【19年6月期】ビッグデータ・AIで急成長のブレインパッド 豊富なキャッシュはどう使う?

【19年6月期】ビッグデータ・AIで急成長のブレインパッド 豊富なキャッシュはどう使う?

ビッグデータ・AI(人工知能)関連企業として、安定的な成長を続けているブレインパッド。近年は深層学習や機械学習といったAI、データサイエンスの活用が注目され、さまざまな場面への応用が期待されます。同社の収益状況やビジネスモデルを概観していきます。


ブレインパッドは、ビッグデータやAIを活用した企業コンサルティング、経営改善を行う会社です。2004年設立、従業員数は306名(2019年6月30日現在)。

収集したデータを分析し、そこから導き出された収益の機会を顧客企業に提供し、対価を受け取るビジネスモデルを構築しています。

さらに、「マーケティング」や「ビジネスインテリジェンス」「データマイニング/機械学習」などの自社製品で経営支援も行い、企業収益を向上させる領域にまで及んでいます。

2019年11月8日現在の株価は5420円

損益計算書(PL):営業利益が前期比2倍超に

ブレインパッドの2019年6月期通期の売上高は56億7700万円と前期比31%増になりました。営業利益は11億8500万円と同102.6%増加し、2倍超に伸長。当期純利益は8億8100万円と同116.5%増でした。

営業利益率は20.9%で前期比7.4ptの伸びで、売上高、利益ともに良好で、売上高は上場した2012年6月期以来、営業利益は2017年6月期から3期連続で前年額を上回っています。


セグメント分析:ストック型からフロー型へ

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは


関連記事

【面接対策】ブレインパッドの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ブレインパッドの中途採用面接では何を聞かれるのか

ビッグデータ活用事業、デジタルマーケティング事業を展開するブレインパッド。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。