【面接対策】ナビタイムジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ナビタイムジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

経路探索エンジンの技術で世界の産業に奉仕するナビタイムジャパン。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


ナビタイムジャパンの採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

「初めての場所でも不安なく移動できる」と評価される「トータルナビゲーションアプリ:NAVITIME」を提供しているナビタイムジャパン。独自のサービスや機能も盛り込まれ、他社のアプリとの差別化をはかり、新しい機能の開発に取り組む姿勢がうかがえます。

同社は「目標に向かって全社一丸となる」ことに意義があると考え、業務上はもちろん、プライベートにおいても社員同士のコミュニケーションを大切にしています。「社内は風通しがよく、フラットな社風である」との口コミも見られ、同社が大切にしている思いが社員にも浸透していることがうかがえます。コーポレートサイトには社内イベントの写真も掲載されているので、参考にしてみてください。

また、広い分野で活躍できる社員を育成するため、未経験の部署への配置転換も行われるようです。慣れない業務に対しても「上司や先輩社員が、時間をかけて丁寧に指導をしてくれる」との口コミから、社内のコミュニケーションのよさが感じられます。

採用面接では、「コミュニケーションを大切にし、全社一丸で目標に向かう」という社風にフィットし、事業拡大に貢献できる人材であるかどうかが見極められます。経歴やスキルだけでなく、自身がどのような付加価値をもって業務に携れるか、考えをまとめておきましょう。

ナビタイムコーポレートサイトより
NAVITIME使用例:地図・ルート検索

選考は何次まで?

選考フローについては、採用ページによると以下のように進行するようです。

 「書類選考 → 筆記試験+面接(2~3回)→ 内定」

「筆記試験のウェイトが大きいという印象を受けた」との口コミが見られ、その内容は、主に一般常識と自社サービス機能の理解などであったとのことです。新卒採用でも、自社サービスについての試験が行われたようなので、事前に同社のアプリを使用し、ユーザーサイドからの感想や要望などをまとめておきましょう。

また、最終面接では社長や副社長が対応したケースもあったようです。面接経験者からは「終始リラックスできる雰囲気」との声がありました。どのような場面でも動じずに受け答えができるよう、さまざまなエピソードをもとに伝えたいことを整理しておくことが重要です。

面接内容の傾向は?

同社求める人物像について、以下の6つのポイントにまとめられています。

コーポレートサイト採用ページより

面接内容としては、「志望動機」にはそれほどウェイトを置かず、人物重視の選考を行っている一面がうかがえます。一問一答ではなく、「それはなぜ?」と深堀りされることが多々あり、同社の求める人物像にフィットしているかを判断したいという思いが垣間見られます。また、「進学した学校、学部を選んだ理由」など、人生のターニングポイントにおける決断について聞かれることもあったようです。これは、同社が求める「自ら考えて行動を起こす」人材かどうかを見極める意図があるのかもしれません。


「創るものにより感動をもたらし、自分自身だけでなく会社をも作っていく力になるのが『想い』である」と考える同社。「ナビタイムジャパンで実現したい想い」をしっかりと伝えるために、具体的な感動についてのエピソードを交えて自己アピールし、それらに「どんな想いがあったのか」をストーリーとしてまとめてみると良いでしょう。

ナビタイムジャパンの面接攻略法(面接対策)

ナビタイムジャパンの経営理念を理解した上で自己分析をする

同社は、「『NAVITIME』が、新しい世界標準時間を確立する」、という経営理念のもと、ナビゲーションサービスの世界標準(デファクトスタンダード)を目指しています。入社希望者は、同社のビジョンに共感し、経営理念を十分に理解することが重要です。

また「あらたに生み出される時間」が新しい領域の産業創出の原動力になるという「想い」のもと、移動する対象をヒトに限らず、モノ、情報などに広げることで事業拡大を行っています。

道に迷うという無駄な時間をなくすことで、「あらたに生み出される時間」を提供したいと考えている同社。この取り組みは「時間=TIME」を「人の人生におけるもうひとつの時間の流れ」ととらえ、無駄とストレスのない有益な時間を生み出すための技術開発であると言えます。自分がこのビジョンにどう共感し、どのように貢献したいかを熱い想いとともに伝えられるとよいでしょう。


「なぜナビタイムジャパンか」をはっきりさせるためには他社研究が必要

面接でよく聞かれる、「なぜ他社ではなくてナビタイムジャパンなのか」に対する回答を考える際、競合する企業のアプリやサービスを知ることは非常に有効な手段となります。他社の提供しているサービスを研究したうえで見えてくる同社の強みや魅力を、面接の場でうまく語れるようにまとめてみましょう。

ナビゲーションとMapという同社の業務領域を考え、以下のような3社をあげてみました。同社との違いをしっかりと把握し、自信をもって面接にのぞめるようにしましょう。


  • ジョルダン株式会社
  • 株式会社ゼンリン
  • グーグル株式会社

ナビタイムジャパンの採用面接で実際に聞かれた質問内容

企業研究を通じて、同社の概要が見えてきたのではないでしょうか。実際の面接では、「コミュニケーションを大切にし、全社一丸で目標に向かう」社風を意識し、「『NAVITIME』が、新しい世界標準時間を確立する」という経営理念を理解したうえで、同社のビジョンに共感できる人材であることをアピールしましょう。またコーポレートサイトに記されている「あなたがナビタイムジャパンで実現したい想いをお聞かせください」との問いかけに、どれだけ印象深い回答ができるかが大切です。しっかりとした意見を自分の言葉で語れるよう、整理しておきましょう。


面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

[30代後半・男性/マーケティング関連職] 【結果:入社】

質問

5年後にどのような人間に成長したいか?

回答

社内、社外に関わらず、同じ仕事・プロジェクトに関わった人から、また一緒に仕事をしたい、と信頼してもらえる人間になりたい…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/システムエンジニア] 【結果:入社】

質問

過去に経験したプロジェクトで印象に残ったものは?

回答

ポータルサイトの開発。SNSから動画の配信まで様々な機能をもつシステムの構築に携わった。…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・男性/研究開発] 【結果:二次を辞退】

質問

ナビタイムを実際利用していますか。また、どのように利用されていますか。

回答

ナビタイムのトータルナビ機能を利用しています。徒歩で移動する場合には、歩く速度に関して設定から変更しています。…(口コミの続きとアドバイスを見る

"

ナビタイムジャパンの採用面接に向けて

ナビタイムジャパンの採用面接を受けるにあたり、ぜひ理解しておいていただきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策の事前準備としてのポイントは、以下の3点です。


  • 「コミュニケーションを大切にし、全社一丸で目標に向かう」という社風を理解し、それにフィットする人材であることを積極的にアピールする。

  • 「『NAVITIME』が、新しい世界標準時間を確立する」という経営理念を理解し、共感できるポイントを整理して、自己PRにつなげる

  • 競合他社に対する研究を行い、「なぜ他社ではなく、ナビタイムジャパンなのか」に対する答えを明確にしておく。


これらについて十分にまとめ、当日は落ち着いた受け答えを心がけ、自分の「想い」をアピールしましょう。

この記事の執筆者