【19年12月期】経営統合のカルタホールディングス 「電通との協業」「M&A」に注目

【19年12月期】経営統合のカルタホールディングス 「電通との協業」「M&A」に注目

2019年1月にVOYAGE GROUPとCCIとの経営統合で誕生したカルタホールディングス。多様化するネット広告へのニーズに対応したメディアレップ事業やアドテク事業で成長し、2019年12月期は期中に業績予想を上方修正。2022年12月期に売上高320億円を目指します。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):第3四半期の上方修正を超える増収増益

カルタホールディングスの2019年12月期決算は、VOYAGE GROUPとサイバー・コミュニケーションズ(CCI)の経営統合後、初の決算です。

9月だった旧VOYAGE GROUPの決算期を社名変更後に12月へ変更する移行措置として、CCIの2018年10月1日~12月31日の3ヵ月分の業績に、経営統合後のカルタホールディングスの2019年1月1日~12月31日の連結業績を合算する変則決算を行っており、以前の財務諸表との間に連続性がなくなっています。

2019年12月期の売上高は262億円、営業利益は38億円。2019年10月に営業利益予想を10億円増加の35億円に引き上げる上方修正を行いましたが、決算ではそれをさらに上回る結果となりました。

なお、12ヵ月換算の金額で比較すると、売上高は前期比10.8%増の229億円、営業利益は同3.8%増の31億円で増収増益でした。経営統合によるのれんなどを除いたのれん償却前営業利益は、前期比17.8%増の37億円となっています。

売上原価は前期比3.5%増の30億円で、粗利率は同0.9pt改善の87.1%。販管費はのれん償却費の加算で同13.5%増の169億円に増えており、営業利益率は同0.9pt減の13.4%に下がっています。

親会社株主に帰属する当期純利益は前期比26.6%減の16億2200万円。これは、本社移転費用や投資有価証券売却損、固定資産除去損などの特別損失が増えたためです。

出典:2019年12月期 通期決算説明資料

2020年12月期の業績は、売上高が前期比0.3%増の230億円営業利益が同18.9%減の25億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同1.4%減の16億円と予想されています。

この予想は、オリンピックなどのアップサイドや、メディアとの取引条件悪化などのダウンサイドといった不確定要素を除いたものになっています。

セグメント分析:CCIの「メディアレップ」が利益の6割生む

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

自動車・IT系が得意。分かりやすい記事を発信できるよう努めます。