FRONTEOの記事まとめ|キャリコネ企業研究-Resaco


明日のテンバガーを探せ! FRONTEO【2158】自然言語処理AIの活用分野の可能性

明日のテンバガーを探せ! FRONTEO【2158】自然言語処理AIの活用分野の可能性

株式会社FRONTEO【2158】は、AIを用いて情報解析を行う会社です。国際訴訟支援や不正調査、医療、経済安保へ事業を拡大。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


【20年3月期】リーガルテックAIのフロンテオ 「AI創薬」など新領域での応用に注目集まる

【20年3月期】リーガルテックAIのフロンテオ 「AI創薬」など新領域での応用に注目集まる

独自開発の自然言語解析AIエンジンで情報解析を支援するフロンテオ。国際訴訟の証拠発見や不正調査が主軸ですが、今後は広範囲の業界への応用が期待されています。減収赤字決算も21年3月期には黒字回復を予想。医療分野での新プロジェクトが相次ぎ株価も上昇しています。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


wiget_w300
wiget_w300
wiget_w300