【19年3月期】売上高3兆円突破のJR東日本、非鉄道事業で成長

【19年3月期】売上高3兆円突破のJR東日本、非鉄道事業で成長

首都圏・東京を中心に日本の交通網を支えるJR東日本。山手線や中央線を始めとする在来線の他、新幹線網といった安定収益を稼ぐ鉄道事業を有する優良会社です。近年は不動産事業等の「非鉄道事業」が業績を牽引し、2019年3月期に売上高3兆円を突破しました。財務諸表からJR東日本の現状と将来を分析します。


損益計算書(PL):売上収益は初の3兆円突破

東日本旅客鉄道(JR東日本)の2019年3月期の営業収益は3兆20億円で前期比1.8pt増となりました。営業利益は4848億円で同0.7pt増でした。

運輸業等営業費及び売上原価は前期比1.6%増でしたが、粗利率は同0.1ptの改善。販管費も同3.2%増で、営業利益率は16.2%と同0.1ptの悪化となりました。

 

セグメント分析:交通系IC「Suica」の運営事業が成長

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

JR東海 vs. JR東日本 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

JR東海 vs. JR東日本 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

JR東海とJR東日本の社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。


【面接対策】東日本旅客鉄道(JR東日本)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】東日本旅客鉄道(JR東日本)の中途採用面接では何を聞かれるのか

鉄道最大手の東日本旅客鉄道(JR東日本)。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


【平均年収715.4万円】JR東日本の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収715.4万円】JR東日本の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収のなぜシリーズ】平均年収はどれくらい?年棒それとも月給制?ボーナスは年何回?などの給与体系についての素朴な疑問を、取材データや口コミの内容を通じてお答えします。今回は東日本旅客鉄道(JR東日本)です。


駅業務に関わる仕事をしたいなら「JR東日本ステーションサービス」がよさそうな理由

駅業務に関わる仕事をしたいなら「JR東日本ステーションサービス」がよさそうな理由

大きくなった鉄道の駅で働きたい――。子どものころ、そんな夢を抱いた人もいるでしょう。その夢を叶えるならば、競争率の高い鉄道会社に勤めるのが当然かと思いきや、実は専門の子会社に入った方が近道のようです。