【面接対策】ディップの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ディップの中途採用面接では何を聞かれるのか

様々な雇用形態の求人情報提供を行っているディップ。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


ディップの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

アルバイト、社員・派遣の求人情報サイト(バイトル、はたらこねっと等)を運営するディップ。特にバイトルは、日本最大級を誇る求人情報サイトです。また看護師の転職活動をサポートするサイトや人材紹介事業も展開しています。


そんなディップは、若手社員が多く活気のある明るい雰囲気の企業のようです。ただし「社内イベントも多く大学サークルの延長のような雰囲気で、明るいノリが好きで楽しいと思える人には良いが、そういった雰囲気が苦手な人には苦痛に感じる」といった口コミが多く見られました。また営業においては体育会系要素が強く、「昔ながらの進め方を叩き込まれる」などといった声が見られます。


ただしそういった中であっても「採用という企業の成長に関われることはやりがいを感じる」「ベンチャーなので新人でも大きな仕事を任せてもらえる」「個人の裁量で自由に動くこともでき、興味のある企業へアタックも可能。そのため常にフレッシュな気持ちで働くことができる」などといった声も多数あり、社内の雰囲気に合い、新しいことや責任のある仕事にやりがいを持てる人材が求められるでしょう。


ディップは、既存事業においては社会のニーズに応えるようダイナミックに変化させ、新規事業にも積極的に挑戦することを目標としています。採用面接ではこういった社風にマッチするかが見極められるでしょう。

選考は何次まで?

ディップの選考プロセスは、書類選考、面接(2〜3回)です。面接官は、人事担当者、応募部署の社員、役員、社長が担当するようです。穏やかな雰囲気の面接だったという声が多いですが、なかには圧迫面接だったという声も数件ありますので、どのような雰囲気でも落ち着いて対応できるよう準備しておきましょう。内定までの所要期間は、2週間から1ヵ月程度です。


コーポレートサイトの採用ページに社長メッセージ、各部署の業務内容、職種ごとに募集要項が記載されてますので、事前によく確認し、なぜその職種を希望するのか説明できるようにしておきましょう。

面接内容の傾向は?

ディップの面接では、オーソドックスな質問がほとんどのようです。なかでも「これまで努力したことは?」「尊敬する人は?」「入社後どうしたいか。キャリアプランは?」といったものがよく質問されるようです。一般的な質問事項について、簡潔に分かりやすく答えられるように対策しておきましょう。


社員の口コミにはリクルートに対抗意識があるといった声もあり、「なぜリクルートではないのか?」といった質問もされるようです。リクルートの特長もあわせて押さえておき、その上で例えば「今後の成長が期待できるため」などのディップの魅力をしっかり伝えられるようにしましょう。


営業を希望する方は、「どんな営業になりたいか」などといった質問も多いようです。前職で営業経験がある方は、これまでにどのような実績を残したか、顧客に喜ばれたこと、信頼を得られたことなどをエピソードを通じ積極的にアピールするようにしましょう。

ディップの面接攻略法(面接対策)

ディップの「今後の成長戦略」を理解した上で自己分析をする

ディップの面接を受ける上では、今後の成長戦略を理解しておくことが不可欠です。主だった戦略は以下のようなものがあります。

今後の成長戦略は、今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの戦略に合致する人材であることをアピールしましょう。


ディップは、企業と求職者のマッチング強化のため、例えばバイトルで「しごと体験応募・職場見学機能」を増やしました。今後も更に企業、求職者のニーズに合わせた新しい発想が求められるでしょう。これまでの経験の中で、自身のダイナミックな発想で顧客に喜ばれたことなどがあればエピソードとして紹介するようにしましょう。


また人材紹介においても、採用支援のみならずAI・RPAなどを活用した業務の自動化の提案にもチャレンジし、企業の発展に貢献していくことを目指しています。前職の経験などから、顧客・ユーザーのことを考え、相手に合ったサービスを提供してきたことや、より踏み込んだ人間関係を築き信頼を得るためにどういったサービスを提供してきたか等、伝えられると良いでしょう。


斬新な発想力と、相手が望む以上のことを提供し信頼を得ることができる人材であるとアピールするようにしましょう。

「なぜディップか」を語るための他社研究も忘れずに

ディップの面接でよく聞かれる質問のひとつに、「なぜディップか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるのか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」といった側面も合わせて見ています。


業界理解や職種理解の枠を超えて、ディップという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。


●株式会社リクルートジョブズ

●パーソナルキャリア株式会社

●株式会社パソナ

●株式会社マイナビ

※リクルートジョブズをはじめ、リクルートの関連会社もしっかり押さえておくようにしましょう。

ディップの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このようにディップの採用面接を受ける前には、今後の成長戦略に基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「既存事業においては社会のニーズに応えるようダイナミックに変化させ、新規事業にも積極的に挑戦する」という社風を意識して、「斬新な発想力と相手が望む以上のことを提供し信頼を得ることができる人材」だと印象づけられるよう、様々なエピソードを準備しておくと良いでしょう。


面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

20代前半男性/法人営業【結果:入社】

質問

人生のターニングポイント

回答

アルバイトや、その他交流を通して価値観など変わっていった。いまの…(口コミの続きとアドバイスを見る

30代後半男性/企画営業【結果:入社】

質問

尊敬する人間を教えて下さい

回答

父親の話をしました。ビジネスで尊敬する方は多々いますが、自身の…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半男性/企画営業【結果:内定を辞退】

質問

自分は営業に向いていると思いますか?

回答

自身の営業体験について、苦労した点、工夫して乗り越えた点など…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半男性/代理店営業【結果:三次面接で不採用】

質問

自分のこれまでの歩み

回答

会社に入社してあなたにはなにができるか、どう会社に貢献できるか…(口コミの続きとアドバイスを見る

ディップの採用面接に向けて

ディップの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。


●「既存事業においては社会のニーズに応えるようダイナミックに変化させ、新規事業にも積極的に挑戦する」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

●ディップの今後の成長戦略を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRに繋げる。

●競合他社についても研究し、「なぜディップか」に対する答えを明確にしておく。


これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするように心がけましょう。

この記事の執筆者

大学を卒業後、ビル衛生管理業務会社に入社。人事部で新卒採用を担当。選考会から内定者フォロー業務に従事。