【面接対策】タメニーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】タメニーの中途採用面接では何を聞かれるのか

結婚相談所「パートナーエージェント」の運営をはじめ、カジュアルウェディングや二次会のプロデュースなどでも知られるタメニーへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


タメニーの採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

2006年に「パートナーエージェント」として創業したタメニー。婚活領域を事業の主軸としつつ、ブライダルジュエリーや企業向け婚活支援システムの提供など、新たな領域にも積極的に進出してきました。2020年10月に現社名に変更し、「婚活領域」「カジュアルウェディング領域」「テック領域」「ライフスタイル領域」「法人領域」の5つをビジネスフィールドとして事業展開しています。

タメニー コーポレートサイトより

婚活やウェディングを取り巻く事業で定評のある同社の理念は「よりよい人生をつくる」ということです。付加価値の高いサービス提供により、より多くの人に笑顔を届け、幸福な人生を送る手助けをすることを目指しています。行動指針では社員の創意工夫や、自身の成長に向けた積極的な取り組みを推奨しており、社員一人ひとりがプロとしてホスピタリティを高める姿勢を重視しています。

そんなタメニーの口コミの中には、社内の居心地のよさを評価するものが散見されます。女性社員が多いものの、男性でも働きやすい企業風土をベースに、若手でも発言しやすく社員一丸となって業務に取り組む雰囲気があるようです。比較的新しい企業で、スピード感のある柔軟な企業体質であることも一因でしょう。

一方で、待遇面に不満を抱く人が少なからず見受けられるなど、評価制度や勤務体制の整備はまだ十分と言えない現状もあるようです。給与水準の低さや休暇の取りづらさを指摘する声が上がっており、ワークライフバランスを重視する人には不向きな一面がうかがえます。しかし、顧客とじっくり向き合って仕事ができる点や、自己成長の機会に恵まれている点、社内コミュニケーションが活発な点などにやりがいを感じる社員も多いようです。応募にあたっては、業務内容だけでなく、自分の働き方のスタイル、理想のワークライフバランスなどを総合的に考慮する必要があるでしょう。

「顧客の幸せに寄与するため、社員一人ひとりが向上心を持ち、積極的に業務に取り組む」。こうしたタメニーの社風にフィットする人物であるかどうかは、中途採用面接において採用側が重視するポイントのひとつです。自己分析・企業研究だけでなく、自身のキャリアビジョンを明確にしながら対策を進めましょう。

選考は何次まで?

2021年6月現在タメニーでは、婚活事業全般に関わるデータを集計・分析する事業企画職で中途採用をおこなっています。コーポレートサイト内の採用情報ページにキャリア採用の募集要項があり、そちらから応募が可能です。

募集要項には選考フローの詳細についての記載はありませんが、口コミによると、タメニーの選考は「書類選考」→「複数回の面接(SPI検査がおこなわれる場合もあり)」→「内定」というパターンで進むことが多いようです。1次面接がグループ面接となる場合もあるため、どのような面接形式であっても落ち着いて臨めるよう、事前にしっかり準備を整えておきましょう。

同社の採用情報ページには、ヒューマンリソースに関するポリシーや社員インタビュー、動画による佐藤社長のメッセージなど、面接準備として有効なコンテンツが豊富に用意されています。企業研究にも役立つ内容が多く掲載されているので、必ず目を通しておきましょう。

面接内容の傾向は?

口コミによると、タメニーの面接では、業務に対する積極的な姿勢が重視されます。「働くうえで将来どうなりたいか?」「自分はラッキーだと思うか?またその理由は?」といった質問をされた人が見受けられ、前向きに業務に取り組める素地があるかどうかを見極められるようです。また、SPI検査のほかに「ネガティブ度チェック」を受けたという人は、「明るい人柄かどうかを見ていると感じた」とのこと。

婚活領域を主軸に事業展開する同社では、ポジティブな思考力を備えていることが重要な要素となります。時に伝えにくいことを言葉にしなければならない業務の中で、明確なビジョンやポジティブさでその困難を乗り切れることをアピールする必要があるでしょう。性格や志向面にフォーカスした自己分析をおこなうほか、これまでのキャリアのなかで自分のポジティブな面を活かせたエピソードを探しておくことをおすすめします。

タメニーの面接攻略法(面接対策)

タメニーの中期経営計画を理解した上で自己分析をする

面接を受けるにあたっては、タメニーの中期経営計画を理解しておく必要があります。同社は2020年11月、2021年~2023年度にわたる3カ年中期経営計画を発表し、これに基づいた経営をおこなっています。

タメニー コーポレートサイトより

この中期経営計画のテーマは「Re-FINE」です。カジュアルウェディング領域を中心にコロナ禍の影響を受け、短期的に収益が悪化している同社の現状を打開し、業績回復の実現とともに新たな成長基盤の構築を目指します。具体的には、2023年度には売上高147億円、営業利益率18.6%の数値目標達成を掲げています。

タメニー コーポレートサイトより

この数値目標の達成に向け、上図のような経営戦略を打ち出している同社。収益力強化と事業ポートフォリオの再構築により、業績の短期回復を狙います。事業戦略として婚活領域の強化を挙げており、収益力の向上施策に取り組んだうえで新規顧客も開拓し、最終的には事業利益率40%実現へとつなげる方針です。その他、カジュアルウェディング領域では「スマ婚」シリーズやフォトウェディング事業を強化し、強固な収益源として確立させたい考えです。

こうした戦略の実現に向けて、中途採用においても「ホスピタリティとポジティブさを併せもち、事業の拡充に積極的に貢献できる人材」を求めていると言えます。同社の戦略および理念・行動指針をしっかりと踏まえ、ポジティブで積極的な姿勢を示せるとよいでしょう。

「なぜタメニーに転職したいのか」の明確化には他社研究を

新卒採用だけでなく、中途採用でも一般的な「なぜ当社なのか」という質問。企業研究の深度だけでなく、応募者のキャリアビジョンや仕事への意欲も測れるこの質問は面接において頻出ですので、しっかりとした対策が求められます。

効果的な志望動機を作成するベースとなるのは、綿密な企業研究です。特に他社との比較という手法を取ることで、タメニーの企業カラーや戦略、人材育成ポリシーなどの独自性を浮き彫りにすることができます。具体的には、婚活事業やマッチングアプリ事業などで競合する、以下のような企業と比較してみるのが有効でしょう。

  • 株式会社エウレカ
  • 株式会社オーネット
  • 株式会社結婚情報センター

タメニーの採用面接で実際に聞かれた質問内容

ここまでで、タメニーの求める人物像や経営戦略が見えてきたのではないでしょうか。タメニーの採用面接を受ける際には、「顧客の幸せに寄与するため、社員一人ひとりが向上心を持ち、積極的に業務に取り組む社風」を意識して、「ホスピタリティとポジティブさを併せもち、事業の拡充に積極的に貢献できる人材」と印象づけられるようなエピソードを用意しておくとよいでしょう。

以下に面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。自分ならこれらの質問にどのように答えるか、面接に臨む前にシミュレーションしてみましょう。

タメニー株式会社の面接で聞かれた質問内容(キャリコネ)

[40代前半・男性/プロジェクトマネージャー] 【結果:一次面接で不採用】

質問

チームをどのように育てますか?

回答

具体的な部分は伏せさせてもらいますが、とある方法で…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代後半・女性/カウンターセールス] 【結果:二次を辞退】

質問

伝えにくいことをきちんと伝えられますか?

回答

前職では40代〜の女性をメインターゲットとして営業をして…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・男性/カスタマーサポート] 【結果:一次面接で不採用】

質問

働く上で5年後、10年後どんな風になっていたいですか

回答

「お客様に満足頂けるようなコンシェルジュを目指したい」と、あまり…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・女性/その他] 【結果:入社】

質問

なぜ当社を選んだのか?

回答

業界の中でも会員のサポートに力を入れていて、やりがいを…(口コミの続きとアドバイスを見る

タメニーの採用面接に向けて

タメニーの採用面接を受けるにあたって、その社風や経営戦略、理念など、押さえておきたいことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 「顧客の幸せに寄与するため、社員一人ひとりが向上心を持ち、積極的に業務に取り組む社風」を意識して、「ホスピタリティとポジティブさを併せもち、事業の拡充に積極的に貢献できる人材」であることを、具体的なエピソードを交えてアピールする。

  • タメニーの中期経営計画および理念・行動指針に沿った自己分析を行い、有効な自己PRにつなげる。

  • 競合他社についても研究することで、「なぜタメニーなのか」という質問に対する答えを明確にしておく。

これらについてしっかりと準備をおこない、面接当日は、タメニーで取り組みたい業務、実現したいビジョンなどを、意欲の伝わる言葉で表現しましょう。

事業部長クラスや本社部門など非公開のセグゼクティブ・ハイレイヤー求人、外資系や年収800万円以上のエンジニア・営業のハイクラス求人への転職を確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者

大阪大学文学部卒業後、インフラ系SIer、大手信用調査会社、製薬会社で総務畑を歩む。企業を俯瞰的に見るのが得意。