【面接対策】アダストリアの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アダストリアの中途採用面接では何を聞かれるのか

20ブランド以上を展開するファッションカジュアル専門店のアダストリア。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


アダストリアの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

グローバルワーク、ローリーズファームなど国内外で20ブランド以上、約1500店舗を展開するファッションカジュアル専門店チェーンのアダストリア。現在では「studioCLIP」などのように生活雑貨とアパレルを融合したライフスタイル提案型ブランドや、商品企画・生産機能を小売り機能と一体化し、企画から販売まで行っています。

そんなアダストリアは、風通しが良く、各店舗も強制的なノルマもあまりないため和気あいあいとした雰囲気が多いようです。またアパレル業界の中では、比較的休暇もしっかり取得でき、残業もさせないという風土があるため、ワークライフバランスの調整がしやすい環境のようです。社員同士の仲も良いので、仕事とプライベートをきっちりわけた関係性を築きたい人には少し苦痛に感じる部分もあるようです。

アダストリアには、enjoy賞という独自の賞があり、社員のモチベーションに繋がっています。また「売り場作成、自身のコーディネート等を気に入って顧客が購入してくれることに面白みを感じる」といった声も多く、やりがいを持って取り組んでいる社員も多いです。一方、ストックの整理やセール前のシール貼りなど地道な作業や力仕事、1日じゅう立ちっぱなしの業務でもあるので、繰り返しの作業や体力に自信のある方が好まれるといえます。

アダストリアは、今後国内だけでなくグローバル展開を重視し、アパレルだけでなくあらゆるファッションがもたらす「喜び」を顧客に届けるということを目指していきます。採用面接ではこうした社風にマッチするかが見極められるでしょう。

選考は何次まで?

アダストリアの選考プロセスは、書類選考、面接(1〜2回程)です。面接官は人事部、応募店舗のスタッフ、部長クラスが担当するようです。内定までの所要期間は、概ね1ヵ月程度ですが、中には3ヵ月以上といった方もいますので、採用担当者とコミュニケーションをとり転職希望時期を事前に伝えるなど工夫すると良いでしょう。


アダストリアでは、店舗スタッフ(アパレル販売スタッフ、カフェ・レストランスタッフ)、本部スタッフ(MD・バイヤー、マーケティング・PR、生産・品質管理・物流)の部門で募集を行っています。コーポレートサイトに各職種の募集要項など求職者向けの採用ページが設けられていますので、事前によく確認するようにしましょう。

面接内容の傾向は?

面接では意表をつく質問はほとんどありませんが、ブランドについての質問は多くされますので、自身の感じる魅力やなぜこのブランドを希望するのか、他社ブランドとの比較なども盛り込みつつ事前にしっかりまとめておくようにしましょう。あわせて面接当日の服装も希望するブランドでコーディネートし臨むと良いでしょう。


また「接客して感動したこと」「ネット販売が普及している時代に販売員としての価値をどう考えるか」といった質問もあるようです。接客の経験がある方は、自身の創意工夫で顧客に喜ばれたことや売上などの実績を紹介しつつ、ネットではできない販売員としての価値、必要性をしっかり伝えられるように準備しましょう。


希望するブランドの店舗を複数事前に調査し、立地での傾向や顧客層、各店舗の雰囲気をリサーチして、実際に働くというイメージを持ち面接に臨むようにしましょう。

アダストリアの面接攻略法(面接対策)

アダストリアの「成長戦略」を理解した上で自己分析をする

アダストリアの面接を受ける上では、成長戦略を理解しておくことが不可欠です。主だった内容は以下のようなものがあります。

出典:アダストリア コーポレートサイト 「2020年2月期上期 決算説明会資料」より

アダストリアの成長戦略は、今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの戦略に合致する人材であることをアピールしましょう。


アダストリアでは、アラフィー世代向け新規ブランドの開発など新しいことに挑戦を続けています。成人人口の70%が40代以上といわれる現代ではマーケット拡大のためには、こういった展開が必要不可欠となるでしょう。各世代に合わせたファッションの研鑽や接客対応の柔軟性も求められます。前職の経験などから幅広い世代にも柔軟に対応し、社会ニーズを常に学ぶ姿勢で店舗の進化・改善を行える人材であると積極的に伝えましょう。


またこれまでの海外戦略を見直し、ローカルニーズに対応した商品を提供し商品制度を上げることも目指しています。本部スタッフや海外事業に携わりたいという方は、これまでの経験などから日本を基準にした考えではなく、現地の文化や気候、ライフスタイルなどの知識や異なるニーズに対応できることをエピソードを交えながら紹介するようにしましょう。


幅広い世代、様々な文化・地域の人にマッチする商品やサービスを提供できる人材であるとアピールしましょう。

「なぜアダストリアか」を語るための他社研究も忘れずに

アダストリアの面接でよく聞かれる質問のひとつに、「なぜアダストリアか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるのか」といった視点ももりろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」といった側面も合わせて見ています。


業界理解や職種理解の枠を超えて、アダストリアという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。


●株式会社ストライプインターナショナル

●株式会社アリシア

●株式会社パル

●株式会社ハニーズホールディングス

アダストリアの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このようにアダストリアの採用面接を受ける前には、アダストリアの成長戦略に基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「国内だけでなくグローバル展開を重視し、アパレルだけでなくあらゆるファッションがもたらす『喜び』を顧客に届ける」という社風を意識して、「幅広い世代、様々な文化・地域の人にマッチする商品やサービスを提供できる人材」と印象づけられるよう、様々なエピソードを準備しておくと良いでしょう。


面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

10代後半女性/店長【結果:二次面接で不採用】

質問

会社でどういうことをしたいのか

回答

私はそのときポイントの某ブランドで働いていたので、そのときの経験や…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半男性/店長【結果:二次面接で不採用】

質問

自身の強みと弱みは

回答

強みははっきり言えるが、弱みまでは想定しておらず、うまく返答…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半男性/店長【結果:入社】

質問

ネットが普及している時代に販売員としての価値は何か

回答

従来の「服は店で買う」という常識が、ネットの普及によりスマホ一つで…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半女性/ショップスタッフ【結果:入社】

質問

なぜこのブランドを選んだのですか

回答

このブランドのコンセプトに共感できたからです。また、これまでの…(口コミの続きとアドバイスを見る

アダストリアの採用面接に向けて

アダストリアの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。


●「国内だけでなくグローバル展開を重視し、アパレルだけでなくあらゆるファッションがもたらす『喜び』を顧客に届ける」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

●アダストリアの成長戦略を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRに繋げる。

●競合他社についても研究し、「なぜアダストリアか」に対する答えを明確にしておく。


これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

この記事の執筆者

大学を卒業後、ビル衛生管理業務会社に入社。人事部で新卒採用を担当。選考会から内定者フォロー業務に従事。