【面接対策】夢真ホールディングスの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】夢真ホールディングスの中途採用面接では何を聞かれるのか

近年の拡大する建設需要の中、建設技術者やエンジニアの派遣業を展開している夢真ホールディングスへの転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、「人がら」も評価されます。多角的に評価されるので事前にしっかり対策をしましょう。


夢真ホールディングスの採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

夢真ホールディングスは、建設技術者やエンジニアの派遣を事業としています。 オリンピックや都市開発の影響で建設需要は高まり、建設投資額は過去10年で30%増加しました。一方で、建設業界で働く人材の高齢化が進んでおり、就業者数も減少。そんな中で同社は、建設業界の課題を解決するために技術者の採用と育成を行い、現場への派遣を行っているのです。

年功序列ではなく成果主義的な社風のようで、「不可能を可能にする」という言葉を上司に言われるくらい、結果への強いコミットメントを求められます。結果を出すとインセンティブとして返ってくるため、積極性が高い人に向いているでしょう。 また、現場では大手ゼネコンや職人などさまざまな人と一緒に仕事をするため、高いコミュニケーション力が必要になるという口コミも多く寄せられています。

「自分が携わった建物が完成するときは嬉しく達成感がある」「色々な人に助けられながら成長できる」という声もあり、現場でのさまざまな経験がやりがいに繋がっているようです。

選考は何次まで?

コーポレートサイトによると、書類選考後、面接が1回行われます。筆記試験はありません。

募集職種は、建築プロジェクトマネジメントをする管理系事務職、CADオペレーター、建設技術職、建築管理業務とITエンジニア業務をする建設IT職があります。

口コミによると、面接は同社のオフィスにあるカフェのようなフリースペースで行われることが多いようです。面接官は明るい方が多く話しやすい雰囲気で世間話をするように進むとのことです。

面接内容の傾向は?

面接では、「なぜ建設業界を志望したか」「長所・短所」「前職の内容」など、オーソドックスな質問がされています。
口コミによると、「建物を作るのに、どのような過程が必要か」「建物を見て魅力に感じること」「なぜ数ある職種の中で建設を選んだのか」ということも聞かれているので、建設業界についてどのくらい理解しているかが面接で評価されるポイントと言えるでしょう。

また、建設現場は体力勝負な部分もあるので、体力面についても聞かれることがあるようです。現場によっては残業時間も多く土日も出勤する可能性があるという口コミも寄せられているので、自分の体力とストレス耐性、プライベートとのバランスなどを考えて選考を受けるようにしましょう。

なお、管理系事務職で応募しても面接の中で技術職への変更を勧められることがあるようです。事前に全職種について理解を深め、自分の意思を伝えられるように準備しておくことをお薦めします。

夢真ホールディングスの面接攻略法(面接対策)

夢真ホールディングスの基本方針を理解した上で自己分析をする

夢真ホールディングスの面接を受ける上で、基本方針を理解しておくことが必要不可欠です。

基本方針 ~ グループ技術者1万人体制を前倒しで実現、営業利益100億円へ ~

近年、建設・IT業界は空前の人材不足に陥っています。2020年の東京オリンピック後にも都内の主要地域で大型プロジェクトが計画されており、IT業界も市場規模は年々拡大しています。一方で、企業は人材の採用確保に苦戦を強いられ、慢性的な人手不足が課題となっています。

このような外部環境から、夢真ホールディングスは、「派遣業は成長産業である」と考えています。同社は今後も戦略的に採用投資を行い、「グループ採用人数1万人」を目標に掲げています。採用後の研修にも投資して人材の早期即戦力化を図り、人材派遣で建設業界全体の生産性向上に貢献していく予定です。

株式会社夢真ホールディングス コーポレートサイトより

これまで注力してきた未経験者に加えて業界経験者、女性エンジニア、外国人(海外人材)を積極的に採用していく予定です。

特に、海外人材については日本国内の少子高齢化に伴い、ニーズが高まりつつあります。
今後を見据えて、同社は世界各地に日本語学校を設立しました。 数年後には、「日本語教育を受けた外国人技術者を日本に年間1万人供給する」ことを明確な戦略として打ち出しています。

同社が目指す目標に向けて、自分は建設業界で何をしたいのか、何ができるのかをしっかり語れるようにしておくことが大切です。 戦略を十分に理解した上で、自己分析に落とし込み、この中期経営計画にマッチした人材であることをアピールできるよう対策しましょう。

株式会社夢真ホールディングス コーポレートサイトより

「なぜ夢真ホールディングスに転職したいのか」の明確化には他社研究が必要

夢真ホールディングスの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜうちの会社なのか」というものがあります。

面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面もあわせて見ています。

業界理解や職種理解の枠を超えて、夢真ホールディングスという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。

  • 株式会社メイテック
  • 株式会社ワールドホールディングス

夢真ホールディングスの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、夢真ホールディングスの採用面接を受ける前には、基本方針に基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では「不可能を可能にする」「成果主義による結果への強いコミットメント」という社風を意識し、「困難な状況であっても積極的に動ける」人材であると印象付けられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくと良いでしょう。

ここで口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた情報から、面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

[30代前半・男性/施工管理] 【結果:入社】

質問

なぜ建設業界を志望したか

一人旅が好きで、旅で多くの建築物を見るのが好きだったから。…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/施工管理] 【結果:入社】

質問

志望動機、今までの会社の入社、退社理由、長所短所。

回答

一般的なありふれた質問しか出なかった印象。…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/その他] 【結果:入社】

質問

前職は何をしていましたか?

回答

趣味やプライベートなことを多く聞かれる。…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・男性/営業] 【結果:入社】

質問

建物を作るのに どのような過程が必要か

回答

建設関係は まったくの無知でしたので答えられる事…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/システムアナリスト] 【結果:入社】

質問

いくら稼ぎたい?

回答

1000万円プレイヤーになりたいです。どうせやるなら…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/施工管理] 【結果:入社】

質問

具体的な夢設計と会社に求めているもの

回答

設計士になりたいことをお伝えし、その理由を…(口コミの続きとアドバイスを見る

夢真ホールディングスの採用面接に向けて

夢真ホールディングスの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 「不可能を可能にする」「成果主義による結果への強いコミットメント」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

  • 夢真ホールディングスの基本方針を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。

  • 競合他社についても研究し、「なぜか」に対する答えを明確にしておく。

これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

事業部長クラスや本社部門など非公開のセグゼクティブ・ハイレイヤー求人、外資系や年収800万円以上のエンジニア・営業のハイクラス求人への転職を確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントに直接登録されたい方はこちらのフォームをご利用ください。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者