【面接対策】バロックジャパンリミテッドの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】バロックジャパンリミテッドの中途採用面接では何を聞かれるのか

自社製造から販売まで手掛けるアパレルのバロックジャパンリミテッド。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


バロックジャパンリミテッドの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

独自ブランドを多品種小ロット型で展開し、カリスマ販売員を流行させギャル文化を牽引してきたバロックジャパンリミテッド。原点として「お客様視点で感じ、考える」ことをあげています。そんな同社にとって「お客様からどう見られているか」も重要な視点。ブランドごとのコンセプトに合わせるため、店頭に立つ際は身だしなみに細かな取り決めがあるといいます。たとえば特徴的なのはショップスタッフの髪形やメイクに対する取り組み。ブランドのテーマに合わせて化粧品を購入するよう指示があり、朝一で店舗ごとにメイクアップ指導も行われています。髪を切ったり染めたりする際にも上司への相談が必要との声もありました。こうした取り組みに対して「ブランドに対するプロ意識が高い人達と働ける」と評価する声もあれば「自分の自由にできない環境が息苦しい」と評価する声もありました。

また同社の特徴としてノルマを個人では持たずにチームで持つという点があげられます。それゆえ「店舗のノルマに向かってスタッフ一丸で頑張っていく」「チームで予算達成することを意識」する風土が育まれているようですね。チームで取り組むことが好きな方にはよい環境なのではないでしょうか。ただし、チームでノルマを達成するために「定時に帰れることはなかなかない」というのも社員の声からわかる現状のようです。

目標に向かって、個人がどのように動けるのかも気になるところですよね。同社での個人の動き方について、挑戦できることを特色にあげる社員は多いです。「役職を持っていなくとも様々な事に挑戦できる風土がある」「やる気があれば、仕事をどんどんやらせてもらえる文化」といった声からもその様子がうかがえます。ちなみに同社の企業理念も「挑戦」ですので、同社がいかに1人1人のスタッフがお客様視点で考え、自ら動けるかを重視している風土が伝わってきますね。

「顧客視点を大切にし、チームで目標を持ち、個人で挑戦できる」こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

書類選考後、2回の面接が行われます。1次面接は集団面接、2次面接はブランドマネージャーもしくはエリアマネージャーとの個人面接です。ただし応募時期によっては1次面接から個人面接となることもあります。ちなみに一部職種に応募した場合、最後に全身と上半身の写真を撮られますので、身だしなみも意識して臨みましょう。この時、服装だけではなくブランドのイメージに合わせた髪形やメイクにも気を配ることをおすすめします。

同社の中途での募集職種は、企画デザイナーやカメラマン、ECサイト運営などの本社スタッフからショップスタッフまで多岐にわたります。デザイナーの場合は課題の提出、パタンナーの場合は実技試験がある場合もありますので、応募時の指示をよく確認してください。

面接内容の傾向は?

面接では、自己紹介や転職理由など一般的な質問の後、バロックジャパンリミテッドの各ブランドに対する理解や意向を問われる質問がされる傾向にあります。ブランドのコンセプトや傾向などもつかんだうえで面接に臨むようにしましょう。また、ブランド立ち上げ時のメンバーが上層部にいることもあり、時にはより突っ込んだ質問をされるようです。たとえば過去には「MOUSSYとSLY、どちらも好きなブランドということだが、ジーンズを1本だけ選ぶとしたらどちらを購入するか」といった質問も出ていました。複数の自社ブランドを展開している同社での面接だからこそ、準備として同社内でのブランド比較も行っておきましょう。面接で「なぜそのブランドが好きなのか」問われた際に、他社のブランドとの比較は勿論ですが自社内でのブランド比較も行うことで、より明確な回答ができます。

また「最近気になるニュース」なども聞かれる傾向にあります。この際、ジャンルを問わず気になるニュースを回答するよりはアパレル業界でのニュースや、顧客の購買にかかわるニュースなどを回答することをおすすめします。応募された仕事に対する意欲のPRにもつながります。

バロックジャパンリミテッドの面接対策についてもっと具体的な情報を知りたい場合は、引き続きこの記事をお読みください。面接攻略法や、過去の面接で実際に聞かれた質問内容とその回答例をご紹介します。

バロックジャパンリミテッドの面接攻略法(面接対策)

バロックジャパンリミテッドの経営戦略を理解した上で自己分析をする

バロックジャパンリミテッドの面接を受ける上では、経営戦略を理解しておくことが不可欠です。同社が2019年4月に発表した新中期経営計画には以下のようなものがあります。

バロックジャパンリミテッド 新中期経営計画(1)

バロックジャパンリミテッド 新中期経営計画(2)

バロックジャパンリミテッドの経営戦略は今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの行動指針に合致する人材であることをアピールしましょう。例えば、同社が掲げる基本コンセプトのうち「CoreCompetence」にはお客様視点で開発提案してきた同社の変わらぬ立場があります。そこに「Innovation」が加わっているのが今回の新中期経営計画における注目ポイントといえるでしょう。同社を取り巻く様々なパラダイムシフトに対応するため、様々な挑戦を始めることが明言されています。「重点戦略」の中にはグローバル展開のために本社人員の10%を外国人化することや、データIを活用した利便性の向上などが紹介されていますね。

以上の同社の姿勢から、今後はより多様な人材が企業に集まり、次々と新しい挑戦が行われることが予想されます。そのため変化に対する柔軟性は面接で確認されるポイントとなるでしょう。これまでの仕事で起こった大きな変化と、その時の自分の対応については面接前に簡単にまとめておくことをおすすめします。「仕事で大変だったことは何ですか」や「挫折経験はありますか」と聞かれた際に意識して上記のエピソードを取り入れるようにしてみましょう。またあくまでも同社のベースにはお客様視点がありますので、なぜその対応を行ったのか問われた際にはお客様起点で理由を話すことをおすすめします。

「なぜバロックジャパンリミテッドか」を語るための他社研究も忘れずに

バロックジャパンリミテッドの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜバロックジャパンリミテッドか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面も合わせて見ています。

業界理解や職種理解の枠を超えて、バロックジャパンリミテッドという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。

●株式会社ユナイテッドアローズ
●株式会社パルグループホールディングス
●株式会社アーバンリサーチ

バロックジャパンリミテッドの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、バロックジャパンリミテッドの採用面接を受ける前には、行動指針に基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「顧客視点を大切にし、チームで目標を持ち、個人で挑戦できる」という社風を意識して、変化に柔軟に対応できる人材であると印象付けられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくと良いでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

30代前半男性/服飾デザイナー【結果:入社】

質問

転職理由

回答

ステップアップの為です。今まで経験…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半女性/管理職関連【結果:2次面接を辞退】

質問

当社の洋服はどう思いますか

回答

貴ブランドの洋服、特にボトムス類は…(口コミの続きとアドバイスを見る

30代前半女性/ショップスタッフ【結果:入社】

質問

なぜこの会社を選んだか

回答

ここのブランドが好きだから。今までの…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半女性/ショップスタッフ【結果:2次面接を辞退】

質問

その日のファッションのポイント

回答

受けたブランドの服をきていき、その…(口コミの続きとアドバイスを見る

バロックジャパンリミテッドの採用面接に向けて

バロックジャパンリミテッドの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

●「顧客視点を大切にし、チームで目標を持ち、個人で挑戦できる」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。
●バロックジャパンリミテッドの行動指針を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。
●競合他社についても研究し、「なぜバロックジャパンリミテッドか」に対する答えを明確にしておく。

これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

この記事の執筆者

大学キャリアセンターに対する就職支援コンサルティングに従事後、経団連会員企業で採用戦略の立案や面接官指導などを担当。