【面接対策】PwC税理士法人の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】PwC税理士法人の中途採用面接では何を聞かれるのか

日本最大級のタックスアドバイザーで多様な税務サービスをおこなうPwC税理士法人。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


PwC税理士法人の採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

世界4大会計事務所(Big4)のひとつであるプライスウォーターハウスクーパースの日本法人、PwC Japanグループ。Pwc税理士法人はそのメンバーファームであり、同グループのグローバルネットワークと連携し、世界の優良企業に対して税務コンサルティングを提供しています。

同法人では高度な専門知識をクライアントから要求されるため、常に自身の知識を高め、スキルを磨きながら業務に取り組む姿勢が求められます。口コミで、「仕事ぶりが優れていると昇進が早い」「仕事ができない社員は必然的に辞めていく」といった声が見られることから、「プロフェッショナル意識をもち、高いパフォーマンスが評価される」社風であるとうかがえます。

一方、パフォーマンスが低いとキャリアになるような仕事は任せられないため、結果を出せない人は必然的に辞めていく傾向が見られるようです。優秀な人に業務がアサインされやすいので、常に結果を残していかなければならない風土もあるといえます。

面接では、プロフェッショナル集団の一員として、同法人に価値を出し、利益を与え得る人材かどうかが見極められます。クライアントの高い要求に応えるべく、自分から成長しようと考え、積極的に業務を遂行できる人材だとアピールすることが重要です。

選考は何次まで?

口コミによると、面接回数は応募者の経歴によって異なり、税理士・公認会計士などの資格保有者は1回、それ以外は2回であることが多いようです。選考期間は、1週間から1ヶ月かかるようです。

同法人では、税務コンサルタントや移転価格コンサルタント、ITコンサルタントなど、さまざまな職種において採用をおこなっています。採用ページには育成制度の紹介や職員からのメッセージなどが掲載されていますので、目を通しておくとよいでしょう。またセミナーも随時開催していますので、面接を受けようと考えている人は、同法人のことをより理解するために参加してみることをおすすめします。

2020年7月現在、税理士試験・公認会計士試験受験生向けの採用をおこなっています。2020年8月下旬にオンライン説明会が開催される予定ですので、同職種を希望する人は確認しておくとよいでしょう。

面接内容の傾向は?

面接では、「志望動機」や「税理士を目指した理由」など基本的な質問のほか、「競合他社ではなく同法人を志望した理由」を多く聞かれるようです。他社との違いや、同法人だからこそ自分の能力が発揮できることなどについて、具体的な回答を準備しておきましょう。

また、過去の業務経験について質問されるケースも多く見受けられます。今までの自分の成功体験のエピソードをいくつか用意して、「このように対処してプロジェクトを成功させた」などの経験談を説明できるよう整理しておくことが重要です。

同法人は仕事をする上で「明確なキャリアプランをもっていること」が重視されるようです。過去の業務経験を勘案し、「自分がPwC税理士法人で叶えたいビジョン」を明確に伝えることが大切です。

PwC税理士法人の面接攻略法(面接対策)

PwC JapanグループのPurposeやValues & behavioursを理解した上で自己分析をする

PwC Japanグループでは以下のPurpose(存在意義)を掲げ業務に取り組み、PwC税理士法人はこのPurposeを理解し共感できる人材を求めています。

PwC Japanグループ コーポレートサイトより

このPurposeは、世界情勢やビジネス環境が変化し続ける中、新しく発生する複雑な課題に決定を下す際の根本的な考え方であり、世界各国のPwC Japanグループにおいて共通の認識とされています。そしてPurposeを追求するため、以下のValues & behaviours(価値観と行動)を共有し、日々の業務の中でこれらを意識して実践することが求められています。


・高クオリティの創出を目指し誠実に行動する
・常に世界のトレンドを把握し変化の流れを先取りする
・多様性を認め全ての人を個人として尊重し何が大切なのかを理解する
・複雑化する問題は協働して解決する
・新しい課題に対し、前例にとらわれず新たな価値創造へチャレンジし続ける

Values & behavioursについてはコーポレートサイト内の動画でも詳しく説明されていますので、詳細を確認しておきましょう。内容を理解して自己分析をおこない、PwC Japanグループで発揮できる自分の能力を説明できるように準備しておくことが重要です。

「なぜPwC税理士法人か」をはっきりさせるためには他社研究が必要

面接では、「なぜPwC税理士法人なのか?」という質問が頻出しています。この質問には、応募者が同法人で「何をやりたいのか」「活かせるスキルを持っているか」といった視点はもちろん、社風やPurposeとValues & behavioursへの共感なども同時に見極める意図があります。

PwC税理士法人についてしっかり理解するためには、競合となりやすい企業の研究も忘れないようにしましょう。研究することで、それぞれ企業風土や組織、ビジョンなどに違いがあることがわかり、より同法人への理解が深まるでしょう。具体的には、BIG4の他の3つの税理士法人を調べてみることをおすすめします。

  • KPMG税理士法人
  • EY税理士法人
  • デロイト トーマツ税理士法人

PwC税理士法人の採用面接で実際に聞かれた質問内容

企業研究や他社研究をおこなうことで、PwC税理士法人の社風や求める人物像が見えてきたのではないでしょうか。面接を受ける前には、PwCグループのPurposeとValues & behavioursに基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機を整理しておくことが必要です。そして、「プロフェッショナル集団の一員として同法人に価値を出し、利益を与え得る人材」と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくとよいでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

[30代前半・男性/財務・会計関連職] 【結果:入社】

質問

志望動機を聞かせてください。

回答

公認会計士の資格を取得したものの、これまでの前職での税務の経験を…(口コミの続きとアドバイスを見る

[40代後半・男性/社内SE] 【結果:二次面接で不採用】

質問

過去、最もプレッシャーを感じた経験を教えてください。

回答

データセンター移転プロジェクトでのネットワーク構築で不具合が発生…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/公認会計士] 【結果:入社】

質問

競合他社ではなく、PwCを選択した理由は?

回答

競合他社とは違い、御社は税理士のみならず公認会計士(試験合格者)を…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代後半・男性/税理士] 【結果:二次面接で不採用】

質問

なぜ税理士を目指したのですか?

回答

税務の専門家として経済社会に貢献したいと考えたため、…(口コミの続きとアドバイスを見る

PwC税理士法人の採用面接に向けて

PwC税理士法人の採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 「プロフェッショナル意識をもち、高いパフォーマンスが評価される」を重視する社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

  • PwC JapanグループのPurposeとValues & behavioursを理解し、これに沿った自己分析をおこない自己PRにつなげる。

  • 競合他社についても研究し、「なぜPwC税理士法人なのか」に対する答えを明確にしておく。


これらについて事前に対策をおこない、面接当日は論理的に答えられるよう心がけましょう。

この記事の執筆者


関連記事

【面接対策】PwCアドバイザリーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】PwCアドバイザリーの中途採用面接では何を聞かれるのか

4大ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス(FAS)の一角に数えられるPwCアドバイザリー。採用面接では、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、高い専門性を備えた人物であるかどうかが見極められます。さらに、ともに働く仲間として人柄も評価されますので、それらを踏まえた対策をおこないましょう。


【面接対策】PwCあらた監査法人の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】PwCあらた監査法人の中途採用面接では何を聞かれるのか

BIG4の一角をなすPwCのメンバーファーム、PwCあらた有限責任監査法人(以下、あらた監査法人)。採用面接は、仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートからは見えない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】PwCコンサルティングの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】PwCコンサルティングの中途採用面接では何を聞かれるのか

ロンドンに本拠地を置く世界最大級のコンサルティングファーム、PwCコンサルティング。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力としてともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。