【面接対策】コジマの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】コジマの中途採用面接では何を聞かれるのか

様々な商品を扱う家電量販店のコジマ。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


コジマの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

パソコン、AV家電、生活家電、通信機器など、様々な商品を扱う家電量販店のコジマ。2012年にビックカメラが買収したことにより、ビックカメラグループの一員となりました。現在では、光熱費節約、ミニリフォーム、ネット回線見直しも含め家電に関連した製品やサービスも提供しています。製品販売後もアフターメンテナンスを行うなど、地域密着型の店舗であることが強みといえるでしょう。


そんなコジマは、店舗にもよりますが、比較的に社員同士の仲が良く和気あいあいとした雰囲気のようです。残業が多く休みが少ないイメージの業界ではありますが、きちんと残業代も支払われ、同業他社に比べると有休も取得しやすい環境のようです。


口コミからもやりがいを持っている社員が多くいることがうかがえます。「在庫管理、売場づくり、販売と全てをこなすためやることは多いが、顧客がリピーターになってくれた時は嬉しい」「売上が良いと表彰されるためモチベーションが上がる」「各大手メーカーから出る新商品をいち早く知ることができ、日本の最先端技術を日々扱えるのは面白みがある」といった声が見受けられます。一方で、「セール、イベントが多く、モチベーションを保つのが大変」といった声もあります。家電を通して顧客のライフスタイルをより良くしたいという情熱をもち、売上向上のために、全ての業務において前向きに取り組める人材が求められるでしょう。


コジマは、地域密着型の店舗運営により、一人ひとりの顧客に寄り添い、顧客が快適に買い物できる場所の提供を目指しています。採用面接ではこういった社風にマッチする人材であるかが見極められるでしょう。

選考は何次まで?

コジマの選考プロセスは、書類選考、面接(2回程)という流れが多いようです。店舗ごとに募集を行っており、場合によっては筆記試験(口コミでは中学生レベルという声が多数)を実施することもあるようです。内定までの所要期間は1〜2週間程で、面接官は、人事部や店舗の店長等が担当することが多いです。


コーポレートサイトには、募集している店舗、職種が掲載されています。店舗ごとに応募する形となっており、それそれ募集要項が異なりますので、確認しておきましょう。また各スタッフの声も採用ページに掲載されてますので、事前に熟読しておくことをおすすめします。

面接内容の傾向は?

コジマの面接では圧迫などはなく、比較的穏やかな雰囲気で行われます。質問もオーソドックスなものが多いです。しかし業界的に残業が多く、基本的に立ち仕事のため、健康や体力面に関する「持病はないか」「体力はあるか」などの質問が目立ちます。


また接客業であることから、「接客業の経験はあるか」「クレームがあった際、どう対応するか」等の質問も多いようです。接客経験のある方は、クレーム時、自分の対応で顧客にどう納得をしてもらえたか、リピーターができた、喜んでもらえたことなどを紹介しましょう。


その他、「家電に関して詳しいか」「家電商品に興味があるか」といった質問もあります。最新の商品や、自身の好きなメーカー、家電を購入する際どういったところを意識しているか伝えつつ、実際に顧客に説明する際にはどういった点を気をつけるべきかなど、自分の意見もあわせて伝えられると良いでしょう。

コジマの面接攻略法(面接対策)

コジマの「今後の取組み」を理解した上で自己分析をする

コジマの面接を受ける上では、決算説明会においての「今後の取組み」を理解しておくことが不可欠です。主だった内容は以下のようなものがあります。

今後の取組みは、今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの戦略に合致する人材であることをアピールしましょう。


家電量販店では、商品を見ている顧客の様子をよく観察し、声をかけるタイミングが重要となります。顧客がどの商品に足を止めて見ているか、いくつか商品を比べているのか、この顧客にはついた方が良いか、離れて様子を見る方が良いのか、適切に判断できる能力が求められます。前職の経験などから、自身の観察力で顧客の望むベストな対応ができたエピソードなどを紹介できると良いでしょう。


また、家電製品は次から次へと新しいものが登場するため、日々勉強し知識を増やすことも大切です。各種メーカーの違いや特徴を押さえ、顧客からの質問に正確に回答できるか、ライフスタイルに合う商品を紹介できるかが欠かせないポイントとなります。さらに各種イベントを通じて、地元の顧客に愛着を持ってもらえるよう、ニーズを的確に判断できる人材であるとアピールすることも大切です。


絶妙なタイミングを逃さない鋭い観察力と、顧客にマッチする商品やイベントを紹介するため日々研鑽を心がけるひたむきさをPRしましょう。

「なぜコジマか」を語るための他社研究も忘れずに

コジマの面接でよく聞かれる質問のひとつに、「なぜコジマか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるのか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」といった側面も合わせて見ています。


業界理解や職種理解の枠を超えて、コジマという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。


●株式会社ヤマダ電機

●株式会社エディオン

●株式会社ケーズホールディングス

●株式会社ノジマ

コジマの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このようにコジマの採用面接を受ける前には、今後の取組みに基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「地域密着型の店舗運営により、一人ひとりの顧客に寄り添い、顧客が快適に買い物できる場所の提供を目指す」という社風を意識して、「絶妙なタイミングを逃さない鋭い観察力と、顧客にマッチする商品やイベントを紹介するため日々研鑽を心がけるひたむきさ」がある人材だと印象づけられるよう、様々なエピソードを準備しておくと良いでしょう。


面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

20代後半男性/代理店営業【結果:最終面接で不採用】

質問

履歴書中心の質問

回答

面接をして下さり大変印象は良かったです。これはいける。と思って…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半男性/ショップスタッフ【結果:入社】

質問

今までで一番辛かった若しくは努力した事はなにか?

回答

アルバイトの経験から、学んできた経験を一通りお話しをし質疑応答…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半男性/研究開発【結果:入社】

質問

休みの日は何をしていますか。

回答

友人とサッカーや野球をやります。飲みに行ったりもしますが、月1…(口コミの続きとアドバイスを見る

40代後半男性/ショップスタッフ【結果:入社】

質問

何故当社で働きたいと思ったのですか?

回答

応募した店舗の店長に面接をして頂きました。契約社員への応募…(口コミの続きとアドバイスを見る

コジマの採用面接に向けて

コジマの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。


●「地域密着型の店舗運営により、一人ひとりの顧客に寄り添い、顧客が快適に買い物できる場所の提供を目指す」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

●コジマの今後の取組みを理解して、これに沿った自己分析をして自己PRに繋げる。

●競合他社についても研究し、「なぜコジマか」に対する答えを明確にしておく。


これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

この記事の執筆者

大学を卒業後、ビル衛生管理業務会社に入社。人事部で新卒採用を担当。選考会から内定者フォロー業務に従事。