【面接対策】日立ソリューションズの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】日立ソリューションズの中途採用面接では何を聞かれるのか

日立グループの情報通信分野の中核を担う、システムインテグレーターである日立ソリューションズへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


日立ソリューションズの採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

2010年、日立ソフトウエアエンジニアリングと日立システムサービスが合併し設立された同社。日立グループの情報通信分野を担う中核企業として、製造・流通・通信業を中心とした顧客に対し、ITソリューションを提供しています。

「社会を支えるプロジェクトに関われる」「大規模案件や先端技術の案件に関わる事が多い」という声が多く見られるのは、日立グループならではと言えるでしょう。仕事の規模のみならず、その進め方についても、「システムエンジニアの上流工程から下流工程まで一貫して行うことができる」「仕事の基本的な仕組みや最新技術の動向など学べる」と、自分の成長実感を感じられることも大きな魅力であると言えます。

さらに、「自分のやる気次第でとことん仕事を任せてもらえる」「やりたいと言えば、若ければ若いほど温かく周囲の人が見守ってくれる」と、若手の成長をサポートする風土もしっかりと根付いているようです。

若手の成長を支援する風土の中で、社会を支える大規模なプロジェクトに上流から下流まで関わることで、自分自身の成長を感じることができる。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

日立ソリューションの新卒採用における募集職種は、システム開発、ITコンサルタント、ソリューション提供を担当する「システムエンジニア」、システムやプロダクトの「営業」、人事・経理などの「管理部門スタッフ」の大きく3つに分類されています。キャリア採用の場合は、さらに担当プロジェクトや部門などによって細分化されています。

選考のプロセスは、WEBエントリー後、面接が2回行われます。口コミを見ると、「SPI試験が実施された」「最終面接では、人事担当者だけでなくSEも面接官として参加していた」という声も。また筆記試験については、「合格点は、中途でも新卒と同様」に設定されているという口コミも見られるため、しっかりと準備して臨むようにしましょう。

面接内容の傾向は?

日立ソリューションズの面接には、「若手の成長を支援する風土の中で、社会を支える大規模なプロジェクトに上流から下流まで関わることで、自分自身の成長を感じることができる」社風が大いに反映されています。

「この会社でやりたいことは?」「仕事をする上で一番大切なことは?」という質問は必ずと言っていいほど聞かれ、キャリアビジョンや仕事に対する姿勢・価値観を確認されます。同社が手掛ける仕事の規模や社会的な意義についてしっかりと調べ、こうしたプロジェクトに携わることへのやる気をアピールすることが重要だと言えます。また、周囲のメンバーと協力することや、人材育成にも積極的な姿勢についても同様です。

また、面接に関する口コミにおいて散見されるのが、「質問内容はオーソドックスだが、論理的に筋道を立てて答えることが大切」というもの。「面接の雰囲気は基本的に和やか」だそうですが、「回答内容に矛盾やあいまいさがあると、容赦なく追求される」こともあるようです。想定される質問に対する回答は、あらかじめ準備し、面接官に簡潔に、熱意を持って伝えられるように備えることが必要だと言えます。

日立ソリューションズの面接攻略法(面接対策)

日立ソリューションズの経営ビジョンと行動指針を理解した上で自己分析をする

日立ソリューションズの面接を受けるにあたって、同社の経営ビジョンおよびこれを実現するための行動指針を理解しておくことが必要です。

コーポレートサイトより『経営ビジョン』

●社員行動指針:経営ビジョンを実現するために、社員がとるべき行動の指針です。
・一人ひとりがお客様目線で考え、自律的に行動を起こす。
・誠実な姿勢とみなぎる情熱をもって、最後までやり遂げる。
・多様性を重んじ、目標に向かい一体となって取り組む。
・高い専門性を活かして、期待を超える価値を創出する。
・広い視野と深い洞察で、未来のあるべき姿を描く。
・柔軟な発想で、未知の領域に挑戦しつづける。

上記の経営ビジョンと行動指針に共感することを、過去の職務経験をもとに、具体的なエピソードを持ってアピールすることが重要となります。例えば、過去に担当したプロジェクトにおいて、「広い視野とグローバルな発想で、高い目標を掲げてきたこと」「それを実現するために、どんな困難があってもリーダーシップとチームワークを発揮して乗り越えてきたこと」について、論理的に簡潔に伝えられるとよいでしょう。

「なぜ日立ソリューションズに転職したいのか」の明確化には他社研究を

日立ソリューションズの面接では、「なぜ同社なのか」という質問を必ずと言っていいほど投げかけられます。面接官はこの質問を通して、「この人は同社で何をしたいのか」「どんなキャリアビジョンを描いているのか」について確認するとともに、「本当に同社のことを理解しているのか」という点についても確認しようとしています。数ある競合他社の中で、なぜ日立ソリューションズを選んだのか、それに対する答えを準備するためには、業界および競合他社についての研究は不可欠です。以下に競合他社をご紹介しますので、参考にしてください。

  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)
  • 富士通Japan株式会社
  • NECソリューションイノベータ株式会社
  • SCSK株式会社
  • 株式会社大塚商会

日立ソリューションズの採用面接で実際に聞かれた質問内容

ここまで、日立ソリューションズの社風や面接内容、経営ビジョンなどについてご紹介してきました。同社の求める人物像について、イメージがつかめてきたのではないでしょうか。面接の場では、「若手の成長を支援する風土の中で、社会を支える大規模なプロジェクトに上流から下流まで関わることで、自分自身の成長を感じることができる」社風を意識して、「グローバルな視点を持って、高い目標を掲げ、リーダーシップとチームワークを発揮してそれを実現できる人材」と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくとよいでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

株式会社日立ソリューションズの面接で聞かれた質問内容(キャリコネ)

[30代前半・女性/プロジェクトリーダー] 【結果:二次面接で不採用】

質問

前職のほうが、仕事として面白かったのでは?

回答

自分でも実際に実機を扱い、作業をすることができると思った…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/システムエンジニア] 【結果:内定を辞退】

質問

あなたの尊敬する人は?

回答

とにかくその企業の研究を怠らないようにしたほうがいい…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/財務] 【結果:二次を辞退】

質問

なぜアメリカはIFRSを採用しないと思う?

回答

質問に的確に答えることが大事。暗記したのを話すのはダメ…(口コミの続きとアドバイスを見る

日立ソリューションズの採用面接に向けて

日立ソリューションズの面接を受けるにあたって、押さえていただきたいことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下3つのポイントです。

  • 「若手の成長を支援する風土の中で、社会を支える大規模なプロジェクトに上流から下流まで関わることで、自分自身の成長を感じることができる」社風を意識して、「グローバルな視点を持って、高い目標を掲げ、リーダーシップとチームワークを発揮してそれを実現できる人材」であることを、具体的なエピソードを持ってアピールする。

  • 日立ソリューションズの経営ビジョンと行動指針を理解し、これに沿った自己分析を行い、有効な自己PRにつなげる。

  • 業界・他社研究を通して、日立ソリューションズを志望する理由を明確にする。

これらを参考の準備を進め、面接当日は、どんな質問に対しても論理的かつ簡潔に答えるとともに、情熱とやる気をしっかりと伝えましょう。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。