【面接対策】デロイト トーマツ税理士法人の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】デロイト トーマツ税理士法人の中途採用面接では何を聞かれるのか

デロイト トーマツ グループの一員として、高品質なプロフェッショナルサービスを提供するデトロイト トーマツ税理士法人への転職。採用面接では、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、高い専門性を備えた人物であるかが見極められます。しっかりと対策をして転職を成功させましょう。


デロイト トーマツ税理士法人の採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

全国規模の税理士法人として、2002年に設立されたデロイト トーマツ税理士法人。世界のBig4であるデロイト トウシュ トーマツのメンバーファームの一員として、そのネットワークを生かし、グローバルでプロフェッショナルなサービスを提供しています。

その社風は外資系と日系の良さを持ちあわせ、フラットな組織のなかで裁量の大きな仕事ができる環境です。「士業」という個人主義的な側面がある一方で、高度な案件ではチームとして成果を出します。口コミには、「大企業の税務案件や、国際税務案件に関与できるチャンスが多い」「一般の税理士法人では得られないような貴重な経験ができる」というように、Big4ならではの仕事に魅力を感じる声が多くあがっていました。

また、他のBig4と比較して女性の割合が高いのも特徴のひとつです。育児や介護が必要な場合など、働き方に応じて業務量を調整できる制度が整っているため、「女性にとって非常に働きやすい」という声が寄せられています。

面接では、「フラットで風通しがよく、個人が裁量を大きく持てる社風」のなかで、プロフェッショナルとして仕事に取り組めることを具体的にアピールしましょう。

選考は何次まで?

同法人では、職種別・地域別に通年で経験者採用をおこなっています。公式サイトに事務所ごとの採用情報が掲載されていますので、こまめにチェックして情報を逃さずキャッチしてください。選考プロセスは、書類選考→適性検査→面接(1〜2回)とされており、面接は現在、原則としてオンラインでおこなっています。

また、定期的に法人説明会を開催しており、法人概要や業務内容を聞くことが可能です。この説明会は先輩職員とのQ&Aセッションもあり、職場の雰囲気や実際の仕事について深く知るための貴重な機会だといえます。対象となる事務所は限定されますが、希望の事務所で開催されているのであれば参加してみるとよいでしょう。

その際、本人の希望により採用選考会にすすむことも可能です。「法人説明会という名前だが、筆記試験、面接までおこない、当日中に選考結果の連絡がきた」という口コミ情報もあるため、法人説明会当日までに面接準備をおこなっておくことをおすすめします。

面接内容の傾向は?

面接内容は、志望動機やこれまでの経歴、今後のキャリア展望といった一般的な質問が中心です。「なぜこの法人に入りたいのか、具体的に今までどういう仕事をしてきたかを中心に聞かれた」という面接経験者もいます。受け身な回答ではなく、積極的に自分の言葉で話せるように準備をすすめましょう。法人説明会に出席した場合は、感想を求められることもあるようです。

また、ポジションによってはビジネルレベルの英語力が必須要件となっていますが、そうではない場合も英語力は大きな武器となります。先輩職員からも、「英語力がある、または英語を勉強しているという姿勢は大きなアピールポイントになる」という口コミが寄せられていますので、該当する場合はしっかりアピールしたいところです。

さらに、税務・会計知識が問われることはもちろんです。新聞などで税務に関するトピックや大手企業に対する課税事案などをチェックし、自分なりの意見や考察を述べられるようにしておくと望ましいでしょう。

デロイト トーマツ税理士法人の面接攻略法(面接対策)

デロイト トーマツ グループの経営理念を理解した上で自己分析をする

デロイト トーマツ税理士法人の面接を受ける前に、デロイト トーマツ グループとしての理念を理解しておきましょう。デロイト トーマツ グループでは、以下のような経営理念を掲げています。

● Fairness to society
● Innovation for clients
● Talent of people

これらが意味することは、「社会に対して公正である」「クライアントの期待を超える知的専門サービスを提供する」「個性を尊重し能力を発揮できる場を創り出す」ということです。

プロフェッショナルとしての強い自覚と、クライアントへのサービス提供を通じて、社会的使命を果たす決意が求められる同グループ。一人ひとりが価値を出していくために日々挑戦し続け、プロフェッショナルとしての才能を進化させていくことが重要です。そのために、組織としても多様性を受け入れ、それを強みとして生かす風土を醸成していくとしています。

グループの理念は同法人にも浸透しているものであり、仕事をする上でよりどころとなる考えです。下図に示す「共通の価値観(Shared Values)」もあわせて理解し、一つひとつの要素に沿って自己分析をおこなうとよいでしょう。

デロイト トーマツ グループ 公式サイトより

「なぜデロイト トーマツ税理士法人に転職したいのか」の明確化には他社研究が必要

選考を通じて聞かれる質問のひとつに「なぜデロイト トーマツ税理士法人なのか」というものがあります。面接官はこの質問により、「社風への理解」「理念への共感」「仕事に対する熱意」などを見極めます。

この質問に答えるためには、同法人について深く理解するだけでなく、競合についても情報収集をおこなわなければなりません。それにより、組織文化や風土、目指す姿にそれぞれ違いがあることがわかってきます。

特に、同法人とともにBig4と称される以下の法人については面接でもよく聞かれますので、しっかり比較考量しておく必要があるでしょう。

  • KPMG税理士法人
  • PwC税理士法人
  • EY税理士法人

デロイト トーマツ税理士法人の採用面接で実際に聞かれた質問内容

社風や経営理念を理解することで、デロイト トーマツ税理士法人が目指す方向性や、求める人物像が見えてきたのではないでしょうか。採用面接では、「フラットで風通しがよい社風のなかで、プロフェッショナルとして力を発揮できる人材」であることを伝えることが大切です。それを印象づけるための具体的なエピソードを用意して臨むとよいでしょう。

ここからは、面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問を参考に、自分ならどう答えるかを事前にシミュレーションしておきましょう。

[30代前半・男性/財務・会計関連職] 【結果:入社】

質問

なぜ国際税務をやりたいのか

回答

少子高齢化で日本の経済は縮小しているので、これからは…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・女性/人事] 【結果:最終面接を辞退】

質問

なぜ事業会社に行かないのか

回答

税理士という社会的使命を担ったプロフェッショナルの…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代後半・女性/財務・会計関連職] 【結果:一次面接で不採用】

質問

競合他社や、その他の会社も受ける予定ですか?

回答

いいえ、競合他社では、現在のところ希望する部署で…(口コミの続きとアドバイスを見る

[30代前半・男性/税理士] 【結果:入社】

質問

仕事はハードだが、大丈夫か?

回答

ある程度覚悟していたので、当日は「問題ありません」と…(口コミの続きとアドバイスを見る

デロイト トーマツ税理士法人の採用面接に向けて

デロイト トーマツ税理士法人の採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • フラットで風通しがよく、個人が裁量を大きく持てる環境のなかで、プロフェッショナルな仕事ができる人材であることを具体的にアピールする。

  • デロイト トーマツ グループの経営理念を理解し、これに沿った自己分析をおこなうことで有益な自己PRにつなげる。

  • 競合他社についても研究し、「なぜデロイト トーマツ税理士法人なのか」に対する答えを明確にしておく。

これらを参考にしっかりと準備して、面接当日は誠意と情熱をもって臨みましょう。

デロイト トーマツ税理士法人など外資系、または高年収確定のハイクラス求人の転職を成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者


関連記事

アクセンチュアへの転職チャンスをモノにする【世界最大級のコンサルティング会社】

アクセンチュアへの転職チャンスをモノにする【世界最大級のコンサルティング会社】

DX領域で急成長中の総合コンサルティング会社、アクセンチュア(accenture)が積極採用を行っています。グローバルウェイ・エージェントの転職コンサルタントが、ハイクラス人材の転職をサポートします。採用面接対策にご活用ください。


【面接対策】マーサージャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】マーサージャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

組織・人事領域の世界最大級コンサルティングファーム「マーサー」の日本法人である、マーサージャパンへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【面接対策】三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途採用面接では何を聞かれるのか

三菱UFJフィナンシャル・グループで日本最大級のシンクタンク・コンサルティングファームである、三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【面接対策】アーサー・ディ・リトル・ジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アーサー・ディ・リトル・ジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

アメリカで誕生した世界初の経営コンサルティング企業の日本法人であり、製造業の技術経営戦略に強い、アーサー・ディ・リトル・ジャパンへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【面接対策】マッキンゼーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】マッキンゼーの中途採用面接では何を聞かれるのか

世界最大級のコンサルティング会社であり、同社出身の経営者を多く輩出することでも知られるマッキンゼー・アンド・カンパニーへの転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。