【面接対策】アマナの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アマナの中途採用面接では何を聞かれるのか

CMや商品のパッケージ等、広告などの企画・制作を手がけるアマナ。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


アマナの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

アマナは、1979年に広告写真制作会社としてスタートし、現在では、CMや電車の中吊り広告、商品パッケージ等の企画から制作までを担当しています。業界においても高い知名度を誇り、あらゆるクリエイティブを生み出しています。


そんなアマナは、上下関係はあるものの堅苦しくなくフランクで楽しく仕事をしている社員が多いようです。「自分の能力次第で、仕事の幅が広がり、活躍することができる」「普通では経験しないような事を経験する」「コンテンツが豊富、クリエイティブのレベルが高い」などといった声や「自分が関わった案件を街中で見かけるとうれしくなる」などのやりがいの声も見受けられます。


しかし、業界全体にいえますが、「労働環境が過酷」といった声も多く見られます。「撮影の立ち合いで深夜や翌日になることもある」「休日出勤も多い」「給与、残業代が低い」などといった声が目立ちます。「クリエイティブに関わりたい」「この仕事が好き」という情熱をもっている人が好まれる職場といえます。


アマナは、新たな業界、より幅広い産業へとマーケットを拡大し、より多くの人々が感動するビジュアルコミュニケーションを追及し、創造することを目指しています。採用面接ではこういった社風にマッチする人材であるかが見極められるでしょう。

選考は何次まで?

アマナの選考プロセスは、書類選考、面接(3回程)です。面接は、一次が担当部長とマネージャー、二次が社長と担当役員、三次が役員全員だったという口コミがあります。内定までの所要期間は、2週間から1ヵ月程度のようですが、なかには「3ヵ月かかった」「面接日程はタイトだが、合否判定に3週間もかかった」などといった声もあります。採用担当者と積極的にコミュニケーションをとり、転職希望時期を伝えるなど、工夫するようにしましょう。


アマナでは、営業関連部門、制作関連部門、管理・IT関連部門、ショップ関連部門で募集を行っており、それぞれの部門で細かい職種に分けて募集をしています。コーポレートサイトでは、各部門の募集職種・募集要項などが掲載されてますので、事前によく確認し、なぜその職種を希望するのか説明できるようにしましょう。

面接内容の傾向は?

アマナの面接では、意表をつく質問はあまりなく、オーソドックスな質問がほとんどのようです。広告の企画から制作において様々な人とコミュニケーションをとることになるので、「意見が違う人に対してのコミュニケーションの取り方は?」などといった質問があるようです。複数の人と仕事を進めていくなかで、気を付けていることや、自分の振る舞いや相手のことを知るために行っていることなどを前職の経験なども踏まえてエピソードとして紹介できると良いでしょう。


またアマナのサービスについての質問もあるようで、「自社サービスをどのようにPRするのが良いか」などといった質問もあるようです。自社サービスの主たる業務内容の確認や会社の理解度を確認していると思われるので、コーポレートサイト、会社案内の熟読はもちろんのこと、業界についてもしっかり学んでおくことが大切になります。


面接経験者の中には、「圧迫ではないが、緊張感のある雰囲気だった」といった声もありますので、どのような雰囲気であっても、自分の熱意をしっかりと伝えられるように準備しておきましょう。

アマナの面接対策についてもっと具体的な情報を知りたい場合は、引き続きこの記事をお読みください。面接攻略法や、過去の面接で実際に聞かれた質問内容とその回答例をご紹介します。

アマナの面接攻略法(面接対策)

経営理念を理解した上で自己分析をする

経営理念は、今後活躍する人材を採用する人事戦略に影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの方針に合致した人材であるとアピールしましょう。


クリエイティブの仕事は、世の中の変化を敏感に捉え、それを創造していく力と、複数の人々とチームになり進めていける力かあるかがポイントとなります。感受性豊かにアイディアを生み出せたことや優れた創造力で成し遂げたことなどをアピールすると良いでしょう。そしてチームでどう目標を立て、達成するためにどう行動し、自身がどう働きかけたかなど、これまでの経験を通し、エピソードとして紹介すると良いでしょう。


また社員の口コミには「派手な仕事のように思われがちだが、実際の仕事は地味なものが多い」や「実際はサポートをするような仕事が多い」といった声も見受けられます。これまでの経験などで、陰で支える、縁の下の力持ちのような形で、役に立てたことなどがあれば、エピソードとして紹介することでアピールとなるでしょう。


世の中の変化を敏感に感じ取り、優れた創造力とチームワーク力をもち、まわりをサポートできる人材であるとアピールしましょう。

「なぜアマナか」を語るための他社研究も忘れずに

アマナの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜアマナか」といったものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」といった側面も合わせて見ています。


業界理解や職種理解の枠を超えて、アマナという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。


●株式会社アフロ

●株式会社電通

アマナの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、アマナの採用面接を受ける前には、経営理念に基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「新たな業界、より幅広い産業へとマーケットを拡大し、より多くの人々が感動するビジュアルコミュニケーションを追及し、創造する」という社風を意識して、「世の中の変化を敏感に感じ取り、優れた創造力とチームワーク力をもち、まわりをサポートできる人材である」と印象付けられるよう、さまざまエピソードを準備しておくと良いでしょう。


面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

30代前半女性/ディレクター【結果:入社】

質問

ストレス耐性はありますか

回答

はい、あります。ストレスを引きずるのは身体に良くないので切り替え…(口コミの続きとアドバイスを見る

30代前半女性/その他【結果:入社】

質問

「将来の夢は?」と、ずばり聞かれた。

回答

色々あるんですが、まずは、小さくて良いのでバラを庭で育てる…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代前半男性/グラフィックデザイナー【結果:入社】

質問

使えるソフトウェアやプログラミング言語

回答

転職試験ということもあり、普段使用しているアプリケーションを、…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半女性/技術関連職【結果:二次面接で不採用】

質問

何か実績があれば教えてくださいと言われました。

回答

自分が構築したプロジェクトの説明をしました。そのプロジェクト…(口コミの続きとアドバイスを見る

アマナの採用面接に向けて

アマナの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。


●「新たな業界、より幅広い産業へとマーケットを拡大し、より多くの人々が感動するビジュアルコミュニケーションを追及し、創造する」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

●経営理念を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。

●競合他社ついても研究し、「なぜアマナか」に対する答えを明確にしておく。


これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

この記事の執筆者

大学を卒業後、ビル衛生管理業務会社に入社。人事部で新卒採用を担当。選考会から内定者フォロー業務に従事。


関連記事

【平均年収581万円】アマナ社員の年収はいくら?

【平均年収581万円】アマナ社員の年収はいくら?

【給与明細のひみつシリーズ】平均年収はどれくらい?年棒それとも月給制?ボーナスは年何回?などの給与体系についての素朴な疑問を、取材データや口コミの内容を通じてお答えします。