【平均年収566万円】クイック社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収566万円】クイック社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】クイック社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


クイックの平均年収は566万円

まずはじめにクイックの平均年収を見ていきましょう。クイックの平均年収は566万円です(2021年3月期有価証券報告書)。キャリコネに投稿された給与明細を参考にクイックの年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で500〜600万円、30歳代で610〜710万円、40歳代で720〜820万円という結果がでました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.13倍の額です。

クイックの平均年収推移

2018年3月期以降は徐々に減少を続ける

クイック・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2021年3月期566万円29.8歳5.8年845人
2020年3月期572.7万円30歳5.8年783人
2019年3月期577.9万円30.2歳6年691人
2018年3月期588万円30.1歳6.2年575人
2017年3月期549.1万円30.3歳6年508人

出典:クイック・有価証券報告書

クイックの過去5年間の平均年収を見てみると。2018年3月期の588万円をピークに、以降3年間は徐々に減少を続け、2021年3月期には566万円となっています。しかし変動しているとはいえ、500万円台後半、という範囲内ではあります。

同社の業績は、2020年3月期までは「10期連続増収増益」を続けており、さらに2019年3月期、2020年3月期は連続して過去最高の売上高・利益を達成しています。しかし2021年3月期は一転、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、雇用情勢が悪化したことで、減収減益となっています。こうした業績変化と、従業員数と新卒採用数の増加が影響し、上記のような平均年収の動きにつながったことが推測されます。

2022年3月期の業績見込みについては、再び増収増益が予測されているため、再び増加傾向に戻ることが期待できます。

クイックの年代別平均年収と中央値

クイックの年収中央値は30代で591.6万円

クイックの平均年収は収入における目安のひとつですが、全社員の平均なので、実際にもらえる年収額とはかけ離れている可能性があります。クイックの年収実態により近い年収中央値を見ることが有効です。20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

クイックの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代540.9万円38.6万円86.5万円486.81万円
30代657.3万円46.9万円131.4万円591.6万円
40代767.2万円54.8万円153.4万円690.48万円
50代819.3万円58.5万円163.8万円737.37万円
60代563.1万円40.2万円90万円506.79万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

看護師や建設関連など専門職の人材紹介・派遣事業を中心に展開するクイックは、業種でいうと「サービス業」に分類されます。この業種の平均年収は、全業種平均に比較すると、やや低いことが特徴です。例えば30代の場合、全業種平均が320.6万円であるのに対し、業種別平均は260.6万円、といった具合です。

こうしたサービス業において、クイックの年収中央値は、すべての年代において業種別平均を大きく上回ります。同じく30代の年収中央値は591.6万円であり、これは業種別平均の約2.3倍になります。こうした傾向はすべての年代において当てはまるものであり、いかに同社の年収水準が高いかが伺えます。

クイックの給与体系・内訳

入社3年目以降は「半期年俸制」

クイックの給与体系は、グレードによって異なる体系を取っています。新卒入社時(=G1)は月給制であり、賞与は年2回支給されます。評価結果によりますが、入社3年目にG2に上がると、「半期年俸制」に移行します。この年俸額には賞与も含まれており、6分割した金額が月給として支払われます。

年俸額以外に諸手当、福利厚生制度も整備されています。諸手当としては、通勤交通費(月10万円迄)、地域手当、役職手当、扶養家族手当などです。地域手当は事業部・職種・勤務地によって金額に差異があります。同じ東京・神奈川勤務であっても、人材紹介事業本部「コンサルタント」やWeb事業企画開発室は「一律月1万円」、人材紹介事業本部「コーディネーター」の場合は「一律月2万円」という設定です。また、時間外手当は「グレード手当」と呼ばれますが、これも事業部・職種によって扱いが異なります。ある一定の固定時間分の時間外手当が支給されることは同一ですが、その対象時間は、人材紹介事業本部「コンサルタント」は月42時間分、「制作職」は月35時間分、「営業アシスタント」は月25時間分、と細かく条件分けがされています。

さらに福利厚生制度として、独身寮(東京・大阪)・ 財形貯蓄制度・ 確定拠出年金制度・ 社員持株制度・ 結婚祝い金制度など、多くの制度が整備されています。

クイック社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で年収約2倍に!

20代その他(非管理職)の 給与明細

30代その他(非管理職)の 給与明細

入社数年で月給が13万円増

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

クイックの職種別年収

初任給は職種別、入社後はグレード別

クイックの職種は、事業部ごとに多くの職種に細分化されています。現在新卒採用の対象となっているのは、
●人材紹介事業本部「コンサルタント」「コーディネーター」
●リクルーティング事業本部「リクルーティング企画営業」
●Web事業企画開発室「開発エンジニア」「Webマーケティング」「編集職」
以上の6職種ですが、これ以外にも、転職希望者対応を主とする「アドミニストレーター」、「営業事務スタッフ」や「営業アシスタント」「制作アシスタント」など、様々な職種が存在します。

初任給については、上記募集対象の6職種それぞれについて、学歴別に設定されています。
●人材紹介事業本部「コンサルタント」・リクルーティング事業本部「リクルーティング企画営業」
・東京・神奈川勤務:月給27万9000円、修士卒は月給28万6500円
・大阪・名古屋勤務 : 月給26万9000円、修士卒は月給27万6500円
●人材紹介事業本部「コーディネーター」
・東京・神奈川勤務:月給22万5000円、修士卒は月給23万2500円
●Web事業企画開発室「開発エンジニア」「Webマーケティング」「編集職」
・月給27万円、修士卒は月給27万7500円

初任給に差異はありますが、入社後はグレード制度となり、さらに前項の通り「半期年俸制」に移行するため、年収の差異は職種というよりも、グレードと評価結果によって変動していきます。
入社年次・グレード別の年収目安としては、入社1~3年目(G1)が400~500万円、G2が480~550万円、G3は550~650万円、課長代理は700~850万円、課長職となると850万円を超える水準となります。

クイック社員の給与明細(キャリコネ)

同年齢なら異職種でもほぼ同年収

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代広告宣伝(非管理職)の 給与明細

入社数年後から徐々に年収差が広がる

20代広告宣伝(非管理職)の 給与明細

20代管理部門(非管理職)の 給与明細

クイックで年収を上げる方法

優秀者は早期グレード昇格も

前項の通り、同社では「グレード制(G1~G6)」が採用されており、また「半期年俸制」です。グレードおよび半期ごとの評価結果に応じて、年収額が決まる仕組みとなっています。

グレード昇格のタイミングとしては、入社時はG1ですが、平均的には入社3年目に次のグレード(G2)に昇格します。このタイミングで「月給制」から「半期年俸制」に移行します。次のG3(係長クラス)は7年目、そしてG4(課長クラス)は12年目というのが平均的なモデルです。しかしこれはあくまで目安であって、優秀者は「G2に1年半で昇格することも」あるそうです。

評価制度としては、半期ごとに「業績(売上金額)」と「業務遂行(プロセス)」の2軸によるマトリクスによって評価されます。「グレードによって目標額が決められている」ため、「配属エリアの状況次第で差が出る」ということも起こりえますが、「すべてが数値化されて評価を受ける」という透明性・公平性に、社員は納得感を感じているようです。

クイック社員の口コミ(キャリコネ)

昇格には数字=売上が必要

「数字を出せば上がっていける 数字重視・社歴重視の傾向が強く……

営業成績だけではなく、社内営業もある程度必要か

「飛びぬけて営業成績が高い人が早く昇進していく 部長のお気に入りになれば課長まで引き上げてもらえる……

クイックのライバル企業と比較

業界内では平均以上の水準

クイックのライバル企業として、JAC Recruitment(人材紹介業の準大手)、エン・ジャパン(求人情報サイト大手)、キャリアデザインセンター(転職情報をWeb「type」等で展開)の3社を取り上げます。

クイックの平均年収が566万円であるのに対し、JAC Recruitmentは834.3万円、エン・ジャパンは462.5万円、キャリアデザインセンターは491.7万円です。JAC Recruitmentには大きく差をつけられていますが、他2社に対しては100万円近く上回っています。社員の口コミを見ても、「業界内では安定している」「給与は業界平均からするとかなり高め」と感じている声が多く見られ、実際このデータからはそれが事実であることが分かります。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
クイック566万円29.8歳5.8年845人129.3億円
JAC Recruitment834.3万円35歳4.7年918人183.8億円
エン・ジャパン462.5万円29.8歳4.7年1407人109.9億円
キャリアデザインセンター491.7万円29.3歳4.8年588人64.9億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】クイックの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】クイックの中途採用面接では何を聞かれるのか

リクルートのトップパートナーとして、30年以上の歴史をもつ東証一部上場企業クイックへの転職。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われる他、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、共に働く仲間として多角的に評価されるのでしっかり対策をすすめましょう。