【面接対策】NTT(日本電信電話)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】NTT(日本電信電話)の中途採用面接では何を聞かれるのか

NTTグループの中核、経営戦略・技術開発を担う日本電信電話。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


NTTの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

日本電信電話(以下、NTT)は、NTTグループの持株会社であり、グループ全体の経営戦略の策定や、基盤となる技術研究開発を担っています。研究開発の拠点であるNTT研究所は、専門領域により組織が分かれており、技術レベルや予算等あらゆる面で日本企業のトップレベルを誇ります。

仕事の規模や社会的な影響力の大きさについても、「目の前で仕掛けた先から社会が変わっていく」「社会インフラ構築に携われることがやりがい」と、大きなやりがいを感じながら仕事に取り組む声が多く見られます。また、年齢や学歴に関係なく、自ら主体的にチャレンジできることもNTT研究所の特徴です。「社員が率先して手を挙げ、果敢にチャレンジしている」と、自由闊達で風通しの良い社風であることが分かります。

旧電電公社という歴史ある企業であるため、「社内の決裁手続きが複雑で時間がかかる」という声も見られます。しかしその一方で、「福利厚生はさすがに手厚い」「労働組合が強いため、有給は完全に消化できる」と、仕事環境については不満の声は一切見られません。また、資格取得支援や人材育成制度等、専門性を高める環境としても、高い充実度を誇るようです。

充実した仕事環境と自由闊達で風通しの良い風土の中、社会を動かすダイナミックな技術を生み出す。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

選考は何次まで?

NTTには、「研究・開発職」と「事務職」「共通職」の3つの職種がありますが、新卒・中途採用ともに募集が行われているのは「研究・開発職」のみです。「研究・開発職」は、NTTグループ全体のR&Dを担うNTT研究所に配属され、基礎研究から実用化開発、技術経営まで、幅広い領域を担当することとなります。理系出身者が大多数であることは事実ですが、文系出身者が社会学や心理学等の専門スキルを発揮することも可能です。

「研究・開発職」の中途採用プロセスは、書類選考と2回の面接です。「研究・開発職」であるため、書類選考においても、これまでの研究成果の分かる研究経歴、論文等の提出が求められます。NTT研究所の研究・事業内容を把握したうえで、提出書類についてはしっかりと精査し、即戦力として活躍できるスキルをアピールしましょう。

面接内容の傾向は?

面接内容には、「充実した仕事環境と自由闊達で風通しの良い風土の中、社会を動かすダイナミックな技術を生み出す」という社風が大いに反映されています。「研究とは終わりがないものだが、それをどう捉えているか?」「これまでの成果について教えてください」といった質問が多く見られ、研究開発に対する姿勢や成果を深く追求されます。

また、「自分の短所をどのように治す努力をしましたか?」「私(面接官本人)についてどう思いますか?」と、自分自身や周囲の人々の人間性について客観的に把握する能力を問う質問も出題されます。NTTの「研究・開発職」は、専門性のみならず、多くのグループ会社や関係会社と関わり、多くのメンバーを巻き込めるコミュニケーション能力が必要とされますので、こうした観点でアピールできるよう、しっかりと準備をしておきましょう。

NTTの面接対策についてもっと具体的な情報を知りたい場合は、引き続きこの記事をお読みください。面接攻略法や、過去の面接で実際に聞かれた質問内容とその回答例をご紹介します。

NTTの面接攻略法(面接対策)

NTTの中期経営戦略『Your Value Partner 2025』を理解した上で自己分析をする

NTTの面接を受ける上では、中期経営戦略『Your Value Partner 2025』を理解しておくことが不可欠です。

NTTの中期経営戦略『Your Value Partner 2025』は今後活躍する人材を採用する人事戦略にも影響します。しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこの経営戦略に合致する人材であることをアピールしましょう。

中期経営戦略『Your Value Partner 2025』のベースとなっているのは、「研究開発」「人材」「ブランド」「ICT基盤」「財務基盤」「顧客基盤」の5つの要素です。「社会的課題を解決できる、高い技術力・専門性を身に着けるためにどのような取り組みをしてきたのか、そしてそれがNTTの事業に対してどのように貢献できるのか」ということを明確に説明できるようにしておきましょう。NTTは、「充実した仕事環境と自由闊達で風通しの良い風土の中、社会を動かすダイナミックな技術を生み出す」社風ですので、主体的に動き、自らプロジェクトを動かしてきた具体的なエピソードを準備することで、こうしたカルチャーフィットについてもアピールすることができます。

そして、グループ各社との「コラボレーション」も、中期経営戦略『Your Value Partner 2025』においては重要な要素です。これまでの経験の中で、「社内外の関係者をしっかりと巻き込み、プロジェクトを成功に導いた」エピソードを具体的に語ることで、「コラボレーション」できるコミュニケーション能力をアピールすることができるでしょう。

「なぜNTTか」を語るための他社研究も忘れずに

NTTの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜNTTか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面も合わせて見ています。

業界理解や職種理解の枠を超えて、NTTという企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。

●KDDI株式会社
●ソフトバンクグループ株式会社

NTTの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、NTTの採用面接を受ける前には、経営戦略に基づいた自己分析や、他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「充実した仕事環境と自由闊達で風通しの良い風土の中、社会を動かすダイナミックな技術を生み出す」という社風を意識して、高い技術力・専門性とコミュニケーション能力を発揮して、組織に貢献できる人材であることを印象付けられるよう、様々なエピソードを準備しておくと良いでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

30歳男性/研究開発【結果:最終面接を辞退】

質問

研究とは終わりがないものだが、それをどう捉えるか?

回答

何かしらの課題に対して目標値を持って取り組みます…(口コミの続きとアドバイスを見る

34歳女性/研究開発【2次面接で不採用】

質問

それ(私の経験)は何の役に立つの?

回答

現在は無意味そうに見えても、将来的に…(口コミの続きとアドバイスを見る

43歳女性/コールセンタースタッフ【結果:入社】

質問

自分の短所をどのように治す努力をしましたか?

回答

短所ではあるが、そればかりにとらわれず…(口コミの続きとアドバイスを見る

33歳男性/人事【結果:1次面接で不採用】

質問

私(面接官本人)についてどう思いますか?

回答

面接の空気も和やかでした…(口コミの続きとアドバイスを見る

NTTの採用面接に向けて

NTTの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

●「充実した仕事環境と自由闊達で風通しの良い風土の中、社会を動かすダイナミックな技術を生み出す」という社風を意識する。そして、高い技術力・専門性とコミュニケーション能力を発揮して、組織に貢献できる人材であることを、自分の言葉でアピールする。

●NTTの中期経営戦略『Your Value Partner 2025』を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。

●競合他社について研究し、「なぜNTTか」に対する答えを明確にしておく。

これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

NTTをはじめ、外資系または高年収確定のハイクラス求人の転職をより確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします(登録フォームに飛びます)。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントについてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧ください。こちらからでも登録できます。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】NTT西日本(西日本電信電話)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】NTT西日本(西日本電信電話)の中途採用面接では何を聞かれるのか

総務省所管の特殊会社であり、日本電信電話(NTT)の完全子会社として西日本地域における電気通信事業を担う西日本電信電話への転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【面接対策】NTT東日本(東日本電信電話)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】NTT東日本(東日本電信電話)の中途採用面接では何を聞かれるのか

日本電信電話(NTT)傘下、総務省所管の特殊会社として東日本地域の地域電気通信事業を担う東日本電信電話(以下、NTT東日本)への転職。中途採用面接では、これまでの仕事内容や成果、今後のキャリアビジョンを具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。事前対策をしっかりして自分を出し切り、転職を成功させましょう。


【平均年収922.2万円】NTT(日本電信電話)の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収922.2万円】NTT(日本電信電話)の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】NTTの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。