【平均年収721.2万円】ダスキンの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収721.2万円】ダスキンの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】ダスキン社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


ダスキンの平均年収は721.2万円

それでは、はじめにダスキンの平均年収について見ていきます。ダスキンの平均年収は、2020年3月期の有価証券報告書によると、721.2万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出したダスキン年代別年収レンジは、20歳代で400〜500万円、30歳代で540〜640万円、40歳代で660〜760万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.44倍の額です。

ダスキンの平均年収推移

安定して710~720万円台を推移

ダスキン・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2020年3月期721.2万円45.7歳16.1年1974人
2019年3月期716.2万円45.6歳16.1年2020人
2018年3月期711.7万円45.4歳16.3年1991人
2017年3月期702.6万円45.1歳16.3年1954人
2016年3月期741.3万円44.9歳16.5年1960人

出典:ダスキン・有価証券報告書

ダスキンの過去5年間の平均年収は、2016年3月期は740万円を超えるも、その後は710~720万円前後を推移しています。

ダスキンは、清掃用具レンタルなどを始めとする「訪販グループ」と、ミスタードーナツを展開する「フードグループ」の2事業に分かれます。この2つの事業それぞれ増減はあれど、全体としては5期連続で減収を続けています。しかし一方で営業利益については2020年3月期を除いては増益を続け、こうした動きが、安定した水準の平均年収につながっていることが推測されます。

ダスキンの年代別平均年収と中央値

ダスキンの年収中央値は30代で529.1万円

有価証券報告書の平均年収は、全社員の平均を表したものなので、実際にもらえる額とは大幅に違います。ダスキンの年収実態を知るため、世代別の平均年収と年収中央値を見ましょう。下記はダスキンの20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表したものです。

ダスキンの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代446.7万円25.5万円71.4万円402.03万円
30代587.9万円33.5万円94万円529.1万円
40代702.8万円40.1万円140.5万円632.52万円
50代711.2万円40.6万円142.2万円640.08万円
60代466.3万円26.6万円74.6万円419.67万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

訪販グループ、フードグループの2事業を展開するダスキンは、業種としては「生活関連サービス業」に分類されます。この業種は、平均年収という観点においては、全業種平均に比べて若干低い業種です。例えば30代を見てみると、全業種平均が320.6万円であるのに対し、業種別平均は291.6万円、といった具合です。

こうした「生活関連サービス業」において、ダスキンの年収中央値は、業種別平均を大きく上回っています。同じく30代は529.1万円と、業種別平均の約1.8倍という高さです。この傾向はすべての年代においてあてはまり、いかにダスキンの年収水準が高いかが分かります。

ダスキンの年収が高い理由

賞与は7ヶ月分に迫ることも

ダスキンの年収の高さを支える最大の理由は、賞与の支給金額の大きさです。中途採用の募集要項を見てみると、過去(2018年)の賞与支給実績として、
●年2回(6月・11月):約5ヶ月分
●利益配分(期末賞与):1.79ヶ月分
とあり、年間合計で実に6.79ヶ月分という高い水準です。期末賞与は、利益次第であり、「2020年度はコロナ禍の影響により配分予定無し」ということも起こりえますが、それを除いても十分に高い金額であることは間違いないと言えます。

さらに、福利厚生制度の一つである「永年勤続表彰制度」では、勤続年数に応じて、以下のような特別休暇と手当が支給されます。
●勤続10年:特別休暇10日と10万円
●勤続20年:特別休暇20日と20万円
●勤続30年:特別休暇30日と30万円
こうした制度の充実も、平均年収を押し上げる一つの要素であるようです。

ダスキンの給与体系・内訳

賞与は年2回+期末賞与

ダスキンの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・11月)の賞与で構成されています。賞与については、会社業績に連動して期末賞与が支給されることが特徴です。

諸手当は、通勤手当(月額上限5万円)、家族手当と住宅手当が主だったものです。家族手当は、配偶者は18000円、子どもは7000円/人で、住宅手当は転勤の際に転勤手当として支給されるため、対象者としてはかなり限定的であると言えるでしょう。それ以外にも福利厚生として、社員持株会や確定拠出年金・財形貯蓄・借上住宅制度などの制度が整備されています。

ダスキン社員の給与明細(キャリコネ)

20代と30代で年収にほぼ差がないケースも

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

賞与の支給額が年収を大きく左右する

20代営業(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

ダスキンの職種別年収

職種による年収差はない

ダスキンの職種は、新卒採用の際は「総合職」の中でさらに「一般選考」と「理系選考」の2つのコースに分かれています。「一般選考」は営業部門(各事業の営業)と食品部門(店舗運営等)、「理系選考」は化学部門(新商品の研究開発等)、エンジニア部門(設備機器開発等)の職場で活躍します。

賃金制度は、いずれのコースについても共通の制度が適用されるため、職種による年収差は発生しません。初任給についても、以下の通り、学歴別に設定されています。
<初任給【基本給】>
●大学卒 :月給 212,600円(2022年4月予定)
●大学院卒:月給 224,600円(2022年4月予定)
※別途各種手当あり。

年代・職位別の年収目安としては、20代が400~500万円、30代が500~650万円、課長級になると900万円を超える水準となります。

ダスキン社員の給与明細(キャリコネ)

諸手当類で数十万円の年収差に

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

同じ30代でも約100万円の年収差になることも

30代営業(非管理職)の 給与明細

30代その他(非管理職)の 給与明細

ダスキンで年収を上げる方法

年功序列をベースとしつつ、実力も反映

ダスキンの年収は、口コミを見ると「年齢と等級により、明確に基本給範囲が示されている」とのこと。つまり、ある程度は年功序列の要素が強く、これに評価結果が加えられて(=等級)基本給が決まるという仕組みです。したがって、年収を上げるためには、社歴を上げるとともに、等級を上げることが必要です。

評価制度としては、年初に目標を定め、半期ごとに上長との面談を実施、目標に対する達成度と難易度によって評価結果が決まる、というものです。この評価結果がポイントとして累積され、規定のポイント数を確保した人が昇格できます。とはいえ例外もあるようで、「特選枠で、特別に頑張った人は、階級の特進がある」というケースも。年功序列が強いとはいえ、しっかりと実力も評価される風土であると言えます。

ダスキン社員の口コミ(キャリコネ)

年功序列の要素が根強く残る

「基本的に年功序列の意識が高い会社 自分の意見を強くアピール出来るかが重要……

公正な風土、実力も反映される

「コンプライアンスも重視し、社会的信用も高い 頑張っただけ評価される……

ダスキンのライバル企業と比較

同業他社に比べると群を抜いて高い水準

ダスキンのライバル企業として、ファストフード業界での競合であるモスフードサービスと日本KFCホールディングス、家事支援業界での競合であるパソナグループの3社を取り上げます。ダスキンの平均年収が721.2万円であるのに対し、モスフードサービスは642.2万円、日本KFCホールディングスが630.9万円、パソナグループは608.8万円と3社とも600万円台前半であり、ダスキンの平均年収は群を抜いて高い水準です。「サービス業においては高水準」という口コミが見られますが、これは事実であると言えます。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
ダスキン721.2万円45.7歳16.1年1974人1278.4億円
モスフードサービス642.2万円42歳16.3年500人502.8億円
日本KFCホールディングス630.9万円47.3歳15.7年66人1342.5億円
パソナグループ608.8万円36歳8.4年661人95億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】ダスキンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ダスキンの中途採用面接では何を聞かれるのか

「ドーナツ」と「清掃業」といえば、誰しもがイメージするであろうダスキンへの転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策して転職を成功させましょう。