記事総数:5

公開中の記事


【19年12月期】クックバッド、最終赤字も豊富なキャッシュが「投資フェーズ」支える

【19年12月期】クックバッド、最終赤字も豊富なキャッシュが「投資フェーズ」支える

国内向けレシピサービスで不動のシェア1位を誇るクックパッド。2019年12月期決算では最終赤字に転落するなど業績が悪化しています。しかし会社は「投資フェーズ」と位置づけ、既存事業の磨き上げと新規事業の模索を続けています。それを支えるのが豊富なキャッシュです。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


【19年3月期】ヤマトHD、株価は1年前の半分に 20年3月期業績予想の下方修正繰り返す

【19年3月期】ヤマトHD、株価は1年前の半分に 20年3月期業績予想の下方修正繰り返す

ヤマト運輸を傘下に置くヤマトホールディングスの株価が低迷している。20年3月期の上期決算では主力のデリバリー事業が赤字に。人手不足や人件費の高騰もあいまって、四半期ごとに業績予想の下方修正を繰り返しています。財務諸表などから会社の現状と課題を整理します。


【19年3月期】SGホールディングス 業績好調でも株価が下落する2つの理由

【19年3月期】SGホールディングス 業績好調でも株価が下落する2つの理由

国内の個人向け宅配事業ではヤマト運輸に次ぐシェアを誇るSGホールディングス。利益率が低くなりがちな運輸業界で、高水準の利益率を保っている一方、株価は低迷が続いています。業界を取り巻く環境を踏まえながら、財務諸表をもとに分析していきます。


【19年3月期】在来線の9割超が赤字のJR九州 駅ビル・不動産・ホテル事業を強化

【19年3月期】在来線の9割超が赤字のJR九州 駅ビル・不動産・ホテル事業を強化

九州旅客鉄道(JR九州)が2016年10月に東証1部上場を果たして早2年。鉄道事業に加え、飲食業や不動産事業、「ななつ星」をはじめとする寝台列車や観光列車などの多角化戦略で、9期連続の増収と過去最高収益を達成しています。その一方で在来線の9割超が赤字という問題も。財務分析を中心に、会社の現状と今後の課題を整理します。


【19年3月期】在来線の収益が減るJR西日本 どの事業で穴埋めするのか?

【19年3月期】在来線の収益が減るJR西日本 どの事業で穴埋めするのか?

JR東日本に次ぐ鉄道営業距離2位を誇るJR西日本(西日本旅客鉄道)。山陽新幹線と北陸新幹線(一部)というドル箱を抱え、過去最高売上高を記録しながらも、在来線における将来の減収が見込まれています。今後はどの事業で穴埋めするべく、どんな成長投資を行っているのか。財務諸表を基に経営状況と今後の見通しを分析します。