【平均年収481.2万円】ジブラルタ生命保険社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収481.2万円】ジブラルタ生命保険社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】ジブラルタ生命保険社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


ジブラルタ生命保険の平均年収は481.2万円

まずはじめにジブラルタ生命保険の平均年収を見ていきましょう。ジブラルタ生命保険の平均年収は481.2万円です(2019年3月期有価証券報告書)。キャリコネに投稿された給与明細を参考にジブラルタ生命保険の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で150〜250万円、30歳代で290〜390万円、40歳代で410〜510万円という結果がでました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ0.96倍の額です。

ジブラルタ生命保険の平均年収推移

経営統合にともなう減少後は微増

ジブラルタ生命保険・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢従業員数
2019年3月期481.2万円46歳3847人
2018年3月期480万円46歳3791人
2017年3月期477.6万円45歳3834人
2016年3月期483.6万円45歳3846人
2015年3月期489.6万円44歳4043人

出典:ジブラルタ生命保険・有価証券報告書

ジブラルタ生命の内勤職員の年収は2015年3月期から2017年3月期にかけて減少し、その後は微増傾向にあります。2017年3月期の口コミを見ると、「スタッフは残業代が青天井でつく」「残業代はしっかり出る」と言ったコメントがあり、2012年の経営統合の影響が落ち着くとともに非管理職では時間外勤務が減少した影響と考えられます。2015年に保険料支払いの完全キャッシュレス化を達成しており、業務の効率化も進んでいます。2019年3月期は経常利益2286億9600万円を達成するなど、堅調な業績となっています。

ジブラルタ生命保険の年代別平均年収と中央値

ジブラルタ生命保険の年収中央値は30代で304.3万円

平均年収は収入における目安のひとつですが、実際にもらえる額とは大幅に違うこともしばしばです。年収実態により近いジブラルタ生命保険の年収中央値を世代別に見ていきます。下の表はジブラルタ生命保険の20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値一覧です。

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代198.4万円12.4万円0万円178.56万円
30代338.1万円21.1万円43.9万円304.3万円
40代452.6万円28.2万円72.4万円407.34万円
50代450.5万円28.1万円72万円405.45万円
60代250.3万円15.6万円20万円225.27万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

ジブラルタ生命は、1947年に設立された協栄生命保険を前身として、2001年に世界最大級の金融サービス機関であるプルデンシャルフィナンシャルの傘下で営業を開始した、日本教育公務員共済会等に強みを持つ生命保険会社です。業種は「保険業」に分類されます。ジブラルタ生命の内勤職員の平均年収は481.2万円、平均年齢は46才となっています。平均年収を年代別に見ると、20代は198.4万円、30代は338.1万円と保険業全体の平均の78%にとどまっていますが、これはフルコミッションの報酬体系で高所得者がごく一部であり、初期に退職する職員も一定数存在することが推測されます。

ジブラルタ生命保険の給与体系・内訳

実力主義の報酬体系で賞与は年4回

ジブラルタ生命の給与体系は、基本給と時間外手当等からなる月給と、年4回(3月、6月、9月、12月)の賞与(ボーナス)で構成されています。営業は「入社後2年間は初期補給金があるが、その後は完全フルコミッションで売上に応じて収入が上がる仕組み」「2年間は初期補給金がある」という口コミがあり、実力主義の報酬体系となっています。営業管理職の給与体系については「固定給プラスインセンティブ(チームの人数、売上等)で決定される」、管理部門の職員からは、「職責ごとの役割期待に応じて、給与水準のレンジが設定されている」、などの口コミがあり、報酬については明確な基準があるようです。

ジブラルタ生命保険社員の給与明細(キャリコネ)

フルコミッションでも2年間は固定給あり

20代コンサルティング営業(非管理職)の 給与明細

20代コンサルティング営業(非管理職)の 給与明細

月給に占める時間外手当の割合が25%程度

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

ジブラルタ生命保険の職種別年収

職種及び職責によって給与が異なる

新卒の募集要項を見ると、【本社スタッフ】の募集職種は、営業サポート部門、契約管理部門、人事関連部門、数理部門、IT部門等、【長崎本社スタッフ】の募集職種は契約管理部門、となっています。
初任給は、2019年4月実績では【本社スタッフ】は217000円、【長崎本社スタッフ】は173600円です。
中途採用の募集要項では、営業管理職(月給50万円以上)、代理店営業担当(月給26万円以上)、となっており、キャリアや経験によって幅があるといえます。

研修制度については、各種スキル研修(ロジカルライティング、プレゼンテーション、タイムマネジメント 等)、英語学習サポート、業界共通試験、管理職研修(国内・米国) 等を用意し、人材育成に活用しています。

ジブラルタ生命保険社員の給与明細(キャリコネ)

職種により年収は大きく異なる

20代カスタマーサポート(非管理職)の 給与明細

20代人事(非管理職)の 給与明細

定期賞与4回の年収に占める割合は約25%

30代広告宣伝(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

ジブラルタ生命保険で年収を上げる方法

管理職を目指す

「マネージャーにならないと給与が打ち止めになってしまう」と口コミにあるように、昇格してマネージャー以上になることで年収が上がる給与体系となっています。「スタッフ職」と呼ばれる非管理職の場合は、残業手当が支払われます。また、営業職ではフルコミッションのため、契約を取得するほど年収が上がる仕組みとなっています。
非管理職の残業手当については、「残業代がしっかり出る」「残業を申請しにくい」という両極端な口コミがあり、部署によって運用実態が異なる様子です。

ジブラルタ生命保険社員の口コミ(キャリコネ)

営業はフルコミッションで、売上に連動して給与が上がる仕組み

「完全フルコミッションの報酬体系で安定して食べていくにはそれなりの努力と精神力が必要 入社する際は十分考慮することを推奨……

二年間は初期補給金あり

「二年間は初期補給金があり提携地盤(公務員)がしっかりしている。 報酬は毎月の報酬+年四回の直近3ヶ月の評価基準によるボーナス……

ジブラルタ生命保険のライバル企業と比較

成果主義で平均年齢が高い

ジブラルタ生命を、中堅生命保険会社である大同生命、オリックス生命と比較してみます。
ジブラルタ生命は、1947年に設立された協栄生命が母体で日本教育公務員共済会等を基盤としており、平均年齢が46歳と高くなっています。
大同生命は、1947年に相互会社として設立され、定期保険を中小企業団体の福利厚生制度として、推進しています。
オリックス生命は、1991年設立と比較的歴史が浅く、代理店を通じてシンプルでわかりやすい商品やサービスを販売しています。

オリックス生命では「年功序列に近い」、大同生命には、「新卒は年功序列で中途採用は実力主義」、という口コミがそれぞれ寄せられていますが、ジブラルタ生命は外資系生保であり完全な実力主義の給与体系が導入されています。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
ジブラルタ生命保険481.2万円46歳16年3847人11662953億円
オリックス生命保険483.6万円38.1歳5.9年1991人1903288億円
大同生命保険会社514.8万円41.6歳17.4年3119人11088948億円

出典・参考
厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」「平成30年国民生活基礎調査」
経済産業省「平成30年企業活動基本調査速報-平成29年度実績-」
国税庁「平成30年度民間給与実態統計調査」
マイナビ「業種別 モデル年収平均ランキング」

この記事の執筆者


関連記事

【面接対策】ジブラルタ生命保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ジブラルタ生命保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

日本全国47都道府県に営業展開するジブラルタ生命保険。中途採用面接では、新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。