【平均年収537.8万円】早稲田アカデミー社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収537.8万円】早稲田アカデミー社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】早稲田アカデミー社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


早稲田アカデミーの平均年収は537.8万円

それでは、はじめに早稲田アカデミーの平均年収について見ていきます。早稲田アカデミーの平均年収は、2019年3月期の有価証券報告書によると、537.8万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出した早稲田アカデミー年代別年収レンジは、20歳代で290〜390万円、30歳代で450〜550万円、40歳代で600〜700万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.07倍の額です。

早稲田アカデミーの平均年収推移

5期連続で増収増益、平均年収も過去5年間で約50万円アップ

早稲田アカデミー・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢従業員数
2019年3月期537.8万円37.8歳831人
2018年3月期529万円36.8歳842人
2017年3月期507.3万円36.3歳825人
2016年3月期508.7万円35.7歳837人
2015年3月期492.3万円35.1歳826人

出典:早稲田アカデミー・有価証券報告書

早稲田アカデミーの過去5年間の平均年収を見てみると、2016年から2017年は微減していますが、それを除くと順調に増加しています。2015年時点では492.3万円でしたが、2019年には538.8万円と、50万円弱の増加です。

これには、5期連続増収増益という順調な業績が背景にあります。特に小学部の業績が大きく伸長したほか、校舎営業日の見直しや人事制度改革プロジェクトの推進など、業務効率改善と費用削減の取り組みが奏功しているようです。

早稲田アカデミーの年代別平均年収と中央値

早稲田アカデミーの年収中央値は30代で448.7万円

ここまで平均年収を見てきましたが、早稲田アカデミーのより実態に近い年収は中央値を見ればわかります。早稲田アカデミーの世代別平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

早稲田アカデミーの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代337.5万円24.1万円43.8万円303.75万円
30代498.5万円35.6万円79.7万円448.7万円
40代648.5万円46.3万円129.7万円583.65万円
50代749.7万円53.5万円149.9万円674.73万円
60代654.1万円46.7万円130.8万円588.69万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

早稲田アカデミーは、私立中学・高校受験を主力サービスとして、首都圏を中心に展開していますが、業種としては「教育/学習支援業」に分類されます。

この業種は、平均年収という観点においては、全業種平均に比べて10~100万円程度上回る水準にあります。たとえば30代であれば、全業種平均が320.6万円であるのに対し、業種別平均は357万円です。

この「教育/学習支援業」において、早稲田アカデミーの年収中央値は、全世代において業種別平均年収を大きく上回っています。同じく30代を取り上げると、業種別平均が357万円に対し、早稲田アカデミーの年収中央値は448.7万円と、100万円ほど上回っています。この傾向は全年代において当てはまり、この業種において早稲田アカデミーの年収は高い水準であると言えるでしょう。

早稲田アカデミーの給与体系・内訳

賞与以外に報奨金もあり

早稲田アカデミーの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・12月)の賞与で構成されています。さらに、目標達成度合いにもよりますが、別途報奨金も支給されます。

諸手当は、通勤手当、家族手当、超過勤務手当、役職手当などですが、配属に際して「自宅のある最寄駅から通える範囲内(約1時間圏内)」というルールが制定されており、通勤手当も「月額4万円まで」が条件です。また福利厚生として、退職金制度、慶弔見舞金制度、従業員持株会制度、団体保険制度などの制度が整備されていますが、特に従業員持株会制度においては、補助金が10%支給されることが特徴です。

上記の報奨金については、校舎運営や事務アンケート、合格実績などにおいて目標を設定し、その目標を達成した部署・社員に対してインセンティブとして支給されます。対象者は「全社を挙げて賞賛」されますが、「部署によって達成しやすいかどうか差があり、不公平感はある」との声も見られます。

早稲田アカデミー社員の給与明細(キャリコネ)

年齢ではなく、実力に応じて給与が決定

20代教育系(非管理職)の 給与明細

20代教育系(非管理職)の 給与明細

評価次第で賞与も高額に

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

早稲田アカデミーの職種別年収

総合職(校舎講師/本社スタッフ)と事務職では処遇が異なる

早稲田アカデミーの職種は、「総合職(校舎講師)」と「総合職(本社スタッフ)」、「事務職」の大きく3つに分類されています。それぞれの職種の中でランク分けがなされており、そのランクに応じて基本給が設定されています。

初任給についても職種別に以下の通り設定されています。
●総合職(校舎講師/本社スタッフ) 月給238,000円
●事務職(校舎/本社) 月給211,000円

また、上記の3職種以外に「プロ講師」という職種もありますが、これは1日・業務委託・契約社員・正社員など、希望の契約形態を選択することができ、処遇についても個別に設定されるようです。

早稲田アカデミー社員の給与明細(キャリコネ)

同年齢でも実力で大きな年収差が

20代教育系(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

職種・ランクによって基本給が大きく異なる

30代教育系(非管理職)の 給与明細

30代カスタマーサポート(非管理職)の 給与明細

早稲田アカデミーで年収を上げる方法

「管理職・専門職選考会」に合格すれば、スピード出世も可能

前述の通り、早稲田アカデミーの給与は、「総合職(校舎講師)」と「総合職(本社スタッフ)」、「事務職」の3つの職種の中でさらにランク分けがされており、そのランクに応じて基本給が設定されています。つまり、年収を上げるためには、そのランクを上げること=昇格することが必要です。

それぞれの職種において、一般社員のランク分けは以下の通りとなっています。
●「総合職(校舎講師)」:K1→K2~K4(主任)→K5(副校長・校長代理)
●「総合職(本社スタッフ)」:S1→S2~S4(主任)→S5(課長代理)
●「事務職」:J1→J2~J4(主任)→J4(係長・事務長)

課長級以上の管理職クラスに昇格すると、「管理職」と「専門職」の2つのキャリアパターンを選択することができるのが、早稲田アカデミーの人材育成制度の特徴です。「管理職」「専門職」においては職種による差はなく、3職種共通の処遇となります。
●「管理職」:M1~M2(校長・課長)→M3(次長)→M4(部長・室長)→M5(本部長・副本部長)
●「専門職」:P1(主査)→P2(上席)→P3(主席)
また、入社時の職種に限定されることなく、希望すれば異職種に転向することも可能です。

毎年の評価方法としては、半期に一度上長との評価面接が実施されていますが、それ以外に昇格するためには「管理職・専門職選考会」という昇格試験に合格することが必要です。この試験は年に1回実施されますが、年齢や社歴に関わらず、選考を受けることが可能であり、「2年目で校長にもなれる」との口コミも見られます。

早稲田アカデミー社員の口コミ(キャリコネ)

評価と業績に連動するため、毎年の変動が大きい

「本人の成果がそのまま給与に反映しやすい制度 年収に占める業績連動型の報酬の割合が高いため、毎年の収入が変動しやすい……

目標の達成度に応じて賞与額が決定

「全てにおいて目標が設定されており、それに応じてボーナスも決定される 目標が明確なので上司との相性などで不当に評価されることはない……

早稲田アカデミーのライバル企業と比較

首都圏ライバル企業に対しては、若干見劣りする水準

まず比較対象として、同じく首都圏を中心に展開、中学・高校受験を主力サービスとする、ナガセ(東進ハイスクール・四谷大塚を運営)と、リソー教育(TOMASを運営)を取り上げます。早稲田アカデミーの平均年収は537.8万円であるのに対し、ナガセは769.8万円、リソー教育は667.2万円と、大きく引き離されています。これは、ナガセ・リソー教育においては、職種がいわゆる「総合職」のみであり、「事務職」の採用は実施していないことが、平均年収に差が出た要因であると考えられます。

さらに、関西圏で同様のサービスを展開する、京進と比較してみましょう。京進の平均年収は491.8万円と、早稲田アカデミーよりも50万円ほど低い水準です。京進の売上高・各利益は、早稲田アカデミーのそれよりも大きく下回っているため、これは順当な位置づけであると言えるでしょう。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
早稲田アカデミー537.8万円37.8歳8.8年831人224億円
ナガセ769.8万円35.6歳10.5年468人280億円
リソー教育667.2万円42歳8.6年274人195.9億円
京進491.8万円36.8歳10.1年830人124.2億円

出典・参考
厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」「平成30年国民生活基礎調査」
経済産業省「平成30年企業活動基本調査速報-平成29年度実績-」
国税庁「平成30年度民間給与実態統計調査」
マイナビ「業種別 モデル年収平均ランキング」

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】早稲田アカデミーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】早稲田アカデミーの中途採用面接では何を聞かれるのか

首都圏において進学学習指導事業を展開している早稲田アカデミー。中途採用面接では、新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。