【面接対策】NEC(日本電気)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】NEC(日本電気)の中途採用面接では何を聞かれるのか

通信系電機大手、IT系事業等を幅広く手がける日本電気(NEC)への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しましょう。


NECの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

日本電気(以下、NEC)は、1899年の創業当初より、「ベタープロダクツ・ベターサービス」をモットーに幅広く事業展開してきました。顧客も官公庁や大手企業が中心で、国家プロジェクトや企業の経営課題の解決にあたることが社員のやりがいにつながっており、「社会インフラの一端を担っている実感がある」「大企業の変革に立ち会うことができる」といった口コミも多く見られます。

またNECは、大陸間の光海底通信ネットワークの構築や、「かぐや」「はやぶさ」などの宇宙衛星開発など、技術力の高さでも知られています。これは「人ひとりを大切に」という人材開発のポリシーがあるからこその実績。「真のプロ」を生み出すために、充実した研修制度・人事制度が整備されているのはもちろんのこと、若手のうちから大きな仕事を任せてもらえることも大きな特徴です。「とにかく若手にチャンスをくれる」「やりたいことにチャレンジできる」という声も多く見られるように、社員の満足度も高いと言えます。

個人個人に大きなチャンスが与えられる一方で、会社として手がけるプロジェクトが大規模であることから、「協調性を大切にする社風」「チームで仕事を成し遂げることに達成感」という声も見られます。チーム一丸となり、互いに協力し合って仕事に取り組む風土が根付いていることから、社内調整に時間を要したり、意思決定プロセスが複雑であったりという一面もあるようです。その分、社内でのコミュニケーション能力や効率的に段取りを行う調整力も必要となるでしょう。

大きな組織の中で、チームでプロジェクトに携わるという特性上、「歯車の一部と感じることもあるので、自分なりに考えて仕事を進めないと作業者になってしまう」という側面はやはり否めないようです。しかし一方で「何事も前向きに対応する姿勢を持って臨めば、必ず誰かが見ている」「どんな些細な仕事でも一生懸命に覚えようとする態度でいれば、周りが一緒に働きたいと周りが思ってくれ、やはりプロ集団だなと感じた」という声も見られます。

一人ひとりが「真のプロ」となるとともに、全員がチームワークを発揮してビッグプロジェクトを推進する。こうしたバランス感覚が非常に重視される社風で、これにフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

NECの中途採用プロセスは、書類選考と2回の面接です。1次面接は現場社員(部長、事業部長クラス複数名)と人事担当者によるもの、最終面接は人事役員が担当します。

募集職種は「営業」「コンサルティング」「システムエンジニア・サービスエンジニア」「設計開発(ソフトウエア)」「設計開発(ハードウエア)」「研究開発」「スタッフ」の大きく7つに分類されます。それぞれの職種において、担当業界や専門領域によってさらに細分化されるため、募集職種の全体像を把握した上で「その中でもなぜその職種に応募したのか」という点を明確に説明できるようにしておきましょう。

面接内容の傾向は?

面接内容には、「1人ひとりが『真のプロ』となるとともに、チームでの協調性を大切にする」という社風が大いに反映されています。「自分の長所・短所は?」「NECでどのような貢献ができるか?」といった質問に代表されるように、自分が何を強みと認識しているのか、その強みをNECでどう活かしたいのかを具体的に問われます。このようなやり取りの中で、自己評価とチーム内での立ち位置についてのバランス感覚を確認し、仕事を進める上でチームワークを大切にしているかどうかも見られるようです。

また、「SIerとして今後どうあるべきか」「今後の事業展開をどう考えるか」というように、事業内容や経営戦略に関する質問も多く出されます。これらについてもしっかりと対策しておくことが必要です。

NECの面接対策についてもっと具体的な情報を知りたい場合は、引き続きこの記事をお読みください。面接攻略法や、過去の面接で実際に聞かれた質問内容とその回答例をご紹介します。

NECの面接攻略法(面接対策)

NECの経営理念「NEC Way」を理解した上で自己分析をする

NECの面接を受ける上では、「NEC Way」と呼ばれる経営理念を理解しておくことが不可欠です。この「NEC Way」は、以下の4つで構成されています。

これは、NECの企業カルチャーの土台となる価値観。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの「NEC Way」に合致する人材であることをアピールしましょう。

NECは1人ひとりが「真のプロ」となることを求められる社風ですが、これに沿ったエピソードを「NECグループバリュー」の視点から分析して紹介することで、より強力なアピールになります。例えば、自分の専門性を磨くためにどのような取り組みをしてきたかというエピソードは、「自助」のアピールにつながります。また、その「自助」の姿勢を持ちつつ、チームワークを発揮して困難を乗り越えてきた経験も盛り込むことで、「共創」の側面も伝えることができるでしょう。

携わってきた仕事内容に対しては、「ベタープロダクツ・ベターサービス」「イノベーションへの情熱」の観点から掘り下げることでエピソードに深みが出ます。業務内容やそこにかけた想い、業界全体の動向についての考察や、それを踏まえての自身のビジョンなどについて、できるだけ具体的に説明すると良いでしょう。

「なぜNECに転職したいのか」の明確化には他社研究が必要

NECの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜNECか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面も合わせて見ています。

業界理解や職種理解の枠を超えて、NECという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。

  • 富士通株式会社
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社

NECの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、NECの採用面接を受ける前には、「NECグループバリュー」の行動指針に基づいた自己分析や、他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、一人ひとりが「真のプロ」となることを大切にしつつ、チーム一丸となって大きなプロジェクトに携わるという社風を意識して、「自分の強みをしっかりと認識した上で、組織に貢献できる人材」であることを印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくと良いでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

27歳男性/システムエンジニア【結果:2次面接で不採用】

質問

自分の長所をどう活かし貢献するプランか。

回答

これまでの経験を話し、その中で…(口コミの続きとアドバイスを見る

44歳男性/デジタル回路設計【結果:1次面接で不採用】

質問

この職場でどのような仕事ができますか?できると思いますか?

回答

自分の回路設計の技術を生かし、衛星の制御等の…(口コミの続きとアドバイスを見る

33歳男性/システムコンサルタント【結果:1次面接で不採用】

質問

どうすればよりグローバルなベンダーになれると思いますか。

回答

マーケティング力の強化とプラットフォームを…(口コミの続きとアドバイスを見る

33歳男性/商品企画【結果:入社】

質問

仕事のストレスがたまったらどうしますか?

回答

仕事を趣味で発散するのも一つ方法ですが…(口コミの続きとアドバイスを見る

NECの採用面接に向けて

NECの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 1人ひとりが「真のプロ」となることを大切にしつつ、チーム一丸となって大きなプロジェクトに携わるという社風を意識して、「自分の強みをしっかりと認識した上で、組織に貢献できる人材」であることを自分の言葉でアピールする。

  • NECの行動指針「NECグループバリュー」を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。

  • 競合他社について研究し、「なぜNECか」に対する答えを明確にしておく。
これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【平均年収814.8万円】NEC(日本電気)の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収814.8万円】NEC(日本電気)の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】NEC(日本電気)の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【20年3月期】NEC、23年ぶり最高益 世界一の「顔認証技術」をポストコロナで活かせるか

【20年3月期】NEC、23年ぶり最高益 世界一の「顔認証技術」をポストコロナで活かせるか

ITバブル崩壊以降、半導体やPCなどの事業売却や人員整理を行うなど長い低迷期にあった日本電気(NEC)。2020年3月期決算で23年ぶりに過去最高益を更新するまでに回復を果たしました。今後もポストコロナの「New Normal」を支えるIT社会基盤への貢献が期待されます。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


【19年3月期】NEC、リストラ費用で増収減益 海外売上の大幅増を目指す

【19年3月期】NEC、リストラ費用で増収減益 海外売上の大幅増を目指す

富士通や日立とともに「電電ファミリー」と呼ばれたNEC。かつては新卒就職人気ランキングにも名を連ねた人気企業でしたが、近年の業績は低調でした。しかしリストラの効果もあり、2020年3月期は増益が見込まれています。財務諸表からNECの現状と将来を分析します。


「新卒に1000万円」のNEC 現役社員が酷評「暗愚な年配社員の老人介護施設」

「新卒に1000万円」のNEC 現役社員が酷評「暗愚な年配社員の老人介護施設」

NECが「新卒でも年収1000万円以上」の報酬が得られる人事制度を今年10月に導入すると発表し、話題になっている。具体的には研究職と技術職の基本給を引き上げ、ボーナスの上限を撤廃するという。果たして業績改善の一手となるのだろうか。現役社員・OBOGの口コミをまとめてみた。