で自己分析をする

メガネスーパーの面接を受けるにあたり、企業理念のアクションを理解し自己分析に落とし込むことが大切です。アクションの内容は以下となります。

株式会社メガネスーパー 公式サイトより

メガネスーパーのアクションは、今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと確認し、面接でこの理念に合致する人材であることをアピールしましょう。


「眼」は、一人ひとり形や質が違うため、顧客によってさまざまな悩み、要望があるでしょう。それらをしっかりとくみ取り、満足のいく商品を提供できるかどうかが大切なポイントとなります。これまでの経験から、顧客の状況を理解し、その人に合った最適なサービスを提供できることを具体的なエピソードを交えて伝えられると良いでしょう。


近年、メガネ、コンタクトレンズは視力の悪さをカバーするだけではなく、ファッションアイテムのひとつとなっています。そのような視点で接客にのぞみ、斬新なアイデアを提供することも求められます。幅広い視野をもってトレンドを常に意識し、業務を進められる人材であるとアピールしましょう。


顧客のストレスを少しでも解消しようとする心がけと、常に新たなチャレンジを忘れない人材であることを積極的に伝えることが重要です。

「なぜメガネスーパーか」を語るための他社研究も忘れずに

メガネスーパーの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜメガネスーパーか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「入社後どのようなことをしたいのか」「それが当社にマッチするのか」「この人の経歴は当社でどう活かすことができるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面も併せて見ています。


業界理解や職種理解の枠を超えて、メガネスーパーという企業についてしっかり理解することが大切です。そのためには、競合となりやすい他社研究も忘れずに行いましょう。具体的には以下のような企業について調べておくことをおすすめします。


●株式会社三城ホールディングス

●株式会社ジンズ

●愛眼株式会社

メガネスーパーの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このようにメガネスーパーの採用面接を受ける前には、企業理念のアクションに基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では「社員一人ひとりの成長を支援し、『眼の健康寿命』に配慮したアイケアサービスを提供する『アイケアカンパニー』を目指す」という社風を意識しましょう。そして顧客のストレスを少しでも解消しようとする心がけと、常に新たなチャレンジを忘れない人材と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくことがおすすめです。


面接経験者が実際に聞かれた質問内容をご紹介します。これらの質問をされたらどのように対応するか、イメージをしっかりもち面接対策しておきましょう。

20代後半女性/ショップスタッフ【結果:入社】

質問

過去の挫折を乗り越えた経験はありますか

回答

ひきこもりから脱出して、アルバイトとして就職したことが一番の…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半男性/店舗スタッフ関連職【結果:入社】

質問

毎日立ちっぱなしでフレームを磨きますが大丈夫ですか?

回答

体力には自信があります。まず頑張ってみます。と答えました。毎日…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半女性/ショップスタッフ【結果:入社】

質問

入社したら何がしたいか

回答

販売数を伸ばしたい。(おそらくトラブルを起こさないか接客ができる…(口コミの続きとアドバイスを見る

メガネスーパーの採用面接に向けて

メガネスーパーの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。


●「社員一人ひとりの成長を支援し、『眼の健康寿命』に配慮したアイケアサービスを提供する『アイケアカンパニー』を目指す」という社風を理解して、これに合致した人材であるとアピールする。

●企業理念のアクションを理解して、これに沿った自己分析をして自己PRに繋げる。

●競合他社についても研究し、「なぜメガネスーパーか」に対する答えを明確にしておく。


これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするように心がけましょう。

この記事の執筆者

大学を卒業後、ビル衛生管理業務会社に入社。人事部で新卒採用を担当。選考会から内定者フォロー業務に従事。