【平均年収581万円】アドウェイズ社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収581万円】アドウェイズ社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】アドウェイズ社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


アドウェイズの平均年収は581万円

それでは、はじめにアドウェイズの平均年収について見ていきます。アドウェイズの平均年収は、2020年3月期の有価証券報告書によると、581万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出したアドウェイズ年代別年収レンジは、20歳代で380〜480万円、30歳代で590〜690万円、40歳代で740〜840万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.16倍の額です。

アドウェイズの平均年収推移

右肩上がりに上昇を続ける

アドウェイズ・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2020年3月期581万円32.8歳4.3年506人
2019年3月期581.1万円31.9歳3.8年510人
2018年3月期551.5万円31.7歳3.6年509人
2017年3月期527.1万円31.2歳3.3年496人
2016年3月期520.8万円30.8歳3.1年436人

出典:アドウェイズ・有価証券報告書

アドウェイズの過去5年間の平均年収は、2016年3月期の520.8万円から徐々に増加、2019年3月期には581.1万円まで到達しています。翌2020年3月期も同水準を保持しています。

同社の業績は、2016年3月期から2019年3月期まで順調に売上高を上げ、2020年3月期は減益しますが、2021年3月期の業績は、売上高・営業利益ともに過去最高更新する見込みが立てられています。さらに2021年には、方針として「人・機械・事業」に投資を強化することも掲げられているため、平均年収もさらに増加することが期待できるでしょう。

アドウェイズの年代別平均年収と中央値

アドウェイズの年収中央値は30代で575万円

ここまで平均年収を見てきましたが、アドウェイズのより実態に近い年収は中央値を見ればわかります。アドウェイズの世代別平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

アドウェイズの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代427.6万円35.6万円68.4万円384.84万円
30代638.9万円53.2万円127.7万円575万円
40代786万円65.5万円157.2万円707.4万円
50代908.2万円75.6万円181.6万円817.38万円
60代428.3万円35.6万円68.5万円385.47万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

アフィリエイト(成果報酬型)広告で国内大手であるアドウェイズは、業種としては「専門・技術サービス業」に分類されます。この業種の平均年収は、全業種平均に比べて上回っていることが特徴です。例えば30代であれば、全業種平均が320.6万円であるのに対し、業種別平均が376.3万円、といった具合です。

こうした「専門・技術サービス業」において、アドウェイズの年収中央値は、業種別平均を大きく上回っています。同じく30代の年収中央値は575万円であり、業種別平均の約1.5倍です。社員の口コミを見ると、「同じネット系企業と比べると、やや低い」という声も見られるものの、業種内においては十分に高い水準であると言えるでしょう。

アドウェイズ社員の給与明細(キャリコネ)

同職種・同年代でも基本給の差が7万円

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

評価次第で20代で年収600万となるケースも

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

アドウェイズの職種別年収

マネジメント層でも給与水準は変わらない?

アドウェイズの職種は、「総合職」「エンジニア職」「デザイナー職」の大きく3つに分類されます。賃金制度については、次項にて詳述しますが、等級制度が導入されたばかりであり、その新制度の詳細については公開されていません。現状、新卒採用サイトにおいて公開されている初任給については、職種別に初任給が設定されています。
<初任給>
●総合職・デザイナー職:月額30万円(年俸360万円)
●エンジニア職:月額34万円~(年俸408万円~)

年2回の昇給の機会があるものの、過去の制度においては、「マネージメント層になったからと言って、給与水準は変わらない」という声も聞かれます。最も多い年収のレンジとしては、500~600万円といった当たりですが、その対象者は20代前半から30代までと、かなり広い年齢層です。その一方で、同じ30歳の場合でも、「デザイナーで年収300~360万円」の人もいれば、「営業で600万円」の人もいる、というバラつきの大きさも伺えます。

アドウェイズ社員の給与明細(キャリコネ)

同年齢でも年収100万円超の差も

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

同じ20代でも2倍以上の年収差に

20代その他(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

アドウェイズで年収を上げる方法

評価次第で大幅な昇給も

先述した通り、同社では「等級制度」が導入されたばかりであり、その運用については、「給与にあまり変動がない」という声も多く見られます。制度移行期の最中であり、現状では大きく賃金に変化があるわけではないようです。

これまでの制度においては、年2回の査定による昇給が設定されており、半期ごとに年俸額が決定していました。評価制度については、「半期ごとに目標を立て、上長との面談によって評価結果=昇給額が決まる」というもの。評価基準については、「目標も評価基準も規則性はなく、上司の主観が強い」「結局は上司に気に入られているかが大事」と決して社員からの評判は高くないようで、これが制度改定の背景の一つであることが推測されます。しかしこの査定による昇給額は、高評価が得られれば大きく、「月3~10万円上がることもある」とのこと。先述のとおり、年齢や社歴によって年収が決まることはなく、評価結果がダイレクトに年収に響く制度であったようです。

アドウェイズ社員の口コミ(キャリコネ)

基本的に実力主義、しかし社内営業も必要

「基本的には成果を出している人間は出世しやすい 見せ方を意識した社内営業も必要……

評価結果は上司との相性次第

「個人目標の妥当性など社内で統一されたルールがない 結局は上司に気に入られているか……

アドウェイズのライバル企業と比較

業界ではトップ水準

アドウェイズのライバル企業として、同じくアフィリエイト型の広告会社である、インタースペース(「アクセストレード」運営、業界大手)、バリューコマース(アフィリエイト広告首位級)、ファンコミュニケーションズ(「A8」や「ネンド」など運用する業界大手)の3社を取り上げます。アドウェイズの平均年収が581万円であるのに対し、インタースペースは542.4万円、バリューコマースは575.6万円、ファンコミュニケーションズは451.7万円です。社員からは「同じネット系企業と比べると、やや低い」と言われているものの、実際は業界トップ水準であることが分かります。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
アドウェイズ581万円32.8歳4.3年506人328.5億円
インタースペース542.4万円33.6歳5.1年324人224.3億円
バリューコマース575.6万円35.3歳5.3年277人363.5億円
ファンコミュニケーションズ451.7万円32.2歳4.6年400人276.8億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】アドウェイズの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アドウェイズの中途採用面接では何を聞かれるのか

アジアを中心に海外展開も手掛けるインターネット広告企業であるアドウェイズ。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。