【面接対策】アルビオンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アルビオンの中途採用面接では何を聞かれるのか

コーセーの連結子会社であり、「高級品」に特化した化粧品の製造・販売を行うアルビオン。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


アルビオンの採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

1956年、「世界一の高級品メーカーになる」という夢を持って銀座にて創業された同社。現在に至るまで、「高級品」に特化した商品を開発、流通についても百貨店・化粧品専門店に限定するというこだわりを貫いています。

一族経営のオーナー企業という背景から、「トップの意向がそのまま会社の意向」「個人商店がそのまま大きくなったような雰囲気」という独特さを多数の口コミから伺えます。しかしその反面、「企業方針にぶれを感じたことはない」というほど社員からは絶大な信頼を寄せられており、その結果、「社員はみんな自社製品が大好き」「働く社員が、会社と製品を愛している」という一体感と愛社精神にあふれた風土につながっています。

また、伝統的な社員教育についても知られており、特に接客については「アルビオンらしい」接客を身に着けるため、「気働き」、商品知識、マナーなど、様々な角度から教育を受けます。「ただの美容部員としてだけでなく、女性としても成長できる」と、その教育の質の高さについては高く評価されています。その一方で、研修のたびに身だしなみのチェックがあり、「クリアしないと店舗全体の連帯責任としてペナルティがある」「美容業界の中では厳しい、体育会系」と厳格さも兼ね備えているようです。

会社と製品に信頼と誇りを持ち、伝統ある教育によって人材を育成する。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

アルビオンの新卒採用対象の職種は、大きくは2つ、「総合職」と「ビューティアドバイザー職」に分類されます。総合職はさらに、営業職、研究職、生産職という3つに細分化されています。キャリア採用の場合、総合職は所属部署や担当業務などによってさらに細かく募集職種が分かれます。

選考フローは、総合職は基本的には共通しており、WEBエントリー後、書類選考(履歴書・職務経歴書)→ 一次面接(所属長)→ Web適性検査(合否判定なし)→ 最終面接&課題プレゼン(役員・部門長) という流れです。デザイナーの場合は、これに加えて作品を提出する課題選考も追加されます。

ビューティアドバイザー職の場合は、エリア別に募集が行われますが、まず採用サイト上で「中途採用事前エントリー」を実施すると、希望地域にかかわらず中途採用の募集がある際に、メールでお知らせが届く仕組みになっています。その後は、3回の面接を経て内定、という流れです。一次面接と二次面接は「集団面接だった」という口コミも多く見られ、また「一人ひとり違う質問が飛んでくる」こともあるそうなので、どのようなケースでも落ち着いて答えられるように準備をしておきましょう。

面接内容の傾向は?

アルビオンの面接には、「会社と製品に信頼と誇りを持ち、伝統ある教育によって人材を育成する」社風が大いに反映されています。

面接では、「多くのブランドの中で、ここを志望する理由は?」「この会社の商品は使ったことはあるか?」「自分が気に入っている化粧品を紹介してください」など、自社製品に関わる質問が多く出題されます。会社および製品についてどれだけ理解しているか、そしてこだわりと愛情を持っているかを確認していることが分かります。

また、「実際に店舗を見てどう思った?」と聞かれることも。会社や製品について情報を得るだけではなく、実際に商品を使ったり、店舗にも足を運ぶことも、面接前の準備として必要でしょう。

前項の通り、集団面接のケースもありますが、面接は「和やかな雰囲気」であり、「圧迫面接ではなかった」とのこと。一方、「メイクや服装などもきちんとしておくことも大事」という口コミも見られるため、しっかりと準備をしておきましょう。

アルビオンの面接攻略法(面接対策)

アルビオンの企業理念・メッセージを理解した上で自己分析をする

アルビオンの面接を受けるにあたって、同社で大切にされている企業理念・メッセージについて理解を深めることが重要です。

1996年(平成8年)、創立40周年を機に、
アルビオンの原点であるスキンケアをテーマにしたメッセージを改めて掲げました。
創業当初から貫いている、「素肌」に寄り添い、「素肌」で感じ、「素肌」で考える、
“肌実感”“効果実感”からはじまる商品づくりへの姿勢を表しています。

企業理念からは、「高級品」にふさわしい品質とサービスを追求すること、メッセージからは、「素肌」に寄り添う、というお客様を大切にする思いが読み取れます。こうした考えに共感することを、具体的なエピソードを用いて、面接の場でアピールすることが重要です。例えば、これまでの職務経験において、自社製品のブランドイメージを大切にするため、こだわり、工夫してきたこと、そして顧客満足を第一とし、それを実現するために取り組んできたことについて具体的に紹介するとよいでしょう。

「なぜアルビオンに転職したいのか」の明確化には他社研究を

アルビオンの面接では、「なぜアルビオンなのか」という質問を必ずと言っていいほど確認されます。面接官はこの質問を通して、数ある同業他社の中で、「なぜ同社を選んだのか」「本当に同社について理解しているのか」を確認しようとしています。

この質問に対して明確に回答するためには、同社のみならず、同業他社についても研究することが必要です。以下に挙げるような同業他社について、事業内容や企業理念などについて違いを明確にし、「なぜアルビオンなのか」を説明できるようにしておきましょう。

  • 株式会社資生堂
  • 花王株式会社
  • 株式会社カネボウ化粧品
  • 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
  • 日本メナード化粧品株式会社

アルビオンの採用面接で実際に聞かれた質問内容

ここまで、社風や面接内容、企業理念などについて理解を深めることで、求める人物像についてイメージが掴めてきたのではないでしょうか。面接の場では、「会社と製品に信頼と誇りを持ち、伝統ある教育によって人材を育成する」社風を意識して、「自社製品のブランドイメージと顧客第一を実現することができる人材」と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくとよいでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

株式会社アルビオンの面接で聞かれた質問内容(キャリコネ)

[20代前半・男性/法人営業] 【結果:入社】

質問

他の大手企業は受けないんですか?

回答

非常に長い選考期間でしたが、その分自分をしっかり見ていただけた…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/ショップスタッフ] 【結果:入社】

質問

前職で頑張ったことは?

回答

比較的優しい面接官でした…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/ショップスタッフ] 【結果:最終面接で不採用】

質問

アルビオン製品以外で、お薦めの化粧品を教えてください

回答

最終選考も合同面接なので、その時の雰囲気が良くも悪くも影響…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・女性/ショップスタッフ] 【結果:一次面接で不採用】

質問

志望動機やアレルギーの有無等、一般的な質問だった

回答

面接自体は割と和やかな雰囲気…(口コミの続きとアドバイスを見る

アルビオンの採用面接に向けて

アルビオンの中途採用面接を受けるにあたって、押さえていただきたいことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下3つのポイントです。

  • 「会社と製品に信頼と誇りを持ち、伝統ある教育によって人材を育成する」社風を意識して、「自社製品のブランドイメージと顧客第一を実現することができる人材」であることを具体的なエピソードをもってアピールする。

  • アルビオンの企業理念・メッセージを理解し、これをもとに自己分析を行い、自己PRにつなげる。

  • 競合他社や業界について理解を深め、「なぜアルビオンなのか」に対する答えを準備しておく。

上記3つについて準備を進め、面接当日は、リラックスして、同社及び製品に対する愛情とこだわり、仕事に対する思いをしっかりと伝えましょう。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。