【平均年収1051万円】ソニーの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1051万円】ソニーの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】ソニーの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


中国など海外の企業が台頭してきている昨今、電機メーカーの凋落が世間を騒がせています。
経営再建中の東芝は、2016年に中国の家電メーカーである美的集団(マイディアグループ)に白物家電事業を、今年2月には海信集団(ハイセンスグループ)にテレビ事業を売却しました。またV字回復したシャープも、2016年8月に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ってから起死回生を果たします。

その一方で、ソニーの2018年3月期の連結決算(米国会計基準)によると、営業利益が前期に比べて2.5倍の7348億円で着地し、最高益を20年ぶりに更新しました。見事なV字回復で、業界の希望の光になったことは間違いありません。

ソニーが最高益を更新した要因として、半導体事業が好調だったことがあげられます。スマートフォン向けイメージセンターの販売数量が大幅に増加したこと、また経費削減により、営業損益が前期の約80億円の赤字から1640億円の黒字に大幅に改善したことが大きく寄与したといえます。ソニーはこのチャンスを活かし、次に繋げるべく余念がありません。その施策の一つは「人材への投資」です。

それでは、ソニーの年収はいったいどれくらいもらえるのか探っていきましょう。

ソニーの年収(給与・報酬)はどれくらい高いのか?

まずはソニーの平均年収から。

2019年3月期の有価証券報告書によると、ソニーの平均年収は1050.9万円です。

国税庁が行った2017年民間給与実態統計調査では、男女合わせた正規雇用者の平均年収が493.7万円とのことですから、かなり高いことがうかがえます。

ソニーとライバル企業との比較

ソニーの売上で多大な利益をいるのはゲーム事業と半導体事業の2つです。
ですのでここでは、任天堂、キヤノン、それと老舗事業であるAVセグメントでJVCケンウッドを、そしてやはりここはパナソニックと比較します。

ソニー:1050.9万円(2019年3月期)
任天堂:912.6万円(2019年3月期)
JVCケンウッド:757.1万円(2019年3月期)
キヤノン:778.7万円(2018年12月期)
パナソニック:774.4万円(2019年3月期)

ソニーの平均年収1000万円越えは存在感がありますね。
単体で見るとソニーと任天堂の人数規模はほぼ同じです(ソニーは関連子会社の社員数がかなり多い)。
製造業的な観点からみるとキヤノンとも近いものがありますが、平均年収額では大きく水をあけています。パナソニックとも然りです。

業界の給与明細(キャリコネ)

日本の平均年収を大きく上回る収入が

ソニー30代・SE(非管理職)の 給与明細

日立製作所30代・SE(非管理職)の 給与明細

東芝30代・SE(非管理職)の 給与明細

三菱電機30代・SE(非管理職)の 給与明細

パナソニック30代・SE(非管理職)の 給与明細

ソニーの平均年収の推移

続いて、過去5年間における年収の推移を見てみましょう。
下は平均年収と平均年齢の推移を表したものです。

2015年3月期 859.8万円 (平均年齢 43.2歳)
2016年3月期 935.4万円 (平均年齢 43.4歳)
2017年3月期 910.6万円 (平均年齢 43.1歳)
2018年3月期 1013.6万円 (平均年齢 42.3歳)
2019年3月期 1050.9万円 (平均年齢 42.4歳)
(出典:有価証券報告書)

過去最高益となった恩恵は、平均年収に顕著に表れています。
ソニーの平均年収は順調に右肩上がりで推移した結果、とうとう1000万円の大台に乗りました。2015年3月期と比較すると、ここ4年間で約191万円も上昇したことになります。

さらに2018年7月の第一四半期の決算発表では、2018年度通期の決算見通しを上方修正し、最終利益が2年連続で過去最高を更新する見通しであることが報告され、今後益々の平均年収の高騰が期待できそうです。

すでに平均年収でも同業他社を大幅に引き離していますが、その差が更に大きくなる可能性もあります。

では一体、ソニーはなぜ業界内でも群を抜いて年収が高いのでしょうか? 理由を探っていきましょう。

ソニーの年収が高い理由

成長戦略に欠かせない人材流出を防ぐ

年収が高い理由の一つは、厳しい人材獲得競争です。
中国の通信機器メーカーである華為技術(ファーウェイ)は、新卒技術者の初任給40万円で採用する方針を固め、新卒の「青田買い」をしようと積極的な姿勢を見せています。また東芝やシャープなど、電機メーカー大手が経営機器に直面している最中、理科系の学生の間では、実力次第で高額給与が望める外資系企業の人気が上昇しているのです。

ソニーはこのような動向の中で、成長戦略の中枢となるIoT(モノのインターネット)AI(人工知能)などの開発をするIT人材の確保を行うべく、新卒採用を33%増加させる方針であると表明しています。

また中堅人材の流出を食い止めるため、過去最高額の年間一時金6.9か月分とあわせて、年収ベースで約5%の賃上げに踏み切りました。AIなど先端技術の開発競争に勝ち抜くためには、月額の基本給に当たるベース給も引き上げる必要があると判断したことになります。

今春の労使交渉では、月収ベースで3%以上の賃上げをすると答えた企業は、わずか22.2%だったことが日本経済新聞の3月14日の調査でわかりました。電機大手メーカーの年収の増加率が2~3%代のなか、ソニーは過去最高益の好業績を反映し5%もの賃上げを実現したのです。

ソニーの給与制度

エンジニア職にも嬉しいジョブグレード制度を導入

ソニーでは、2015年からジョブグレード制度を導入し、役職ではなく役割で見ています。それまでは年功序列の要素が残ることが課題でしたが、新制度では年功序列の要素を完全に廃し、「役割」にのみ着目して評価をする仕組みとなりました。

社員は、プロフェッショナルとして貢献するグレード「I(インディビジュアルコントリビューター等級群)」と、管理職として貢献するグレード「M(マネジメント等級群)」の2つの道が用意され、個人のグレードに合わせて給与が支払われます。

新入社員は全員が「I」に属しますが、等級I5から昇格する段階で、等級I6と等級M6のどちらかに分かれます。旧制度では、管理職にならなければ給与が上がらなかったため、技術を究めたいエンジニアには不評でしたが、この制度にしたことで等級I6以上の上級専門職を目指すことができる道を開いたのです。

ソニー社員の給与明細(キャリコネ)

30代に入ると、さらにアップ!

20代・経理(非管理職)の 給与明細

30代・経理(非管理職)の 給与明細

ボーナスの有無の差は想像以上!

20代・営業管理・賞与なし(非管理職)の 給与明細

20代・営業管理・賞与あり(非管理職)の 給与明細

年収の高さばかりに目を奪われがちですが、就職・転職を検討するにあたり気をつけなければならないことはないのでしょうか。

ソニーの見落としがちな留意点、課題は?

前期では過去最高益をたたき出したソニーですが、通算純損益でマイナス4237億円の赤字が消えていないことは、懸念材料の一つです。東洋経済オンラインに掲載された「過去10年で結局赤字だった440社ランキング」では、ソニーは5位という結果でした。

自己資本率においては、ソニーはここ数年14%~15%の低い水準を維持しています。一般的に、自己資本率は高いほど倒産の心配が少なく、経営は安定していると言われています。純資産は負債とは異なり、返済義務がないためです。しかし自己資本率が38.0%の日立製作所と比較すると、ソニーは大きく見劣りしていることがわかります。

ソニーには年収以外にメリットはある?

ここまでソニーの年収面を見てきました。ただ就職先、転職先として年収の高さだけで決めることはできません。その他にメリットは無いのでしょうか?

赤字が残っているという不安要素はあるものの、業界内でも抜群の高水準の給与であることは間違いありません。人材投資に力を注ぐ姿勢は、同業他社との今後の明暗を分ける可能性が大いにあります。

電機事業以外のソニーの屋台骨であるゲームや音楽事業は、事業と技術との垣根を越えた挑戦が予想されています。あるアナリストは「ゲームや音楽はソニー独自の武器だ。」と高い評価をしています。また前社長である平井氏は、現在のソニーを「感動企業」と銘打っており、それぞれの事業で期待ができます。

ソニーは、その企業規模や報酬のいずれをとっても、就職者・転職者のキャリアとして申し分ない企業です。

この記事の執筆者


関連記事

【株価】ソニー株は買いなのか?「前期比3割減益」見込みでも市場が高評価する理由 [期間限定公開]

【株価】ソニー株は買いなのか?「前期比3割減益」見込みでも市場が高評価する理由 [期間限定公開]

ソニー株が上昇しています。2020年7月21日に年初来高値を更新。21年3月期は前期比で大幅減益が予想される中、地合いの良さもあって株価は急激な右肩上がりが進んでいます。21年4月には「ソニーグループ株式会社」を中心とする体制に移行する予定です。果たしてソニー株は買いなのでしょうか?現役社員の声も踏まえて予想します。


【決算】ソニーグループ誕生へ仕上げの1年 「エレキのソニー」から真のグローバル複合企業に

【決算】ソニーグループ誕生へ仕上げの1年 「エレキのソニー」から真のグローバル複合企業に

20年3月期は減収減益も株価が右肩上がりのソニー。2021年4月より「ソニーグループ」に商号変更、エレクトロニクス関連機能を外しグループ本社機能に特化します。あわせて金融持株会社のソニーフィナンシャルホールディングスを完全子会社化し、グローバル複合企業の体制を整えます。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


ソニー vs. パナソニック 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ソニー vs. パナソニック 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ソニーとパナソニックの社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。


【19年3月期】好調ソニー、利益創出の原動力は「ゲーム・音楽・金融・半導体」

【19年3月期】好調ソニー、利益創出の原動力は「ゲーム・音楽・金融・半導体」

国際的複合企業(コングロマリット)として幅広い事業を展開するソニー。ゲームや音楽、映画事業の存在感が大きくなっています。2019年4月からはエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)分野を設け、テレビやAV、カメラなどを統合。事業の現状を財務諸表で確認します。


ソニーに転職したい人のための企業研究【実力で評価&ワークライフバランス制度充実】

ソニーに転職したい人のための企業研究【実力で評価&ワークライフバランス制度充実】

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのは元祖グローバル企業のソニーです。