【面接対策】PwCアドバイザリーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】PwCアドバイザリーの中途採用面接では何を聞かれるのか

4大ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス(FAS)の一角に数えられるPwCアドバイザリーへの転職。採用面接では、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われる他、高い専門性を備えた人物であるかどうかが見極められます。共に働く仲間として人柄も評価されますので、それらを踏まえた対策をして転職を成功させましょう。


PwCアドバイザリーの採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

PwCグループにおいて、FASと呼ばれるM&Aや事業再生、インフラに特化したサービスを提供するPwCアドバイザリー。同グループのグローバルネットワークと連携しながら、クライアントの優位性や新たな価値の構築をサポートしています。

同社では、FAS領域においてコンサルティングの枠を超えたビジネス経験を積める反面、顧客からは非常に高い価値レベルを求められます。その社風は「仕事に対する品質、パフォーマンスがすべて」という実力主義。口コミには、「クリアできるとさらに上にいける」という声が寄せられている一方、「ついていけなくて辞める人も多い」というものも見受けられます。

また、風通しがよくフラットな社風も特徴のひとつです。同時に、一人ひとりをプロフェッショナルとして尊重しつつ、お互いにあまり干渉しない個人主義的な面もあるといいます。

面接では、プロ集団の一員として価値を出せる人材であるか、またその意欲があるかという点が問われます。専門性を備えていることはもちろんですが、複雑化するクライアントの課題解決に向けて努力できる人材であることを伝えることが大切です。

選考は何次まで?

選考プロセスに関する公式情報はありませんが、口コミ情報によると、「カジュアル面談 → 1次面接 → 2次面接 → 人事面接」という流れになっているようです。なお、カジュアル面談は正式選考前の情報収集の場であり、この場において評価をされることはありません。選考は比較的スピーディーにすすめられ、多くの人が1週間から数週間程度で内定の連絡を受けています。

2020年7月現在、「品質管理」「戦略・オペレーション」「クライシスマネジメント」「M&A」「インフラ」の各領域において、複数の職種・ポジションの中途採用をおこなっています。多くの場合、公認会計士の資格や英語力など、高い専門性を備えていることが必須条件となっています。詳しい応募条件については、コーポレートサイトで確認しておきましょう。

面接内容の傾向は?

「志望動機」や「コンサルタントとしてのありたい姿」といった基本的な質問が中心ですが、回答には具体性や確かなロジックが求められます。ある面接経験者は、「志望動機、職務経歴、自分の強み、入社後に貢献できる領域など、それぞれについて具体的な説明ができるように準備した」とのこと。抽象論に終始しないよう、裏づけとなるようなエピソードを棚卸ししておきましょう。

また、コンサルタントはクライアントの経営課題を解決する仕事であるため、広い視野と高い視座が要求されます。自分が関わりたい領域については常に課題意識を持つと同時に、課題を構造化する力を身にをつけておきたいものです。面接では、会話のキャッチボールを通じて、クリティカルな視点を持っているかどうかが見られています。コミュニケーションなどの対人能力と同様、面接における大きなポイントであると言えるでしょう。

PwCアドバイザリーの面接攻略法(面接対策)

PwCのPurposeとValuesを理解した上で自己分析をする

同社では、PwCのPurpose(存在意義)やValues(価値観)への共感を人材採用の前提としています。したがって、事前にこれらの内容を理解し、自らのビジョンと方向性が合致しているかを確認しておく必要があるでしょう。PwCでは、下図にあるPurposeを世界共通の認識としています。

同グループ コーポレートサイトより

現代のような変化の激しい社会のなかでこれを実現するためには、これまでとは異なる多様なケイパビリティを備えていることが重要です。そして、信頼されるプロフェッショナルであり続けるために、「いろいろな中心点を持つ組織」「テクノロジーの活用など革新的な手法による競争力の創出」「クライアントサービスの戦略的提供」「信頼に基づいた組織の構築と維持」という4つの戦略的選択が重要であるとしています。

また、Purposeを追求するための価値基準を示したのがValuesです。これを体現できる人材が求められているため、コーポレートサイトなどで詳細を確認し、理解を深めておいてください。その上で、その内容に沿って自己分析をおこなってみるとよいでしょう。

同グループ コーポレートサイトより

「なぜPwCアドバイザリーに転職したいのか」の明確化には他社研究が必要

選考を通じて聞かれる質問のひとつに「なぜPwCアドバイザリーなのか」というものがあります。面接官はこの質問により、「社風への理解」「PurposeとValuesへの共感」「仕事の捉え方」などを見極めます。

この質問に答えるためには、同社について理解するだけでなく、競合についても情報収集をおこなわなければなりません。そうすることで、組織文化や風土、目指す姿にそれぞれ違いがあることがわかるでしょう。

自分の言葉で明快に語れるよう、以下を参考に他社研究をおこなってください。

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
  • 株式会社KPMG FAS
  • EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社

PwCアドバイザリーの採用面接で実際に聞かれた質問内容

PwCアドバイザリーの価値観や求める人材像が分かってきたのではないでしょうか。

同社の採用面接を受けるにあたっては、同グループのPurposeとValuesに基づいた自己分析、他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして、Purposeの実現に向けて高い能力と専門性を備えた人材であると印象付けられるよう、さまざまなエピソードを準備しておいてください。

ここからは、面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。面接対策の総仕上げに、以下のような質問をされた場合を想定してシミュレーションしておきましょう。

[20代前半・男性/経営コンサルタント] 【結果:内定を辞退】

質問

あなたがPwCでできることは何ですか?

回答

私は日本の業界知識について無知ですが、逆にそこにこそ旧態依然と…(口コミの続きとアドバイスを見る

[年代不明・女性/ 財務] 【結果:一次面接で不採用】

質問

志望動機は?

回答

トランザクションサービスに非常に興味を持っていること、特に…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/財務コンサルタント ] 【結果:結果待ち】

質問

事業再生の最も重要な点は?

回答

ステイクホルダーのコミットメントの情勢。…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代後半・男性/会計コンサルタント] 【結果:結果待ち】

質問

転職をしようと思った理由は?

回答

従来の仕事とは違う業務を通じてキャリアアップを…(口コミの続きとアドバイスを見る

PwCアドバイザリーの採用面接に向けて

PwCアドバイザリーの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 専門性を備えていることに加え、一流のプロフェッショナルとして、複雑化するクライアントの課題解決に向けて努力できる人材であることを伝える。

  • PwCのPurposeとValuesを理解し、これに沿った自己分析をおこなうことで有益な自己PRにつなげる。

  • 競合他社についても研究し、「なぜPwCアドバイザリーなのか」に対する答えを明確にしておく。
これらを参考に対策をおこない、面接当日は論理的な回答を心がけましょう。

PwCアドバイザリーを始め、外資系または高年収確定のハイクラス求人の転職をより確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者


関連記事

アクセンチュアへの転職チャンスをモノにする【世界最大級のコンサルティング会社】

アクセンチュアへの転職チャンスをモノにする【世界最大級のコンサルティング会社】

DX領域で急成長中の総合コンサルティング会社、アクセンチュア(accenture)が積極採用を行っています。グローバルウェイ・エージェントの転職コンサルタントが、ハイクラス人材の転職をサポートします。じっくり企業研究して面接に臨みましょう。


【面接対策】マーサージャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】マーサージャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

組織・人事領域の世界最大級コンサルティングファーム「マーサー」の日本法人である、マーサージャパンへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【面接対策】三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途採用面接では何を聞かれるのか

三菱UFJフィナンシャル・グループで日本最大級のシンクタンク・コンサルティングファームである、三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【面接対策】アーサー・ディ・リトル・ジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アーサー・ディ・リトル・ジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

アメリカで誕生した世界初の経営コンサルティング企業の日本法人であり、製造業の技術経営戦略に強い、アーサー・ディ・リトル・ジャパンへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【面接対策】マッキンゼーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】マッキンゼーの中途採用面接では何を聞かれるのか

世界最大級のコンサルティング会社であり、同社出身の経営者を多く輩出することでも知られるマッキンゼー・アンド・カンパニーへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。