【面接対策】アイフルの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アイフルの中途採用面接では何を聞かれるのか

「そこに愛はあるんか?」でおなじみの、消費者金融大手アイフルへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


アイフルの採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

「リテール総合金融グループ」として、消費者向け無担保ローン事業や事業者ローン事業、決済代行業を展開するアイフル。同社は1967年の創業以来、業界唯一の独立系ノンバンクとして成長を続けています。直近では執行役員制度が導入されたことで、意思決定はさらに早くなり、そして年功序列から能力評価主義へ移行を進めています。口コミを見ても、「年齢に関係なく、能力があり成果が出せれば権限やポジションを与えられる」「学歴差別はなく、できる人には任せてくれるので働きがいはある」と、年齢やバックグラウンドに関係なく、実力が評価されるフラットな風土が感じられます。

また、過去の行政処分の経緯もあり、「コンプライアンスが非常に重視される」のも同社の特徴の一つ。「何を行うにしても自社規定に沿って行うため、煩雑な手続きは多い」という面はあるものの、「なぜその事象が起きたのか、みんなで考え、トラブルを未然に防ぐ」ことや、「良い提案であれば積極的に採用される」という姿勢が、文化として根付きつつあることが分かります。

実力主義でフラットな風土でありつつ、コンプライアンスを重視し、より良い仕事の進め方を追求する。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

アイフルの職種は、部署間移動・グループ会社への異動(転勤)の可能性がある「総合職」と、勤務地・職務が限定された「一般職」の大きく2つに分類されます。キャリア採用の場合は、「エンジニアリング」「デザイン・アート」「マーケティング・PR」「コーポレート系」「その他」の5つの中で、ポジションや担当業務などによってさらに細分化されています。

選考のプロセスは、WEBエントリー後、面接が3回行われます。口コミによると、面接官は、「一次面接は人事部、二次面接は配属部署の部長、最終面接は役員」だそうです。「面接は2回だった」というケースもあるようなので、予め選考のプロセスについては、エントリー時に確認するようにしましょう。

面接内容の傾向は?

アイフルの面接では、消費者金融という業種であるがゆえ、まず「当社を受けることを家族は反対していないか?」と、家族の理解が得られているかを必ずと言っていいほど確認されます。この質問で、入社する際に問題がないかを確認するとともに、同社の事業内容を理解しているかどうかについても確認しようとしています。「ある程度金融知識を持っていたほうが面接の際に受けが良い」「他社との事業内容の違いや、消費者金融がもたらすメリットについて調べておいたほうがいい」といった声が多く見られます。

面接は、「終始穏やかな雰囲気」「かなりフレンドリー」との声が多く、和やかな雰囲気で行われるようです。事業内容や金融に関する知識とともに、「コミュニケーションスキルが重視される」という口コミが多く見られます。「リラックスして、素の自分を出せれば大丈夫」だそうですが、想定質問については予め自分の考えをまとめたうえで、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

アイフルの面接攻略法(面接対策)

アイフルの経営戦略・重点施策を理解した上で自己分析をする

アイフルの面接を受けるにあたっては、同社の「経営戦略・重点施策」を理解することが肝要です。

コーポレートサイト→「経営戦略・重点施策」より

●「多角化の推進」
経営の安全性を求め、主力事業であるローン事業の残高の増加を図りつつ、保証事業や海外事業など、その他の事業での占有比率を高め、金融の多角化の推進と事業ポートフォリオの分散を進めております。
●「利益基盤の強化」
安全性・収益性、高い成長率を求めて利益基盤の強化を図っております。
安全性の指標となる自己資本比率は20%を目指しつつ、収益性では営業アセットの増加によるトップラインの拡大を図るとともに、調達コストの低下やBPR・RPAの導入による合理化、効率化でコスト削減に努めております。中期的なROAは2%超、ROEは10%超を目指しております。また、高い成長率では、主力のローン事業をはじめ、クレジットカード事業、保証事業、海外事業の残高拡大により、年間10%以上の営業アセットの成長を目指しております。
●「M&A・投資の拡大」
高い成長率と収益性を求めてM&Aや投資の拡大を図っております。
●「組織・人材レベルアップ」
変化と能動性を求めて、組織・人材のレベルアップを図っております。
●「ITによる営業拡大・コスト削減」
変化を求めてIT投資による営業拡大とコスト削減を図っております。

上記のように、アイフルでは5本の柱が重点施策として設定されています。これらについて理解するとともに、貢献できる人材であることを、過去の職務経験をもとにアピールすることが重要になります。例えば、過去に新規事業を立ち上げた経験がある場合には、前例に囚われずに新しい領域に挑戦したこと、その一方で安定性や収益性も確保できるように工夫したことについて紹介するとよいでしょう。そしてそのプロジェクトを推進するにあたり、組織の垣根を越えて柔軟に人材を活用してきたことについて触れることも、有効な自己PRとなるでしょう。

「なぜアイフルに転職したいのか」の明確化には他社研究を

アイフルの面接では、「なぜアイフルなのか」を必ずと言っていいほど聞かれます。上述の通り、業界や同社について理解を深めているかを確認するとともに、数ある競合他社の中で、「なぜアイフルを選んだのか」についても確認しようとしています。この質問に対して明確に回答するためには、競合他社についての研究が不可欠です。以下に挙げる競合他社を参考に研究を進め、業界全体について把握することはもちろん、アイフルならではの強み・独自性について理解し、志望動機として整理しておきましょう。

  • アコム株式会社
  • 株式会社SMBCモビット
  • 株式会社新生銀行

アイフルの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、アイフルの採用面接を受けるには、社風や面接内容について理解を深めるとともに、経営戦略・重点施策に基づいた自己分析や、他社研究を通した志望動機の整理が重要です。そして面接の場では、「実力主義でフラットな風土でありつつ、コンプライアンスを重視し、より良い仕事の進め方を追求する」社風を意識して、「安定性と収益性を確保しつつ、新たなことに挑戦し、組織の垣根を越えて柔軟にチームワークが発揮できる人材」と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくとよいでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

アイフル株式会社の面接で聞かれた質問内容(キャリコネ)

[20代後半・男性/社内SE] 【結果:入社】

質問

貸金業の資格を取得する意欲はあるか?

回答

ある程度金融知識を持っていたほうが面接の際に受けが良い…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/サポートエンジニア] 【結果:二次面接で不採用】

質問

転職に関して、家族の理解は得られているか?

回答

親の年代を聞かれ、会社の事を知っているかなど、しつこく確認された…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代後半・女性/カウンターセールス] 【結果:内定を辞退】

質問

当社を受けることを家族は反対したのではないか。

回答

ここの会社だけの特色を良く調べて自信をもって答えること…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代後半・男性/カウンターセールス] 【結果:入社】

質問

取り立ての仕事に抵抗はありますか?

回答

金融会社に対してこれまで自分が持っていたイメージを聞かれる…(口コミの続きとアドバイスを見る

アイフルの採用面接に向けて

アイフルの採用面接を受けるにあたって、押さえていただきたいことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下3つのポイントです。

  • 「実力主義でフラットな風土でありつつ、コンプライアンスを重視し、より良い仕事の進め方を追求する」社風を意識して、「安定性と収益性を確保しつつ、新たなことに挑戦し、組織の垣根を越えて柔軟にチームワークが発揮できる人材」であることを、具体的なエピソードを持ってアピールする。

  • アイフルの経営戦略・重点施策に基づいた自己分析を行い、有効な自己PRにつなげる。

  • 競合他社の研究を通し、「なぜアイフルなのか」に対する答えを明確にしておく。

これらを参考に準備を進め、面接当日は、リラックスして、自分の言葉で入社への想いと仕事に対する情熱を伝えるようにしましょう。

アイフルの経営企画、事業部長など非公開のハイレイヤー求人や法務・人事など管理部門求人、社内SEなどエンジニア求人の転職をより確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

事業部長クラスや本社部門など非公開のハイレイヤー求人、外資系や年収800万円以上のエンジニア・営業のハイクラス求人への転職を確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。