【19年12月期】株価急落のザインエレクトロニクス 新戦略目標は達成できるのか

【19年12月期】株価急落のザインエレクトロニクス 新戦略目標は達成できるのか

工場を持たない「ファブレス半導体メーカー」のザインエレクトロニクス。アナログ・デジタル混在のミックスドシグナルLSIを自社ブランドで展開し業績を伸ばしています。2019年12月期はM&Aのシナジーを発揮しましたが、2020年12月期は減収減益予想を受けて株価が急落。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):大幅増益もコスト増で低利益。20年12月期予想は減収減益

ザインエレクトロニクスの2019年12月期決算は、売上高が前期比52.2%増の48億8200万円、営業利益は前期の6倍以上の1億9400万円になりました。

しかし、売上原価が前期比75.5%増の22億6900万円に膨らみ、粗利率が同6.2ptの53.5%に悪化。販管費も同28.5%増の24億1900万円とコストの増加率も高くなっており、営業利益率は同3.0pt増の4.0%にとどまっています。

親会社株主に帰属する当期純利益は1億8500万円で、前期比72.9%増えています。

ザインエレクトロニクスは2016~2017年12月期に、当時粗利益の3分の2を占めて主力だったアミューズメント機器向けの半導体がパチンコ・パチスロ業界の新規制導入の影響を受けるなどして、赤字に転落。現在は黒字転換したものの利益率は低いままです。

なお、2020年12月期の業績は、売上高が前期比9.5%減の44億2200万円、営業利益が同96.3%減の700万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同87.3%減の2300万円と予想されています。

セグメント分析:M&Aで「AIOT事業」を強化

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

自動車・IT系が得意。分かりやすい記事を発信できるよう努めます。