【面接対策】三菱UFJ銀行の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】三菱UFJ銀行の中途採用面接では何を聞かれるのか

日本を代表する商業銀行である三菱UFJ銀行への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


三菱UFJ銀行の採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を掲げ、日本の銀行業界のトップを走り続ける三菱UFJ銀行。

銀行として重要な使命は「世界から信頼される」こと。そのためには常にお客様の期待を超え続け、着実に信頼関係を築くことが必要とされます。そして広い視野で日本と世界を見つめ、社会の揺ぎ無い礎となることが経営理念となっています。

実際に法人営業として働く人からは「お客様の経営課題について、膝を付き合わせて話し合うことができます。」という声が挙がっています。銀行の看板を背負い、お客様のパートナーとして対話をし、信頼していただくことが重要です。

また「複雑な条件の中から正当なものを選び出す反射神経と、スピードが要求されます。」という口コミもあり、正確かつ迅速な対応のためには、常に学び、吸収する姿勢が欠かせません。実際に、社員に対して経済や資産運用などについて勉強会を開催しており、知識を得ることができる環境が整えられています。

今まで以上に世界から信用される銀行であるために、まずは信用できるパートナーになること。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

三菱UFJ銀行の選考は約1ヶ月で、書類選考→部門面接→人事面接→適性検査→内定という流れです。

面接は合計4回の方が多くみられますが、中には7回面接したという口コミもあり、スケジュールに余裕を持たせておくと安心です。連日の面接となり、現職との折り合いがつかず辞退したという声もありました。

職種は、総合職、ビジネス・スペシャリスト職(BS職)、ファシリティマネジメント職(FM職)の3種ですが、総合職の業務内容はかなり幅広いため注意が必要です。コーポレートサイトのキャリア採用の募集業務に目を通し、具体的に話せるように準備をしましょう。

面接内容の傾向は?

誠実で信頼できる人物だと感じてもらうことが重要です。内定が出た方の口コミに多く見られたのは、「相手の目を見て、正直に話す」という内容でした。自信をもって回答することは大前提ですが、誇張した回答にならないように気をつけてください。「身だしなみ」「適度な笑顔」「正しい姿勢」も、信頼できるかどうかの判断基準となります。面接前には鏡を見て、正しい姿勢と表情を確認すると良いでしょう。「ストレス耐性を見られていると感じた」という声もあり、多少の圧迫面接は毅然として乗り切る覚悟が必要となります。

自己分析が必要とされる質問が多く、特徴的なものとして「小学校から今まで自分はどういう人間でしたか?」という質問がありました。大学時代だけでなく、小学生のころの人柄や、現在に至るまでどんな努力をしたかなど、自分の人生の要点をまとめて話せるように準備しておくと良いでしょう。

また、金融業界ならではの質問として「過払い金返還訴訟に対する最高裁判決をどう思うか?」「リーマンショックの事を詳しく聞かれた。」など、普段からお金に関するニュースに関心があるかを見られる質問があります。最近のニュースをチェックするのはもちろん、金融業界に関する大きな出来事に対しては意見を持っておくと安心です。

また、「あなたにとってお金とは?」という質問もありました。お金に対する興味や自分の考えがある人を採用したいという意図がうかがえます。

三菱UFJ銀行の面接攻略法(面接対策)

三菱UFJ銀行の経営戦略を理解した上で自己分析をする

三菱UFJ銀行の面接を受ける上では、経営戦略を理解しておくことが不可欠です。主だった戦略には以下のようなものがあります。

出典:三菱UFJ銀行のサイトより

三菱UFJ銀行の経営戦略は今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの経営戦略に合致する人材であることをアピールしましょう。

三菱UFJ銀行は持続的な成長を達成するための戦略として、「11の構造改革の柱」を掲げています。この戦略は2018年度~2020年度の中期経営計画であり、営業純利益で2500億円程度の効果発現を目指しています。

目立つのは「デジタライゼーション戦略」です。全ての構造改革の根本を担う戦略となっており、デジタル技術の活用によりお客様への対応を最適化し、利便性の向上・業務量削減・トップライン向上を目指します。「現在のデジタル技術をこの様に活かせば、更に効率があがるのでは?」などの意見が持てるよう、三菱UFJ銀行の体制と商品に関する知識をつけた上で面接に臨めると理想的です。

また、特に人材に関係する戦略は「海外運営高度化」と「人事戦略」です。人事戦略では国内外の人事を統括する動きが進んでおり、今後はよりグローバルに活躍できる人材が求められます。英語力がある方は有利になる可能性が高いため、積極的にアピールすると良いでしょう。

「なぜ三菱UFJ銀行に転職したいのか」の明確化には他社研究が必要

三菱UFJ銀行の面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜ三菱UFJ銀行か」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面もあわせて見ています。

業界理解や職種理解の枠を超えて、三菱UFJ銀行という企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
上記の2社は、三菱UFJ銀行と合わせて3大メガバンクと呼ばれており、比較している記事などの情報が多いため各社の特徴などを把握しやすくなっています。最低でもこの2社について知識をつけた上で、なぜ三菱UFJ銀行を選んだのかを明確にして面接に臨むことをおすすめします。

三菱UFJ銀行の採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、三菱UFJ銀行の採用面接を受ける前には、経営戦略に基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「世界から信用される銀行であるために、まずは信用できるパートナーになる」という社風を意識して、「三菱UFJ銀行の戦略や商品を理解し、グローバルに活躍できる」人材であると印象付けられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくと良いでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

女性/営業 【結果:不採用】

質問

銀行の保険商品について、どの程度知識があるのか

回答

養老保険・死亡保険・年金保険など様々な種類があり…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半男性/社内SE 【結果:不採用】

質問

英語の習得・学習への意欲はありますか?

回答

金融業界もグローバル化が進んでおり、英語の習得は必然で…(口コミの続きとアドバイスを見る

30代前半女性/法人営業 【結果:入社】

質問

困難な事にどのように対処したか

回答

チームでディスカッションを行い、どのように対処するか詳細にわたり…(口コミの続きとアドバイスを見る

女性/営業事務・管理事務 【結果:辞退】

質問

リーマンショックについて詳しく解説してください

回答

質問が難しく、わかりませんと答えてしまった。自分なりの…(口コミの続きとアドバイスを見る

三菱UFJ銀行の採用面接に向けて

三菱UFJ銀行の採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 「世界から信用される銀行であるために、まずは信用できるパートナーになる」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

  • 三菱UFJ銀行の経営戦略を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。

  • 競合他社についても研究し、「なぜ三菱UFJ銀行か」に対する答えを明確にしておく。
これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

事業部長クラスや本社部門など非公開のセグゼクティブ・ハイレイヤー求人、外資系や年収800万円以上のエンジニア・営業のハイクラス求人への転職を確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者


関連記事

三菱UFJ銀行 vs. みずほ銀行 働きがいがある・働きやすいのはどっち?【口コミ分析】

三菱UFJ銀行 vs. みずほ銀行 働きがいがある・働きやすいのはどっち?【口コミ分析】

三菱UFJ銀行とみずほ銀行の社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。