【面接対策】ソフトバンクグループの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ソフトバンクグループの中途採用面接では何を聞かれるのか

傘下にソフトバンク、アリババを持つ投資会社ソフトバンクグループへの転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果などを具体的に問われる他、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


ソフトバンクグループの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

1981年、孫正義氏が創業したソフトバンクグループは、「情報革命で人々を幸せに」という理念のもと、投資先など世界中の会社とともに、人々の価値観を変える新しいプロダクト・サービスを生み出し続けています。

こうした事業展開を可能としているのは、強いカリスマ性を持つトップの牽引力はもちろんですが、同時に、社員の自発的なチャレンジを促進する「手挙げ文化」が根付いていることも大きな要因です。「フリーエージェント制度」や「ジョブポスティング制度」、社内起業プログラム「ソフトバンクイノベンチャー」といった社内制度の充実ぶりからも、その風土は伺えます。「積極的にやりたいことを上司に伝えれば、責任は伴うが、やらせてもらえる」「年齢に関係なく、エキサイティングな経験を積むことができる」といった口コミが多く寄せられています。

新しい事業を続々と生み出し続けるため、仕事のスピード感は非常に早く、「毎日が運動会みたいで、仕事が嵐のように振ってくる」「仕事の方向性や体制も変化が激しい」との声が多く見られます。こうした環境下のため、「仕事の面白さ、やりがいに関しては日本の中でもトップクラスの企業」と、大きなやりがいを感じながら仕事に取り組んでいることが分かります。

トップダウンと「手挙げ文化」の共存する風土の中で、スピードと変化に対応しながら新しい価値を生み出し続ける。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

ソフトバンクグループの中途採用プロセスでは、WEBエントリー、書類選考後、2回の面接が行われます。1次面接は現場社員の管理職クラス、最終面接は役員と人事が担当します。「筆記試験がなく、決定までのスピード感が早い」「早い事業展開について行けるかなどのマッチングを重視していると感じた」という口コミも見られるため、スキルだけでなく、社風へのカルチャーフィットをアピールすることが重要だと言えます。

ソフトバンクグループの募集職種は、大きく「ビジネス」「エンジニア」「クリエイティブ」「コーポレート」の4つに分類されます。さらに、専門領域や事業分野、勤務地等によって職種は細分化されているため、募集職種の全体像を把握したうえで、「その中でもなぜその職種に応募したのか」を明確に説明できるようにしておきましょう。

面接内容の傾向は?

面接内容には、「トップダウンと『手挙げ文化』の共存する風土の中で、スピードと変化に対応しながら新しい価値を生み出し続ける」という社風が大いに反映されています。

「社長に必要な要素は?」「仕事をする上で大切なことは?」といった質問が多く見られ、仕事に対してどのような価値観を持って取り組んでいるかを確認していることが分かります。同時に、「入社後どういう貢献ができるか」「この会社で何をしたいか?」といった質問に代表されるよう、具体的なスキルやキャリアについても深く確認されます。社風にフィットしたうえで、「情報革命で人々を幸せに」という理念の実現に貢献できる専門性を備えているかが、評価のポイントであると言えます。

職種によっては、「有価証券報告書を読んでみて気になったことは?」や、「当社の成長リスクは?」といった質問を投げかけられることもあります。事業展開や経営方針・経営状況について理解することはもちろん、それに対する自らの見解を論理的に伝えられるよう、しっかりと準備をしておきましょう。

ソフトバンクグループの面接対策についてもっと具体的な情報を知りたい場合は、引き続きこの記事をお読みください。面接攻略法や、過去の面接で実際に聞かれた質問内容とその回答例をご紹介します。

ソフトバンクグループの面接攻略法(面接対策)

ソフトバンクグループの成長戦略を理解した上で自己分析をする

ソフトバンクグループの面接を受ける上では、成長戦略を理解しておくことが不可欠です。成長戦略には、「通信事業のさらなる成長」と「新規事業の創出」の2つの重点取り組みテーマが明示されています。

<通信事業のさらなる成長>
●マルチブランドでモバイル通信サービスを展開

●新たな魅力の提供

●ヤフーとの連携で独自サービスを

●次世代通信技術「5G」への取り組み

<新規事業の創出>

<新規事業の創出>

ソフトバンクグループの成長戦略は、今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの成長戦略に合致する人材であることをアピールしましょう。

「通信事業のさらなる成長」と「新規事業の創出」の2つのテーマに共通して言えることは、現状に満足することなく、新たな価値を生み出し続けること、そして多種多様な関係先と連携して、さらなる付加価値を生み出すことです。こうした環境下で貢献できる人材であることを、これまでの経験をもとにアピールすることが重要となります。

例えば、これまで携わったプロジェクトにおいて、与えられた目標よりも、さらに高い目標を自ら設定し、新たなチャレンジをすることによってそれを達成したエピソードを紹介するとよいでしょう。その中で、常に自発的に行動してきたことや、コミュニケーション能力を発揮して、社内外の関係者を積極的に巻き込んできた具体的なプロセスを説明することで、社風にフィットする人材であることもアピールできます。

「なぜソフトバンクグループに転職したいのか」の明確化には他社研究が必要

ソフトバンクグループの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜソフトバンクグループか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面も合わせて見ています。

業界理解や職種理解の枠を超えて、ソフトバンクグループという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。

  • 株式会社NTTドコモ
  • KDDI株式会社

ソフトバンクグループの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、ソフトバンクグループの採用面接を受ける前には、成長戦略に基づいた自己分析や、他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「トップダウンと『手挙げ文化』の共存する風土の中で、スピードと変化に対応しながら新しい価値を生み出し続ける」という社風を意識して、高い目標を達成するために、自発的に新たなチャレンジをするとともに、社内外の関係者を巻き込む高いコミュニケーション能力を発揮できる人材であることを印象付けられるよう、様々なエピソードを準備しておくと良いでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

20代前半男性/法人営業【結果:入社】

質問

仕事をする上で大切なことは?

回答

スピード感を持って対応すること…(口コミの続きとアドバイスを見る

30代前半男性/システムエンジニア【結果:入社】

質問

今までの経験、入社後どういう貢献ができるか

回答

比較的ざっくばらんな面接…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半男性/財務・会計関連職【結果:内定を辞退】

質問

前職で活かせる経験は?

回答

質問は割とスタンダードな内容だったので…(口コミの続きとアドバイスを見る

30代前半男性/代理店営業【結果:最終面接で不採用】

質問

当社の成長リスクは?

回答

当事者意識を持って述べられると良いと思う…(口コミの続きとアドバイスを見る

ソフトバンクグループの採用面接に向けて

ソフトバンクグループの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 「トップダウンと『手挙げ文化』の共存する風土の中で、スピードと変化に対応しながら新しい価値を生み出し続ける」という社風を意識する。そして、高い目標を達成するために、自発的に新たなチャレンジをするとともに、社内外の関係者を巻き込む高いコミュニケーション能力を発揮できる人材であることを、自分の言葉でアピールする。

  • ソフトバンクグループの成長戦略を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。

  • 競合他社について研究し、「なぜソフトバンクグループか」に対する答えを明確にしておく。

これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

ソフトバンクグループの経営企画、事業部長など非公開のハイレイヤー求人や法務・人事など管理部門求人、社内SEなどエンジニア求人の転職をより確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【平均年収1405万円】ソフトバンクグループの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1405万円】ソフトバンクグループの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】ソフトバンクグループ社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


【面接対策】ソフトバンクの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ソフトバンクの中途採用面接では何を聞かれるのか

通信事業を基盤として、さまざまなサービスを展開するソフトバンクへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【口コミ評判】ソフトバンクG、竹芝にAIオフィス設置 社員は「エキサイティングな経験が魅力の会社」

【口コミ評判】ソフトバンクG、竹芝にAIオフィス設置 社員は「エキサイティングな経験が魅力の会社」

ソフトバンクグループとソフトバンクは、2020年度後半に本社を現在の汐留から竹芝地区に移転する予定です。高層ビルの30フロアに約1万人の社員が勤務。同地区での飲食店の混雑状況提供や映像解析による不審者検知など、AI(人工知能)を活用したスマートシティを構築します。現役社員・OGOBの声を整理します。